経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「刑事モノの映画やドラマにまつわる謎 ~定年間際のベテラン刑事役が頻繁に出てくるのはなぜ?~」(2010年3月20日)

●Tyler Cowen, “Questions that are rarely asked: why so many retired cops?”(Marginal Revolution, March 20, 2010)


本ブログの熱心な読者の一人であるJIm Crozierから次のような質問を頂戴した。

刑事モノの映画やテレビドラマを観ているとオープニングのシーンで定年間際の年老いた(そして疲れ切った)警察官が登場することがよくありますが、それはなぜなのでしょうか? そういったとても現実的とは言えない技法があちこちで何度も繰り返し使われているというのはビックリです。観客(や視聴者)への訴求力(作品への感情移入を促す力)なんかも――あくまでそのような力があるとしてですが――微々たるものに過ぎないように思えるのですが。

それなりにきっちりとした証拠に裏付けられた回答ができるほど刑事モノの作品に通じているわけではないとあらかじめ断っておくが、おそらく答えらしきものは限界効用理論に行動経済学の知見を加味することで得られるのではないかと思う。おそらくその年老いた警察官は長い警察官人生を通じてずっと心に抱き続けてきた宿願――例えば、指名手配犯を捕まえるだとか極悪政治家を成敗するだとか腐敗しきった警察組織を改革するだとか――があるものの、それを果たせずにきてしまっているのであろう。その警察官の定年がすぐそこに迫っているのだとすれば、観客(視聴者)である我々はその警察官の生涯がいかなるものであったかを決定付けることになる劇的な瞬間(出来事)を目撃していると意識しながら作品を鑑賞することになる。これが定年まで例えばあと残り4年3ヶ月ということであれば(定年までしばらく時間の余裕があるとすれば)なかなかそうはいかないだろう。というのも、定年までそれだけの時間が残されているのであれば劇中の出来事(事件)で仮に下手を打ったとしても「最後の失敗」1を意味しはしないだろうからだ2

行動経済学の知見によると、我々が特定の出来事(過去の経験)から受ける印象であったりその出来事に関する記憶であったりはその出来事の終わり方がどうであったか(出来事の終局でどのように感じたか)によって左右されることが多いという3。例えば、ユーロビジョン・ソング・コンテストの審査員たちは(歌を披露する順番はランダムに決められているにもかかわらず)一番最後に歌を披露した歌手に一番高い点数を与えがち(一番好意的な印象を持ちがち)なことが知られている4。このことを踏まえると、映画(ドラマ)の観客(視聴者)たちは「あのベテラン刑事は警察官人生の締め括りがどうなるかを大いに気にかけているに違いない」と薄々感じながら作品を鑑賞することになる可能性があり、それに加えて先ほど触れた話(宿願を果たせずにいる定年間際の警察官にとって一回一回の出来事(事件)が持つ重みの大きさ)が付け加わることになるわけだ。

刑事モノの作品をよく観る読者がいれば是非ともお聞かせ願いたいのだが、他に何か適当な説明はないだろうか?

  1. 訳注;「最後の失敗」=「宿願」を果たせないままでの警察官人生の終わり。 []
  2. 訳注;言い換えれば、定年までに残されている時間の長さによって「一回の失敗」が持つ重みの大きさが違う、ということ。定年が近い警察官ほど「宿願」を果たすために残されている時間の余裕がなく、一回一回の出来事(事件)の持つ重みも大きくなる。そして劇中の警察官にとって一回一回の出来事(事件)の持つ重みが大きいほど映画(ドラマ)の観客(視聴者)の側が劇中の一回一回の出来事(事件)を目撃することから得られる興奮(限界効用)も大きくなる可能性がある。 []
  3. 訳注;いわゆる「ピーク・エンドの法則」 []
  4. 訳注;この点については次の論文を参照。 ●Wändi Bruine de Bruin, “Save the last dance for me: unwanted serial position effects in jury evaluations”(Acta Psychologica, Vol.118(3), March 2005, pp.245-260) []

コメントを残す