経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「『笑顔』は何を物語っているか?」(2007年2月26日)

●Tyler Cowen, “Don’t smile too much”(Marginal Revolution, February 26, 2007)


ジョン・ティアニー(John Tierney)のブログで取り上げられている発言1を二つほど引用しておこう。

「『笑顔』というのはその人の内なる感情(幸せ)が顔に表れたものと捉えられがちですが、それと同時にその人のステータス2に関する情報を伝達する役目も果たしているのではないかと思われます。どういうことかと言うと、ステータスが低い人ほどよく顔に笑みを浮かべる傾向にあるようなのです。笑顔にもいくつか種類がある――幸せな感情が自然と顔に表れた「真の笑顔」(デュシェンヌ・スマイル)だったり、はにかみ笑いだったり――という事実がいくらか関係しているのかもしれません。はにかみ笑いは霊長類の動物同士の間では相手に対する譲歩を意味するものと受け止められる傾向にあります。ジミー・カーター(元大統領)はよく笑顔を浮かべていましたが、ジョージ・ブッシュはカーターに比べると笑うことがずっと少ないですね。(笑顔の多い)カーターは温和でフレンドリーな(親しみやすい)人柄だというのが世間一般の評価ですが、威圧感や力強さがあるとかいう受け止められ方はされていませんね。(笑顔の少ない)ブッシュはそれと逆ですね。カーターに比べると温かみやフレンドリーさは感じられないものの、威圧感や力強さを備えた人柄だと受け止められています。」

もう一丁

「ファッションブランドの広告に写っているモデルの顔を見比べると安価なブランドの広告に起用されたモデルほど笑顔で写真に写っている傾向にあるわけですが、その理由はモデルの笑顔を通じてそのブランドのステータスに関する情報(近づきやすさ、親しみやすさ)を伝えようとしているためだと思われます。笑顔のモデルを広告に載せているのは(モデルのポジティブな感情(嬉しさ、喜び)を伝えることを通じて)広告を目にした顧客に爽やかな気分になってもらいたいからというわけではないと思います。ブランドのステータスイメージを伝えるか、それともモデルの内なる感情を伝えるか。時に広告マンはそのどちらか一方を選ばなければならないことがあります。高級ブランドの広告に写っているモデルが笑っていないのはそのブランドのステータスの高さ(格の高さ)を伝えようとしているのであって、モデルが不愉快であること(モデルのネガティブな感情)を伝えようとしているわけではないと思われます。エルヴィス・プレスリーはみんなから好かれていました。コンサートで壇上にいる彼がせせら笑いを浮かべてもみんな彼のことが好きでした。せせら笑いというのはステータスの高い人物が(己のステータスの高さを誇示するために)よくするものなのです。相手に(せせら笑いをされて)見下されるのはいい気がしないものですが、多くの人はステータスの高い人物には敬服しがちでそばにいたいと感じるものなのです。何とも皮肉めいてはいますが、高級ファッションブランドの広告はネガティブなシグナル(笑顔の封印)を使ってポジティブなイメージ(ステータスの高さ)を生み出そうとしていると言えるわけですね。

  1. 訳注;発言主はティモシー・ケテラー(Timothy Ketelaar)氏。氏も一員として名を連ねている研究チームが行った実験結果を踏まえた上での発言。実験結果の詳しい内容は次の論文にまとめられている。 ●Timothy Ketelaar et al., “Smiles as Signals of Lower Status in Football Players and Fashion Models: Evidence that Smiles are Associated with Lower Dominance and Lower Prestige(pdf)”(Evolutionary Psychology, vol. 10(3), pp. 371-397) []
  2. 訳注;ステータス=社会的地位ないしは組織内での位置づけ、肉体的な強さの優劣等々。 []

コメントを残す