経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

デイビット・アンドルファット「日本のインフレ目標の失敗」(2016年11月29日)

David Andolfatto “The failure to inflate Japan” MacroMania, November 29, 2016


2013年1月22日,日本政府と日本銀行はデフレの克服と持続可能な経済成長を達成するという異例の共同声明を発表した。この声明の目的は2%のインフレ目標を導入することだった。これが共同で発表されたのは,金融当局と財政当局が自分たちの共通の目標を達成するために協調することが期待されることを念押しするためで,新たなインフレ目標の信頼性を強化するという明確な試みだった。

2013年4月4日,日銀はインフレ目標をどのようにして達成するつもりか説明を行った。つまりは量的・質的緩和(QQE)だ。QQEは(ほぼほぼ)標準的な金融政策で,例外だったのは通常の規模よりも大きなものだったことだ。すなわち,銀行預金準備(お金)を創り出し,それが今度は証券,基本的には国債,を購入するのにつかわれるというものだ。

当時,僕はこの政策が意図されたとおりにうまくいくか懐疑的だった。僕の疑念は今になっても薄らいでない。この記事ではその理由を説明しよう。僕の主張を簡単に言えば,日銀はインフレを上昇させようと考えていると思われるけれどもそれを行う力はあまりない,そして政府にはインフレを上昇させる力がある一方でそうしようと考えていないと思われる,というものだ。端的に言えば,必要な政策協調が欠けているように見える。 [Read more…]

タイラー・コーエン「女性議員は男性議員よりも有能か」

Tyler Cowen “Do Congresswomen Outperform Congressmen?” Marginal Revolution, August 22, 2018


というのが2011年に全米政治学ジャーナルに掲載されたサラ・F・アンジアとクリストファー・R・ベリーの論文だ。以下はその論文の要旨。

有権者が女性候補に対して投票しない傾向にあるなら,最も才能と勤勉さを備えた女性候補者のみが選挙プロセスを勝ち抜くだろう。 [Read more…]

バウアー他「集団意思決定の暗黒面:外部の人間への敵意」

Michal Bauer, Jana Cahlíková, Dagmara Celik Katreniak, Julie Chytilová, Lubomír Cingl, Tomáš Želinský “The dark side of decision-making in groups: Nastiness to outsiders“, VOXEU, January 5, 2019

集団は個人よりもより利己的に行動し,それがその構成員の意思決定にも影響を与えるということについて経済的な合意がある。本稿では,単にある集団の構成員になるだけで私たちは外部に対してより反社会的になってしまうという社会心理学上の別の仮説を支持する,スロバキアとウガンダにおける実験から得られた新たな証拠について述べる。ある組織において,集団内部の結束は暗黒面ももたらしうるのだ。外部の人間への敵意を強化するという形で。 [Read more…]

スコット・サムナー「ツイッターポリコレ棒の原理」

Scott Sumner ”ShamingThe Money Illusion, January 11, 2019


私はTwitterを利用していないが,誰々は政治的に正しくないと告発するツイートについて議論するニュースを時折目にすることがある。こうしたツイートについてどのように考えればいいだろうか。原則的には,告発は攻撃的なコメントや振る舞いを抑えるという大事な公的機能がある。しかし,政治的に正しくないスピーチを告発することは効果的ではないように思える。どうしてか。

真正面から解釈すれば,告発ツイートは様々なレイシスト(民族差別的)あるいはミソジニスト(女性差別的)的なコメントに対する罰だ。これは真実かもしれないが,現実にあまりうまく当てはまるようには見えない。実際のレイシストないし性差別主義者は,彼らを罰しようとする告発ツイートによって打撃を受けていない。対照的に,一般的に打撃を受けるのはレイシストや性差別主義者ではない人たちだ。告発はドナルド・トランプやスティーブ・バノンとっては痛くも痒くもない。実際,バノンは自身の熱狂的支持者たちの前で,「レイシスト」のラベルを勲章として着けるよう主張している。その一方で,こうした類の〔告発ツイートによる〕攻撃は,凝り固まった考え方をしていないラリー・サマーズのような人たちに対してかえって悪影響を与える。レイシストないしミソジニスト的な言説を意図的に行う人々は,まさに表立った告発が彼らにとって痛くもないからこそそうしたことを行うのだ[Read more…]

スコット・サムナー「そりゃクルーグマンもイラつくよMMTさん」

Scott Sumner “As I predictedThe Money Illusion, March 1st, 2019


MMT派の有名人ステファニー・ケルトンがクルーグマンのいくつかの質問に対して答えた記事を今朝読んだが,この記事を読んだらクルーグマンは髪をかきむしるほどいらだつだろうと予想した。というのも,彼女の回答はまったくどうしようもないもので,クルーグマンの単純な質問をまるで理解していないかの如くだからだ。以下はEconlogの記事に私が書いたものの抜粋:

これすべてについて,クルーグマンの反応は予測することすらできない。なによりもまず,彼女は質問その1に対して「ノー」と言っているのに,彼女の説明は彼女が実のところは「イエス」と答えていることを如実に明らかにしている。質問その1と2を合わせた場合は特にそうだ。クルーグマンは,所与のマクロ経済環境(所与の民間支出水準を含む)を仮定した場合に,完全雇用と整合的な財政赤字は一つしかないのかどうかを尋ねている。彼女は明らかに答えはイエスだと考えている。ではなぜ彼女は「ノー」と答えるのか。彼女はクルーグマンの質問(非常に分かりやすいもの)を理解していないのではないだろうか。

〔ケルトンに対して〕クルーグマンが反応したが,予想どおりに完璧にいらだってる。私が指摘した1点目に対する彼の回答は次のとおり: [Read more…]

スコット・サムナー「魔法の杖は振れないのだよ」

Scott Sumner ”Magical thinking”, The Money Ilusion, February 21st, 2019


ポール・クルーグマンがMMT(現代金融理論)を批判する記事いくつか書いている。彼は礼儀正しくも,ゼロ下限においてはMMTの政策提案は緊縮の擁護者ほどは悪くないと指摘している。しかし奥底ではこのモデルが純然たる狂気であることに気づいているに違いない。

ステファニー・ケルトンの返答は,その思想について明確な説明を与えることができないというMMT派の長き伝統に連なるものだ。莫大な財政赤字はやがて金利が納税者にとって大きな負担となって圧し掛かるほど高まるまで公的債務を積み上げかねない,というクルーグマンの懸念に対する彼女の回答は以下のとおり。

まず,経済学者ジェームズ・K・ガルブレイスが説明したように「金利の仮定には悪魔が潜んでいる」。審判の日シナリオを防ぐのは難しいことではない。ガルブレイスが説明するとおり,「慎重な政策的結論は,予想される金利を低く保つこと」,もっと雑にいえば「重要なのは金利なのだよ,馬鹿者め1 」ということだ。

ではどうやって政府は「予想される金利を低く保つ」とされているのだろうか。魔法を使って?

そう,魔法を使うらしい。 [Read more…]

  1. 訳注;ビル・クリントンの大統領選挙時のスローガン”It’s the economy, stupid”のもじり。 []

アレックス・タバロック「貧しい眠りは家も貧しくする:インド標準時のコスト」

Alex Tabarrok “Poor Sleep Makes People Poor: The Costs of India Standard TimeMarginal Revolution, February 5, 2019

独立後,インドは国土全体に単一の時間帯を採用した。インドは東西1,822マイルにまたがり,これは経度で29度に相当する。15度ごとに時間帯を分けるという慣習にインドが従っていれば,インドには少なくとも2つの時間帯があったことになる。時間帯が1つしかないことで,東では一番西よりも二時間早く日が昇るということがあり得る。

モーリク・ジャグナニは,その独創的かつ驚きの論文の中で,インドの単一の時間帯は睡眠の質,特に貧しい子供のそれを下げており,それによって彼らの教育の質を下げていると主張している。なぜ名目の変化が実質変数に影響を及ぼすのだろうか。学校はインド全土で大体同じ時刻に始まるが,日が沈むのが遅い場所では子供たちが床に就くのも遅い。そのため,西にいる子供たちは東にいる子供たちよりも睡眠が短く,これが彼らの教育水準,後々には彼らの賃金にさえ響くのだ! [Read more…]

アレックス・タバロック「2018年の記事ベスト10」

Alex Tabarrok “The Top Ten Marginal Revolution Posts of 2018” Marginal Revolution, December 20, 2018


ページビュー数で測った場合,本ブログMarginal Revolutionの記事で今年最も人気があったのは,警官とそれ以外の人たちでは違った法律が適用されているという話だ。「刑務所釈放カード(Get Out of Jail Free Cards)」

2位は「タイラー・コーエンの人生のための12のルール(Tyler Cowen’s 12 Rules for Life)」だ。7番目のルールの「自らを傷つけるものから学ぶ術を学びなさい」に今日は目を引かれたが,リスト全体を通して多くの知恵に溢れている。

3番目に人気があったのは,タイラーでも私でもゲスト投稿者ですらない本ブログの読者からのコメントだ。「主要IT企業で働くことに関してとある頭の良い人の見解(One smart guy’s frank take on working in some of the major tech companies)」

お気に入りの記事のうちの一つが4位に入った。「”The Profit”からの教訓(Lessons from “The Profit”)」 The Profitの新シーズンが始まったが,いまだに面白い。産業組織論の経済学者なら必見だ。

5位もお気に入りの一つだ。 [Read more…]

アレックス・タバロック「問題:子供2人のうちどちらも女の子である確率は?」

Alex Tabarrok “A Girl Named FloridaMarginal Revolution, July 9, 2008


レナード・ムロディナウの”The Drunkard’s Walk: How Randomness Rules our Lives”(邦訳「たまたま―日常に潜む「偶然」を科学する」田中三彦 訳)を読んだ。この本はモンティ・ホール問題,ベイズ理論,可用性バイアス,コントロール幻想等々を取り上げている。これらについて馴染みがない人にとっては,この本はこの上なく面白いものだろう。

他方,私としてはこの本から新たなことをたくさん学んだとは言えない。とは言え,それでもこの本には楽しませてもらった。うまく書かれてるし,興味深いネタに溢れているのだ(偉大な数学家であるポール・エルデシュは,ドアを変更すべきということを信じるのを拒んだ1 というのは知ってたかい?)。確率論や統計入門を教えている人にとっては,授業を活気づける良い例題をたくさん発見できることだろう。

私が目を引かれた問題は次のようなものだ。ある家庭に2人の子供がいると仮定する。両方とも女の子である可能性はどれだけか。そう,これはとても簡単。女の子である確率は2分の1,それぞれの確率は独立だから2人とも女の子である確率は2分の1×2分の1=4分の1だ。

それでは少なくとも1人の子供が女の子である場合,2人とも女の子である確率はどれだけか。 [Read more…]

  1. 訳注;モンティ・ホール問題を参照。 []

タイラー・コーエン「ウィリアム・ノードハウスがノーベル経済学賞を手にしたのはなぜ?」

Tyler Cowen “William Nordhaus and why he won the Nobel Prize in economicsMarginal Revolution, October 8, 2018


ローマーが経済成長論,ノードハウスが環境経済学でノーベル賞を受賞したのは素晴らしい選択だ。2人が選ばれたのは,富,富の真の性質,どのように国家や社会がマクロレベルで動いていくかを重要視したためだ。2人は互いに強く関連している。ローマーは,どのようにしてアイデアが生産性を押し上げて成長を持続させるかということの裏にある論理を組み立てた。これは例えば,僕たちがシリコンバレーで目撃してきたものだ。ノードハウスは,経済成長がどのように環境の価値と相互作用するかを説明した。公式の受賞理由は次のとおりだ。

2018年の経済学スウェーデン国立銀行賞は,「気候変動を長期的なマクロ経済分析に組み込んだ」ウィリアム・D・ノードハウスと「技術革新を長期的なマクロ経済分析に組み込んだ」ポール・M・ローマーに与えられる。

2人ともアメリカ人で,ともに非常に革新的であるけれども「主流派の枠内」のアプローチをとっている。というわけで賞はマクロ経済学に与えられたわけだけれども,それは景気変動に対するものというよりは成長論と長期的な経済展望に対して与えられたものだ。ノーベル賞委員会による説明はこちらから読める。毎度のとおり素晴らしい出来だ。 [Read more…]