経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

スコット・サムナー「日本は金融緩和をしていない,緩和が必要なのだ」

Scott Sumner “Japan doesn’t have easy money, but it needs itTheMoneyIllusion, March 4, 2018


金融政策にまつわる混乱については,時にやれやれと頭を振るしかないことがある。

日銀は2%のインフレ目標を設定している。インフレ率は少々上がっているものの,依然として目標には程遠い。もっと重要なのは,市場における指標は今後日本が2%目標を達成する見込みが薄いと示しているということだ。したがってこんな話はまったく意味が分からない。

「日銀政策委員会としては,2019年度頃には物価が2%に達すると見込んでいる。そうなった場合,出口について検討と議論を行うことに疑いはない」と黒田東彦日銀総裁は述べた。

誰か説明してくれないか?どうしてインフレが近いうちに2%に達するなんて日銀は考えているんだ?10年物国債の利回りは今のところゼロに近い。アメリカでは2.9%だというのに。

長引く緩和が銀行の利益を圧迫しているため,一部のアナリストは,2%の目標は20年もデフレに苦しんでいる国にとっては高すぎる水準であるとして,インフレが2%に達する前に金利を引き上げることを日銀に求めている。

インフレが2%に達する前に日銀が政策を引き締めても,1~2年の間に政策金利を再びゼロ%まで引き下げざるを得なくなることだろう。

追記:ここの表を私が誤読していないか誰か教えてくれないだろうか。ドルの先物ディスカウントの相場はベーシスポイントだろうか。この表では30年先物ドルがたった50円で取引されているということを示しているのだろうか。


コメントを残す