経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

マーク・ソーマ 「パトリオティズム、ナショナリズム、経済政策」(2010年7月4日)

●Mark Thoma, “Patriotism, Nationalism, and Economic Policy”(Economist’s View, July 4, 2010)


それぞれの国の経済政策は一体どれほどまで「パトリオティック」であるべきなのだろうか? 「パトリオティズム」(Patriotism)は通常は「愛国主義」として理解されているわけだが、その正確な意味をまずはウィキペディア(英語版)で確認しておこう1

Patriotism, Wikipedia: 「パトリオティズム」とは自らが育った(あるいは自らが所属する)国に対する愛着や忠誠を特徴とする思想・主義を指しており、その語源は祖国(fatherland)を意味するギリシャ語の「パトリス」(patris)に求められる。とは言っても、その意味は時代ごとに異なっており、その言葉が用いられる文脈や地域の違い、哲学の流派の違いによってその意味するところは大きく変わり得る。パトリオティズムをナショナリズムと同一視する言語も中にはあるが、ナショナリズムはパトリオティズムを構成する不可欠な要素だと見なされているわけでは必ずしもない。古代ギリシャにおいてはパトリオティズムは国家に対する心からの愛着・忠誠心を意味するよりは言語や宗教的伝統、倫理、法、共通善(common good)の促進といった側面と関わりのある概念として理解されていた。J・ピーター・ユベン(J. Peter Euben)は次のように語っている。古代ギリシャの哲学者であるソクラテスにとっては「パトリオティズムというのは祖国のやることなすことすべてを受け入れるよう求める立場ではなく、祖国を可能な限り優れたものとするためとあらば分析的な思考を通じて疑義を呈することもよしとする立場を指すものであった。」・・・(略)・・・

18世紀の啓蒙時代に至っても依然としてパトリオティズムはナショナリズムとは切り離された別の概念として理解されていた。当時においてはパトリオティズムは人間愛や慈悲心を意味するものとして通用しており、慈善活動に参加したり奴隷制や過酷な刑法を批判したりすることはパトリオティックな立場と見なされていた。過去においても現代においても同胞(fellow citizen)に対する個人の(一人ひとりの)社会的責任がパトリオティズムの不可欠な要素となっている。

現代版のパトリオティズムの多くは19世紀におけるナショナリズムに関する発想の影響を強く受けている。19世紀に入ると「パトリオティックであること」がナショナリズムや場合によってはジンゴイズム(好戦的愛国主義、対外強硬主義)と結び付けられることがますます多くなっていく。とは言え、現代版のパトリオティズムの中にはナショナリズムを拒絶した上で同胞に対する社会的責任をそのうちに含むかつてのパトリオティズムの流れに倣う立場も存在する。

倫理学者であるポール・ゴンバーグ(Paul Gomberg)は・・・パトリオティズムが含意する主要な倫理学的な立場について次のように語っている。一人ひとりの人間は別の国家共同体に属する人々よりも同じ国家共同体に属する仲間に対してより重い道義的な責任を負っていると考えるのがパトリオティズムの立場であり、そういう意味でパトリオティズムは選別的な利他主義に立つ立場だと言える、と。ゴンバーグによると、一人ひとりの人間は(どの国家共同体に属しているかにかかわらず)あらゆる他者に対して同等の道義的な責任を負っていると考える立場は倫理学的にはコスモポリタニズムとして知られているという。・・・(略)・・・

最後のところで「コスモポリタニズム」という言葉が出てきたが、移民や国際貿易といった問題を論じる際に「コスモポリタン」的な発想をどれだけ重視すべきなのだろうか? 例えば、発展途上国における貧困の削減を自国の利益(国益)よりも優先すべきなのだろうか? それとも自国の利益(国益)を何よりも最優先すべきなのだろうか? 私利(国益)の追求が回りまわって万人(世界全体)の利益を最大化することにつながる可能性――「見えざる手」の比喩が当てはまる可能性――もあるかもしれないが、そのような結果を保証する条件が常に揃っているとは限らない。

つい先日のことだが、私は次のように述べた

アメリカの政策当局者は他国の厚生(利益)も考慮に入れた上で政策の中身を決めるべきだというのが私の意見だが、これまでのところFedはそのようには振舞っていない。

つまりは、それぞれの国の経済政策は国境の内側に及ぼす効果だけではなく国境の外側に及ぼす効果もあわせて考慮に入れた上でその中身を決めるべきだというのが私の考えなわけである2。とは言っても、自国の利益と他国の利益を同等に評価せよとまで主張するつもりはなく、そういう意味では私は完璧な「コスモポリタン」とは言えないだろう。しかしながら、他国の厚生(利益)に付すウェイトはゼロでよい3とは思わず、他国の厚生に対してもある程度プラスのウェイトを付すべきだ4というのが私の考えだ。しかしながら、誰もが私のように考えているわけではない。例えば、アラン・クルーガー(Alan Krueger)が移民政策との関連で次のように語っている

移民政策には簡単な答えはない。というのも、新参の移民や古参の移民、土着民(土着民も一枚岩ではない)といった異なるグループの厚生(利益)にそれぞれどのくらいのウェイトを付すのが適当と考えるのかについて人によって意見がまちまちの可能性があるからだ。

こういった議論は何も今に始まった事ではない。その証拠に過去のエントリーを再掲するが、移民政策をテーマとする以下の議論は経済政策一般に容易く拡張して当てはめることができるだろう。

———————————(引用ここから)———————————

移民の問題をめぐってグレッグ・マンキュー(Greg Mankiw)とブラッド・デロング(Brad DeLong)の間で興味深い意見のやり取りが行われている。経済学者が移民の受け入れに賛成する(ないしは反対する)理由の背後には経済学者特有の三つの衝動( 「リバタリアン」の衝動/「エガリタリアン」(平等主義者)の衝動/「コスモポリタン」の衝動)が控えているのではないかというのだ。デロングのエントリーを以下に引用することにしよう。

マンキューがめちゃくちゃ鋭い指摘をしている(マンキューのエントリーはゴシック体で引用):

Greg Mankiw’s Blog: Why Economists Like Immigration: 上院議員と下院議員との間で移民制度改革に向けた議論が進められている最中だが、大半の経済学者が移民に友好的な上院案に頭を頷かせて賛成の意を表す理由をここでまとめておくのも価値あることだろう。

経済学を学んだ人間の体内には次の二つの強烈な衝動が埋め込まれることになる。

「リバタリアン」の衝動:大人同士が同意した上で行われるやりとりが双方に利益をもたらすようであれば(そのやりとりに伴って外部性が生じない限りは)そのやりとりに干渉すべきではない。そのような自発的なやりとりが認められるおかげで人々は自由な市場経済を通じて豊かな生活を手に入れることが可能となる。政府がそのような自発的な交換(やりとり)を邪魔すると、市場の「見えざる手」がその魔力を発揮する機会が奪われることになってしまう。

「エガリタリアン」の衝動:市場経済においては人々に支払われる報酬はその人本来の価値によってではなく需要と供給のバランスによって決められる。市場は人生の変転流転やどの家庭に生まれるかという偶然に対する十分な備えを一人ひとりに用意できずに終わることがしばしばある。それゆえ、所得階層ハシゴの一番下で喘いでいる人々(貧困層)を救う方法を探さねばならない。

大半の経済学者はどちらの衝動にもともにある程度突き動かされている。右派の経済学者と左派の経済学者の違いはどちらの衝動により強く突き動かされるかの違いにある。右派の経済学者は「リバタリアン」の衝動により強く突き動かされ、左派の経済学者は「エガリタリアン」の衝動により強く突き動かされる。

経済学者の間での論争はどちらの衝動により強く突き動かされるかの違いに還元できる場合がしばしばだが、移民の問題については「リバタリアン」の衝動と「エガリタリアン」の衝動がともに手を取り合う傾向にある。「リバタリアン」の衝動はこう囁きかける。アメリカ人の雇用主がメキシコ人労働者(メキシコからの移民)を雇う邪魔をするな。だってそれは大人同士の自発的な交換(やりとり)なのだから、と。そして「エガリタリアン」の衝動はこう囁きかける。メキシコ人労働者はアメリカ人の雇用主やアメリカ人の労働者よりも貧しい生活を余儀なくされている。移民の制限が緩和されれば(アメリカ国内で職に就く機会が開かれることで)彼ら貧しいメキシコ人労働者は恩恵を受けることだろう、と。

最後に「マンキューの推測」をまとめておこう。特定の政策が「リバタリアン」の衝動と「エガリタリアン」の衝動のどちらにも受け入れられる場合にはその政策の是非に関する経済学者たちの意見は割と一致する傾向にある。移民の問題がその実例だ。」

私としては三つ目の衝動も付け加えたいところだ。それは「コスモポリタン」の衝動である。経済学者は次のように考える傾向にある。異国人も同胞も同じ人間という点で変わりはなく、それゆえ彼ら異国人の境遇(福祉)も同胞の境遇(福祉)と同様に扱うべきである、と。そのような経済学者の観点からすると、移民の受け入れを増やすことは世界中の経済発展を支える超強力な開発政策の一つに位置づけられることになる。それとは逆に、移民の制限についてはどうだろうか? 国内の貧困を減らすためのめちゃくちゃコストも嵩むしその効果もあまり期待できない政策というのが精々なところだろう。

移民の問題について(移民の受け入れに賛成する方向で)「経済学者たちの意見が割と一致する傾向にある」理由は「リバタリアン」の衝動と「エガリタリアン」の衝動が「ともに手を取り合う」からだ、とマンキューは語る。私としてはデロングの線に沿ってこの問題を微妙に読み替えたいところだ。すべてはあなた自身の効用関数(選好)の形状にかかっている。あなたがどのような効用関数の持ち主かというのはあなたが移民の受け入れを支持する衝動の持ち主かそれとも移民の受け入れに反対する衝動の持ち主かということを別のかたちで表現したものだ。その相手がどこの国に属するかにかかわらず世界中のあらゆる貧困者の境遇に心を砕くような人物――経済学者でさえそうだ――と「私は何にも増して同じ国に暮らす貧困者や同胞に対して道義的な責任を負っている」と考える人物とでは低スキルの(単純労働に従事する)移民が享受する利益についてまったく違う見方をすることだろう。政策当局者はどうすべきだろうか? アメリカ国民が国籍を問わずに世界中のあらゆる貧困者の境遇に心を砕くような選好の持ち主だとしたら、アメリカの経済政策は国民の選好を反映して世界中の貧困者の利益の追求にも目を向けるべきだろうか? それともアメリカの経済政策はアメリカ国民の利益の最大化だけを試みるべきなのだろうか?

———————————(引用ここまで)———————————

読者の皆さんはどう思われるだろうか? 「パトリオティズム」は一体何を求めているのだろうか? 私としてはナショナリズムと同一視される「パトリオティズム」よりは古い意味の「パトリオティズム」(「国家に対する心からの愛着・忠誠心を意味するよりは・・・・共通善(common good)の促進といった側面と関わりのある概念」)の方を好いているが、「パトリオティズム」をどう定義するか自体が争点の一つとなっているのだ。

  1. 訳注;英語版のウィキペディアではその内容が大幅に書き換えられている。以下では最新のバージョンではなく2010年7月当時のバージョンを訳してある点に注意されたい。 []
  2. 訳注;この点については本サイトで訳出されている次の記事もあわせて参照されたい。 ●マーク・ソーマ 「それぞれの国の経済政策は国境の枠に縛られるべきなのか?」(2015年12月17日) []
  3. 訳注;自国の政策が他国の厚生に及ぼす影響など一切考慮せずに政策の中身を決めるべきだ、という意味。 []
  4. 訳注;自国の政策が他国の厚生に及ぼす影響も少しは考慮した上で政策の中身を決めるべきだ、という意味。 []

コメントを残す