経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

Search Results for: 統計的差別

タイラー・コーエン「続・統計的差別」

[Tyler Cowen, “More on statistical discrimination” Marginal Revolution, August 18, 2018]

先日の筆者の統計的差別仮説に関する投稿に、もしそれが正しいとすれば、「トップに立った」少数派の人は、それほど多数の選別や暗黙の「税」を潜り抜けてきたのだから、相当なやり手のはずだ、という趣旨の反論をいくつかいただいた。筆者は電子メールで次のような返事を書いた(修正込み)。

そうかもしれませんね。でもあたなは、どの部門でも才能の質は変わらないと決めつけているように思います。

世の中に2種類の部門があるとしましょう。1つ目はCEO部門で、女性が統計的差別に直面し、複数の階段があるような部門です。2つ目は統計的差別のない部門で、他にも例はありますが、仮に女子テニス部門と呼ぶことにしましょう。

才能のある女性のほとんどは、自分が実際にもっとも簡単に成功しそうな場所がどこかを判断できるので、後者の部門にばかり押し寄せる可能性があります。そのような場合、CEO部門の勝者は、差別の存在を考慮に入れても、必ずしもそれほど特別ではないことになります。

これはまた、雇用主や仲介者には、特にそのような才能を発掘するインセンティブがないということでもあります。そのような才能は、他のより差別の少ない部門に逃げ出しているからです(付け加えれば、そのせいでCEO部門の賃金も下がります)。

余談だが、この投稿に対して、Willittsから次のような鋭いコメントがあった:

…スキルのシグナルが「経験年数」だとすると、低い地位でふるい落とされる人は、高い地位でも常に客観的に低評価になるでしょう。

あなたは高い地位の意思決定者に、どこの馬の骨ともわからない候補を考慮する機会(と意欲)があると見なしているし、さらに、そのようなどこの馬の骨ともわからない候補に、選別を経た候補に対する優位性をシグナリングする適切な手段があるとも見なしています。

私は史上最高のCEOになれるかもしれませんが、経営経験がないので、面接を受けることすらできないでしょう。梯子の複数の段での(軽度の)差別が、トップの直前の段に登ることすら妨げているとすれば、トップの段に登れる可能性は、ほんのわずかな可能性はおろか、完全にゼロでしょう。

そしてこれはディヴィッドのコメント:

エリートは一生涯通じて優れた業績を挙げています。でも、彼らが高いモチベーションを維持できるのは、すぐ出世できるからです。統計的に差別されている人は、そのような恩恵からも無縁です。

そしてこれはJwilli7122のコメント:

そう、最初の関門には被差別集団を採るような博打をする動機がありません。その理由は、a)その段階ではまだ大きなギャップがないから、b)そんなことをするとステレオタイプ化の恩恵(Danの3番目の投稿で参照しているベイズ分析を参照)を放棄することになるからです。

そして被差別集団がその後の関門に来る段階になると、その前の関門での差別によって貴重な経験を積む機会を妨げられているので、実際に大きな能力ギャップが形成されることになります。

筆者はこの問題について考え続けていくつもりだ。

タイラー・コーエン「統計的差別が社会的に最適ないしベイズ合理的な水準よりも強いのはなぜか」

[Tyler Cowen, “Why statistical discrimination is higher than is either socially optimal or Bayesian rational” Marginal Revolution, August 16, 2018]

制度の中にあるのが軽度の統計的差別だけであるとしよう。統計的差別とは、偏見ではなく、単に特定の仕事で一部の集団が他の集団より成功する確率が高い、という社会的判断だ。たとえば、大多数の人は、女性がNBA(訳注:全米バスケットボール協会のこと。MBAではない。為念)に入れるとは思ってないだろうが、だからと言ってそれが偏見だとは筆者は思わない。

だがここで、さらなる仮定を導入してみよう。世の中には評価の階層が複数あって、各階層の人や組織は、人材発掘者、師匠、指導者として成功していると思われたいと願っている。高校はよい大学に入る学生を育てたい。大学は最高の大学院に入るか最高の職に就く学生に投資したい。会社は、たとえ他社であってもいいから、CEOに昇進するような社員を雇いたい。などなど。そしてこの「ゲーム」には階層が10段階あるとしよう。

各段階には、意図的かどうかはともかく、固有の「統計的差別税」が課せられる。たとえば、CEOの段階では、女性に対する(軽度の)統計的差別があるとしよう。未来のCEOを雇って育てたいと願う会社は、低い地位であっても女性を雇う確率は低くなるだろう。これは意識的なバイアスかもしれないし、違うかもしれない。たとえば、その会社は特定の性格的特徴を持った人を探すことにしていて、その特徴は何らかの理由で女性にはあまり見られない特徴なのかもしれない。そのような会社は単純に、優れた人材を発掘する会社として賞賛されるような決断をするだろう。

大学も同じような要因を考えて判断するだろうし、高校もそうするだろうし…、以下同文となる。均衡状態では、このゲームの10段階すべてにおいて、意識的なバイアスがあるかないかに関わらず、差別せよという神の御心にしたがって、部分的な「統計的差別税」が課せられる。

これは読者にもお馴染みなのではないか? これはミクロ経済学で言う二重/多重限界化のジレンマにちょっと似ている。「差別税」の量は、各段階で累積される。ちょうど中世の貴族たちが運河の通行税を何重にもかけたように。当初の軽度の統計的な差別は、落選に関わるような多数の段階で適用されることにより、突然軽度なものではなくなる。(二重限界化の問題からわかるように、各供給者は、制度内の他のところで貿易の利益に対して課されるマークアップ(つまり「税」)の影響を計算に入れていない)。

だから、制度内の誰もが利己的に行動したとすると、仮に「ベイズ合理的」な統計的差別の水準が5パーセントの割引だとしても、被差別集団に対する実効税率はこれよりはるかに大きくなる可能性がある。

そしてもちろん、このような「税」は、効率はおろか正義にとっても有害なレベルで、被差別集団のやる気を失わせるだろう。

(この議論の役に立つ質問をAnecdotal氏からいただいた)。

タイラー・コーエン「女性議員は男性議員よりも有能か」

Tyler Cowen “Do Congresswomen Outperform Congressmen?” Marginal Revolution, August 22, 2018


というのが2011年に全米政治学ジャーナルに掲載されたサラ・F・アンジアとクリストファー・R・ベリーの論文だ。以下はその論文の要旨。

有権者が女性候補に対して投票しない傾向にあるなら,最も才能と勤勉さを備えた女性候補者のみが選挙プロセスを勝ち抜くだろう。 [Read more…]

ラルス・クリステンセン 「ベッカー死すとも経済学帝国主義は死せず」

●Lars Christensen, “Gary Becker has died. Long live economic imperialism!”(The Market Monetarist, May 5, 2014)


ウクライナ情勢を巡る緊張状態が高まりを見せる中、私の関心は自然とそのような地政学的なリスクがマーケットや経済に対してどのような影響を及ぼすかという点に向けられた。ある出来事の推移(具体的に何が生じているか)を理解することとその出来事を経済学的な観点から理解することとは別物だ。地政学的な緊張やテロ攻撃といった出来事は人々の投資や消費を巡る(経済上の)決定にどのような影響を及ぼすのだろうか?

大半の人々はこのような疑問に答えるためにアドホックな説明を持ち出してきてそれで済ます傾向にあるが、私はそのような立場には与しない。どのような出来事であれ、その出来事ならびにその出来事の波及効果を理解するためにまずは合理的選択理論の立場から迫ってみるというのが私が常日頃から個人的に心掛けているアプローチだ。経済学者がビールの価格付けやフットボールのチケットに対する需要を理解するために用いているツールは自爆テロといった出来事を理解したり地政学的な緊張がマーケットに及ぼす影響を分析するためにも活用できるし、活用されるべきなのだ。 [Read more…]