経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ジョン・コクラン「中国と知的財産問題」

John H. Cochrane “Intellectual property and ChinaThe Grumpy Economist, August 13, 2018


中国にもっと技術を移転しよう,とスコット・サムナーは書いており,ドン・ブドローが賛成のコメントを付けている。彼らは全くもって正しく,左にも右にもいる保護主義者たち共通の防衛ラインを貫かんとしている。

焦点となっているのは,中国がアメリカの技術を買うことができるか,あるいはアメリカ企業が中国に進出する条件として中国のパートナーに技術移転を行うことを要求できるかという点だ。スコットとドンの回答は私のそれと意を同じくしつつも,より洗練されている。すなわち,中国へのアクセスにそれに見合うだけの価値がないなら取引してはならないということだ。

技術や知的財産を盗むことは悪いことで止めなきゃならない,というのは正論だ。関税を課すのがそのための優れた方法であるかどうかはまた別のところでろんじよう。しかし,経済学的な観点からは,そうした正論すら疑問視されるのだ。 [Read more…]

タイラー・コーエン「間違ったAmazon批判」

Tyler Cowen “The rant against Amazon and the rant for Amazon” Marginal Revolution, September 19, 2018


ワオ!こうした問題すべては買い手独占と売り手独占(monopsony and monopoly)タイプの市場集中によって引き起こされているってことをこんなにも一生懸命否定しようと頑張ってるなんて驚きだ。Amazonと競合するのが簡単だと思うかい?Amazonが各産業に参入を考えたとき,それによってその産業の競合他社の株価がどうなったか考えてみなよ。従業員への支払いを低く抑えるためにAmazonがその市場影響力とブランドネームを使っていないとでも?同じものを使って政治家のインセンティブを引き出してない?経済に占める企業利益の割合は記録的な高さになっているけど,それはどうやって維持されてると思う?こうしたことに目をつぶって企業の力が増しているのを否定しているのはどんな思惑からかな?論理的とは思えないね。

上はSteven Wolfによるコメント1 。Amazonについては正当な非難というものもありうるけれど,このコメントはこれだけの短い中に驚くほど多くの間違いを含んでいる。 [Read more…]

  1. 訳注;景気回復にも関わらず賃金の上昇が鈍い,資本収益率が高い,国内投資が弱いといったアメリカ経済の異変について,その原因は資本の移動が自由であることや投資家が高利益を求めるようになったからだではないかという趣旨のコーエンの過去記事についたコメント。つまりSteven Wolfは,コーエンはごちゃごちゃ屁理屈をこねているけれど,今の経済問題はAmazonが市場の支配力を濫用して人々から搾取しているのが原因だろうということを述べている。 []

ブラッドフォード・デロング「グローバル化に関して読むべき5冊 by ラリー・サマーズ」

Bladford Delong”Larry Summers:TheFive Best Books on GlobalizationGrasping Reality with at Least Three Hands, September 17, 2018


ラリー・サマーズが挙げている「グローバル化に関する最も優れた5冊」は次のとおり1

[Read more…]

  1. 訳注:以下では原文のGoogleへのリンクをamazon.co.jpのものへと差し替えた。 []
  2. 訳注:ほかに「ケインズ全集 第2巻」収録の早川忠訳と救仁郷繁訳「講和の経済的帰結」があるがどちらも絶版。 []

タイラー・コーエン「現金給付に効果はあるか」

Tyler Cowen “Chris Blattman is becoming more skeptical of cash transfersMarginal Revolution, September 12, 2018


以下はネイサン・フィアラとセバスティアン・マルティネスとの共著によるクリス・ブラットマンの新しい論文だ。

2008年,ウガンダは数百の小集団に対し,しっかりと訓練を受けた上で個人商売を始められるよう一人当たり400ドルを給付した。その4年後に行われた実証評価では,給付によって収入が38%上昇したことが確認された。9年後に再度確認したところ,こうしたスタートアップ給付は貧困からの脱脚というよりもスタートダッシュとして機能したことが分かった。現金受給者による投資は頭打ちとなる一方で,対照群1 は事業や一時的な雇用を通じて次第に所得を増加させたため,両者の雇用,収入,消費において収斂した。現金給付は資産,技能労働,そして場合によっては児童の健康に対して持続的な影響を与えたが,死亡率,出産率,保健,教育に対してはほとんど効果が見られなかった。

以前に僕が行ったクリス・ブラットマンへのインタビューはここから読めるけど,そこでも同じような結果について議論されている。

  1. 訳注:現金給付を受けていないグループ []

スコット・サムナー「日本では人生はより良いものになっているだろうか」

Scott Sumner ”Japan: Is life getting better?TheMoneyIllusion, August 30, 2018


今回は日本を題材にしたが,これはほとんどの先進国に当てはまるんじゃないかと思う。

タイトルの問いに対する答えとしては,「人生1 」をどう定義するか次第だ。つまり,

定義A:一般的な人生の総効用
定義B:一般的な年における人々の効用のフロー

経済学者は大抵定義Aに基づいて考えるけれども,広く使われている効用主義的な枠組みを厳密に適用するのであれば,定義Bのほうが適当であるという主張もできるだろう。 [Read more…]

  1. 訳注:この記事では訳出にあたって「life」という単語を文脈に応じて「人生」「生活」「生涯」と訳しているが,原文はlifeという同じ単語であることに留意されたい。 []

バインダー&ハジャルマーソン「さっきも有罪にしたから次も有罪でいいや:陪審員の意思決定の経路依存性」

Anna Bindler, Randi Hjalmarsson “Path dependency in jury decision makingVOX.EU, September 2, 2018

裁判官や陪審員団の意思決定が,メディアへの露出や陪審員団の人口的要素といった数多くの外部要因によって影響を受けていることが研究によって次々と示されている。本稿では,18世紀におけるロンドンのオールドベイリー中央刑事裁判所の陪審評決を用い,直前の裁判の評決と特徴という新たな要因について検討する。直前が有罪評決だった場合,その次が有罪評決となる確率を6.7%から14.7%引き上げることが見出された。これは歴史的な文脈ではあるものの,この発見は連続的な決定に関わる様々な状況に重要な意味を持つ。


[Read more…]

スコット・サムナー「利上げで製造業と輸出が押し上げられるわけないだろ...」

Scott Sumner “Maybe it’s my jet lag . . .” MoneyIllusion, July 24, 2018,

時差ボケと風邪のせいなのかもしれない…が,このコーナー・センのブルームバーグ記事の意味はさっぱりだ。

トランプはFedにアメリカ経済の巻き返しを望んでいる

金利の上昇は製造業と輸出を復活させうる。これは消費者と労働者にとっては痛手となるだろう

副題までしか読んでないというのに,既に意味が分からない。どうやったら金利の上昇が製造業と輸出を押し上げるって言うんだ?仮にそうだとしても,なぜ労働者にとって痛手となるんだろうか。 [Read more…]

トルスロヴ,ウィアー,ザックマン「失われし諸国民の利益」

Thomas Tørsløv, Ludvig Wier, Gabriel Zucman “The missing profits of nationsVOX.EU, July 23, 2018

1985年から2018年にかけ,法定法人税率の世界平均は半分以上も低下した。本稿では,新たなマクロ経済データを用い,利益移転がこの低下の主要な原動力であることを示す。2015年には,40%近くの多国間での利益が人為的にタックスヘイブンに移転され,この膨大な租税回避,そしてその抑制の失敗によってますます多くの国々が多国籍企業に対する課税を諦めることにつながっている。 [Read more…]

アレックス・タバロック「セックスの再分配と障害者」

Alex Tabarrok “Sex Redistribution and Disability” Marginal Revolution, May 5, 2018


セックスの再分配に関するロビン・ハンソンロス・ドウザットの論説にまつわる議論の中で,セックスと障害という問題が争点に上がっていないのに驚く。この問題は医療倫理に関する研究では活発な議論の的の一つとなっている。生命倫理学者のジェイコブ・アペルは2010年の医療倫理学誌(Journal of Medical Ethics)で次のように主張している。

著者が考えているように性的快楽が基本的人権だとすれば,身体的・精神的障害のせいで無報酬の成人との性的関係を持つことが不可能ないしほとんど起こりそうにない個人のために,売春の法による禁止には狭い例外を作るべきである。

(略)改革が強く必要とされている第二の領域は,アメリカの介護施設,精神病院,グループホームにおける「ノーセックス」方針である。こうした施設の多くは,患者の部屋のドアをいかなる時にも開けておくことを義務付けており,秘め事は不可能も同然となっている。こうした制約の根底には,完全に健常で合理的な個人によるはっきりと表現された要望以外は,性的関係の最低限の同意基準を満たさないという前提がある。そうしたアプローチによって推進された原則は,施設に入れられた個人は施設の外で生活している個人よりも高度な保護を必要とするというものだ。これは確かに多くの物事については正しい。しかしながら,性的関係に関してはそうした「高度な」基準は,「現実世界」の同意基準に合わせることのできない個人の要望と利益を満たすにあたってはしばしば障害となる。

性的自由の「消極的権利」という概念以上に取り組むべきは,伴侶を見つけるには障害が重過ぎる,身体的障害が重すぎて自分自身で慰めることができない,のいずれかもしくは両方に当てはまるような障害者の性的快楽の「積極的権利」も認めるというものだ。ドイツ,オランダ,デンマーク,スイスといったいくつかのヨーロッパの国は,非営利団体による深刻な障害者のための限定的な「接触」サービスを許可している。

イギリスには,性労働者と障害者のマッチングを助ける慈善事業がある。デンマークやオランダでも同じようなサービスがあり,そうした国では性的な障害者サービスのために(多くはないものの)納税者の資金が使用されている。緑の党はそうしたサービスを他所へ提案している。

あるドイツの政治家は,深刻な障害を抱える人々が国家の負担で「性的介護」を受けられると示唆したことで議論を巻き起こした。

緑の党の高齢者・介護政策担当広報官であるエリザベート・シャルフェンベルクは,他のいかなる手段でも満足を得られない障害者に対する性的サービスのため,政府が「補助金を提供する」ことは可能であると述べた。

そうした制度はデンマークとオランダで現在実施されており,特別な訓練を受けて認証された「性的介護者」がお金のない障害者への訪問を行っている。

誰が何と言おうと,これは関係する人々にとって奥深い重要性を持った正当な問題だと思う。こうした問題を公の議論に持ち込む人が非難され,気色悪いなどと言われるのは不幸なことであると同時に間違いだ。改善できることだし,すべきだろう。

フランシス・ウーリー「セックスの分布に関するいくつかの基本事実」

Frances Woolley “Some basic facts about the distribution of sex” Worthwhile Canadian Initiative, April 29, 2018


カナダ公衆保健調査は,カナダ統計局が行っている任意の年次調査で,保健の状況やリスク要因に関する幅広い情報を収集している。2013-14年の調査の一環では,15歳から49歳のカナダ人47,764人に対して性活動―これまでセックスをしたことがあるか,調査前年にはセックスをしたか―について質問がなされた。

調査を受けた人たちの大多数は下のグラフにあるように性的に活発だった。 [Read more…]