経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

マイルズ・キンボール 「自然状態における所有権」(2017年9月24日)

●Miles Kimball, “John Locke: Property in the State of Nature”(Confessions of a Supply-Side Liberal, September 24, 2017)


実は私は「イーグルスカウト」〔日本語版ウィキペディアでの説明はこちら〕の取得者の一人だったりする。母親に尻を叩かれて仕方無しにボーイスカウトに入団したのだが、最終的には「イーグルスカウト」の称号を手にするまでになったわけだ。ボーイスカウトも最近になってホモフォビア(同性愛嫌悪)の姿勢を見直した(同性愛者の入団を認めるようになった)ようで、今後は堂々と「私はイーグルスカウトの取得者です」と宣言できようというものだ。

ボーイスカウトに所属するとキャンプをしたりハイキングに出かけたりする機会が多くなるが、それは同時にジョン・ロックが言うところの「自然法」が適用される場に巡り合う機会が多いことをも意味することになる。みんなで連れ立って道を歩いていると目を引く物体が落ちているのに気付く。その物体を誰かが拾う時にジョン・ロックが言うところの「自然法」が適用されることになるのだ(ただし、道に落ちている物体を拾うのが法律(実定法)で禁じられていないことが前提なのは言うまでもない)。一人の少年(A君)が綺麗な石ころを拾ったとしよう。A君が拾うまではその石ころは「彼のもの」ではなかったわけだが、別の少年(B君)がA君の手から石ころを無理矢理奪い取ったとしたらその後にはどんな展開が待っているだろうか? 「B君が僕の石ころを盗んだ」。A君はそう訴えることだろうし、周りにいる他の少年たちもA君に味方することだろう。 [Read more…]

マイルズ・キンボール 「ジョン・ロックの所有権論 ~労働と所有権~」(2017年9月10日)

●Miles Kimball, “On John Locke’s Labor Theory of Property”(Confessions of a Supply-Side Liberal, September 10, 2017)


 

ジョン・ロックの『統治二論』「第二編 市民政府について」(第5章 「所有権について」)の第27節では所有権の帰属に関する興味深い原理が表明されている。

地上の自然もこの地に生きる下等なあらゆる被造物も全人類の共有物だとしても、誰もが自分自身に対しては唯一の所有権の持ち主である。私の身体に対する所有権の持ち主は私以外にはいない。さらには、私が身体を動かして行う「労働」の成果も私の手が行う「働き」の成果も同様に私のものであると言ってもよかろう。それゆえ、私が手付かずの天然の恵みの中から取り出した(取得した)ものは何であれ私の所有物となる。というのも、それには私の労働が混ざり合っており、私に帰属する何ものかが付け加わっているからである。全人類の共有物たる自然の中から手付かずの天然の恵みを取り出したのはこの私である。私が手にした天然の恵みには私の労働が付け加わっており、それゆえに最早全人類の共有物ではなくなる。労働の所有者は労働を行った当人であることは疑い得ず、私の労働の成果(私の労働が付け加わったもの)に対する所有権を主張し得るのは私以外にはいない。少なくとも私が手にしたのと同じくらい良質の天然の恵みがまだ手付かずのままで十分に残されている限りはそうなのだ。

ロックが議論の出発点に据えている主張は至極もっともなものに思える。

1. 人は誰もが自らの身体に対する所有権の持ち主である。
2. 各人には自らの労働の成果に対する所有権を可能な限り認めるべきである。

[Read more…]

マイルズ・キンボール 「スクルージと『課税の倫理』 ~『所得』ではなく『消費』に課税すべし~」(2012年12月24日)

●Miles Kimball, “Scrooge and the Ethical Case for Consumption Taxation”(Confessions of a Supply-Side Liberal, December 24, 2012)


「税負担の公平性」をめぐる巷の議論の大半では一人ひとりがそれぞれお金をいくら稼いでいるか(所得の多寡)に焦点が当てられがちだ。「税負担の公平性」を含めた租税原則が適用されるべきなのは人が社会に対して何らかの「借りを作る」場合であり、人が社会に対して何らかの「借りを作る」のはお金を使う(稼いだお金を消費に回す)時。私には昔からずっとそう思えてならなかったものだ。

  • 例えば、私の年収が100億ドルだった(100億ドルのお金を稼いだ)としよう。そのうち10万ドルだけは手元にとっておき、貧困者を助けるために残りはすべて寄付するなりして手放したとしよう。その大半が手放されてもう手元にはない100億ドル(所得)に対して税金が課されるべきだろうか? それとも私が自分で消費するために使う10万ドルに対して税金が課されるべきだろうか? みんなが所得の一部を貧困者を助けるために寄付したりして手放すとするとその分だけ政府の肩の荷も下りることになる。そうなれば、みんなの「消費」に対して課税するだけでも政府が(貧困対策以外の)その他の任務を遂行するために必要な資金は十分に集まるんじゃないだろうか?
  • 稼いだお金(所得)の一部をすぐに消費に回さずに貯蓄したとしよう。貯蓄した段階ではそのお金をゆくゆくは消費に使うかそれとも寄付したりして手放すかはまだ決められていない。政府は私の手元にあるお金にすぐに税金を課そうとするのではなく、私が貯蓄したお金を自分で消費するために使うか、それとも貧困者を助けるために寄付するのかがはっきりするまで(税金を課すのを)待っておくべきじゃないだろうか? さらに追加で指摘しておくべきことがある。私がお金を貯蓄すれば(お金を使うのを先に延ばせば)、企業がそのお金を使って(借り入れて)工場を建てたりすることができるようになるし、工場を建設する人員が必要になることもあって雇用も増えることになる1
  • 稼いだお金(所得)を自分の子供にそのままあげた(譲り渡した)としよう。政府はそのお金にすぐに税金を課そうとするのではなく、私の子供がそのお金(私から譲り受けたお金)を自分で消費するために使うか、それとも貧困者を助けるために寄付するのかがはっきりするまで(税金を課すのを)待っておくべきじゃないだろうか?

私が(自分で稼いだ)お金を私用に供することになるのはお金を「消費支出」に費やすその瞬間だけに限られる。以上の議論のエッセンスをまとめるとそう言えるだろう。お金を「消費支出」に費やさないでいる間は私はその使途がまだ決まっていない資源(お金)の管理人であるに過ぎない。稼いだお金を自分の子供に譲り渡す場合であっても、そのお金が私用に供されるのは私の子供がそのお金を「消費支出」に費やすその瞬間だけに限られるのだ。 [Read more…]

  1. 訳注;貯蓄は社会に対して(「借り」ではなく)「貸し」を作る行為、という意味。それゆえ、貯蓄に税金を課すのは疑問だ、と言いたいのであろう。 []

マイルズ・キンボール 「今日の一言 ~『官僚制の発展+金本位制=?』~」(2014年7月30日)

●Miles Kimball, “Untitled”(Confessions of a Supply-Side Liberal, July 30, 2014)


「20世紀、それは官僚制が大いに発展を遂げた時代であり、それに伴って国家(政府)に備わる潜在的な力が大いに高まった時代であった。それに加うるに金本位制。金本位制の足枷のために短期的な景気安定化の手段として金融政策には頼れない。その結果として待ち構えていたのはケインズ的な状況1の頻発。(官僚制の発展に支えられて)国家(政府)に備わる潜在的な力が高まる中でのケインズ的な状況の頻発。そのような中で人々はファシズムや社会主義をはじめとした計画経済を志向する諸思想に惹きつけられていくことに。その先に何が待っているのかよくわかりもせぬままに。」— マイルズ・キンボール

  1. 訳注;おそらくは総需要不足を原因とする不景気という意味 []

マイルズ・キンボール 「ピンカーが語る『市場経済のとっつきにくさ』」(2012年12月29日)

●Miles Kimball, “Steven Pinker on How the Free Market Makes Us Uneasy”(Confessions of a Supply-Side Liberal, December 29, 2012)


スティーブン・ピンカーが『The Stuff of Thought: Language as a Window into Human Nature』の中で次のように語っている(pp. 409)。

アラン・フィスク(Alan Page Fiske)による(人と人との関係(社会的な関係)の形態を類型化した)分類(pdf)では〔仲間うちでの分かち合い(Communal Sharing)、階層的な序列付け(Authority Ranking)、互酬的な交換(贈与と返礼の応酬に基づく均衡のとれた互酬;Equality matching or Exchange)に加えて〕さらに第四の類型として「市場値付け」(Market Pricing)と呼ばれる形態も挙げられている。「市場値付け」というのは現代の市場経済に特有の装置(仕組み)の数々をひっくるめたものであり、具体的には、貨幣や価格(市場価格)、給与、(金銭的な)収益、賃料、金利、債権債務、オプションをはじめとしたデリバティブ(金融派生商品)等々がそれにあたる。「市場値付け」型の人と人との関係では記号としての数字や数学的な演算(計算)、デジタル化された会計や伝票、そして契約書(契約書に記載された文字)がコミュニケーションのメディアの役割を担うことになる。その他の3つの類型とは異なり、「市場値付け」型の関係はどんなところでも観察されるありふれた形態だとはとても言えない。文字(書き言葉)が無かったり3までの数でやり繰りしているような(数の概念がそれほど発達していない)文化圏では「市場値付け」の初歩的な形態でさえ手に負えないのだ。さらには、市場の論理(ロジック)は人間の認知機能に照らして不自然なところがあってその違和感は拭いきれないところがある。その証拠にと言うべきか、世界中のいたるところで次のような主張に出くわすものだ。曰く、(モノの価格はその時々にそれを手に入れるために買い手(の候補)がどれだけお金を支払う気があるかによって左右されるわけでなく)「どんなモノにもそれ自体に内在する常に変わらぬ『公正価格』(just price)が備わっている」。曰く、(売り手と買い手の間に入って仲立ちをする仲介業者は消費者たちが遠くの地にあるあれやこれやの品物を容易く入手できるよう図るというれっきとしたサービスを提供しているにもかかわらず)「仲介業者は寄生虫のような存在だ」。曰く、(同じ1円(同額のお金)であっても「今の1円」と「将来のある時点(例えば1年後)の1円」とでは価値が違うにもかかわらず)「お金を貸して(元本に加えて)金利の返済を要求するとは不道徳極まりない行為だ」〔このあたりの話について詳しくはトーマス・ソウェルの『Knowledge and Decisions』を参照のこと〕。しかしながら、かような一連の謬見は(公正な交換が実現されるのは同量のモノが互いに交換し合われた場合に限られると見なされる)「互酬的な交換」を支える心性とは相性がいい。顔と顔を突き合わせて贈与と返礼の応酬が繰り返される「互酬的な交換」を支える心性は市場経済に特有の複雑な装置(仕組み)――見ず知らずの膨大な数の人々の間で時空を超えて財やサービスのやり取り(交換)を可能にする装置(仕組み)――の取り扱いには不向きなのだ。

私なりの意見を言わせてもらえば、「市場値付け」は人間本性の管轄外にあるように思える。人間の思考にしても感情にしても「市場値付け」型の関係におあつらえ向きなようにはできていない(時とともに自然とそのような方向に発達を遂げてきてはいない)ように思えるのだ。

マイルズ・キンボール 「『高貴な嘘』への批判を禁ずるのは妥当か? ~J・S・ミルの『自由論』を紐解く~」(2013年3月10日)

●Miles Kimball, “John Stuart Mill on the Protection of “Noble Lies” from Criticism”(Confessions of a Supply-Side Liberal, March 10, 2013)


Plato

プラトン著 『国家』

モルモン教の話題になるたびに何度も耳にしてきた意見がある。モルモン教の教義が仮に「間違い」だったとしてもモルモン教を信じる人々にとってはその教義は「有益」であるとは言える、という意見がそれだ。そのような意見に何度も出くわした経験があることもあって「高貴な嘘」(“noble lie”)という概念にずっと興味を抱き続けてきた。「高貴な嘘」とはどういう意味か? ウィキペディアでは次のように定義されている。

政治の世界における「高貴な嘘」というのは国家を統治するエリートたちが社会の調和を保ったり政策目標の達成を図ることを目的として間違いだと知りながら世間に向けて語り伝える嘘のことを指しており、宗教にまつわる神話ないしは虚偽がその例としてよく挙げられる(とは言え、宗教上の信念だけがその例というわけではない)。「高貴な嘘」という概念はプラトンの『国家』の中で展開されている議論に起源を持つと言われている。

宗教の世界にとどまらず俗世間の領域でも似たような例は見つかる。例えば、「ポリティカル・コレクトネス」がそれだが、社会の調和を保ったり社会正義を実現するために必要だからという理由で批判や議論の対象から外そうとする動きがあるのだ。ところで、ジョン・スチュアート・ミルの『自由論』の中でまさにこの話題が取り上げられている。第2章の「思想と言論の自由について」(“Of the Liberty of Thought and Discussion”)の中で「『高貴な嘘』への批判を禁ずべし」との見解に考察が加えられているのだ。「高貴な嘘」と表現すべきか、それとも「壮大なる神話」(“magnificent myth”)と表現すべきかという問題はあるが、以下に引用する議論はそのような細かい表現の違いにかかわらず成り立つものだ。 [Read more…]

マイルズ・キンボール 「スティーブン・ピンカーに学ぶ『藁人形』の使い方」(2012年12月8日)

●Miles Kimball, “Steven Pinker on Straw Men”(Confessions of a Supply-Side Liberal, December 08, 2012)


スティーブン・ピンカーが『The Stuff of Thought』(89ページ)の中で次のように述べている(ビュレット(中黒点) はこちらで付け加えたもの)。

藁人形(straw man)の優れているところは多彩な使い方が可能というところにある。

・一番ありふれた手は「サンドバッグとしての藁人形」という使い方だ。手強い論敵を無防備でひ弱なまぬけに仕立て上げて一方的にタコ殴りするというやつだ。

・藁人形を二段階に分けて使うという手もある:まず第一段階で論敵の似姿1を拵える。そして第二段階で論敵の生の声と似姿の声とを比べて論敵もそこまでまぬけじゃないと認めてやる。ただし、論敵のまともな面はこちらの舌鋒鋭い批判に屈して改心した末に取り戻されたものであるかのように言い立てるのだ。

・そして「生贄(いけにえ)としての藁人形」という使い方もある。自説の評判が芳しくない時に役立つ手だ:まずは自説を過激にした似姿を拵える。そしてその似姿との対比で己(自説)の穏健さをアピールするわけだ。2

  1. 訳注;論敵の主張を過度に単純化ないしは歪曲した似姿 []
  2. 訳注;本の中ではこの後に次のような文章が続く。「この手はワインディーラーがお店の陳列棚にあえて法外な値段のワインを置いておくのと同じ戦略に立つやり方だ。たくさんあるワインの中からどれを選ぼうかと迷っているお客は真ん中の価格帯の商品についつい引き寄せられる傾向にあり、ワインディーラーはそのような人間心理を利用しているのだ。例えば、陳列棚に並べられているワインの中で一番高価な商品が30ドルだとお客は10ドルのワインを手に取ることになるのに、陳列棚に100ドルのワインが追加されるとお客は30ドルのワインに引き寄せられてしまうのだ」。つまりは、自説を過激にした似姿(=法外な値段のワイン)のおかげで自説が穏健(=真ん中の価格帯のワイン)に見えるようになり、その結果として自説の訴求力も高まることになる、という意味。 []

マイルズ・キンボール 「『恐怖に対する祈り』 ~歯科恐怖症を和らげる魔法の言葉?~」(2012年8月27日)

●Miles Kimball, “The Litany Against Fear”(Confessions of a Supply-Side Liberal, August 27, 2012)


明日は歯医者に行く予定になっているのだが、どうやら根管治療待ったなしのようだ1。歯医者の診察台に座るたびに我が身に迫り来る「中型」の「恐怖」に立ち向かうために個人的にきまって頼りにしてきたのが「ベネ・ゲセリットの祈り」――フランク・ハーバート(Frank Herbert)〔日本語版ウィキペディアはこちら〕のSF小説『デューン』シリーズ〔日本語版ウィキペディアはこちら〕に出てくる「ベネ・ゲセリットの恐怖に対する祈り」――だ。以下に引用しておこう。

恐れてはいけない。
恐怖は心を殺すもの。
恐怖は何もかも忘れさせてしまう小さな死。
我が身に迫り来る恐怖に立ち向かうとしよう。
恐怖が我が身を横切るのを、恐怖が我が身を通り抜けるのをただただ放っておくとしよう。
そして恐怖が我が身を去るのを待つとしよう。心の目を使って恐怖が辿った軌跡をなぞるのはその後(恐怖が我が身を去った後)でのことだ。
恐怖が去った後にはもう何も残ってはいない。
そこにあるのは(後に残るのは)ただ私だけ。

  1. 訳注;歯の根を治療しないといけなくなりそうだ、という意味。 []

マイルズ・キンボール 「均衡パラドックス ~『誰か』が『それ』をやらねばならない。その『誰か』とは『あなた』かもしれない~」(2016年2月28日)

●Miles Kimball, “The Equilibrium Paradox: Somebody Has to Do It”(Confessions of a Supply-Side Liberal, February 28, 2016)


tumblr_inline_o382ugmyp71r57lmx_400

「100ドル紙幣(高額紙幣)の発行をやめてしまうというのも一考の価値ありだ」。ケネス・ロゴフローレンス・サマーズがそのような何とも結構な提案を行っているが、その提案が現実のものとなる前にちょっと立ち止まって考えておきたいことがある。道端に100ドル紙幣が落ちている。経済学者がその場に出くわしたらどうするだろうか? 経済学の世界に古くから伝わる言い伝え――「本物」の100ドル紙幣が道端に落ちていようものなら誰かが既に拾っているはずだ――を信じる経済学者であれば道端に落ちている紙切れ(100ドル紙幣)には目もくれずにそのままその場を通り過ぎることだろう。

上記の例を具体的な事例の一つとして含む現象一般に「均衡パラドックス」という名前を付けることにしよう。「均衡パラドックス」は色んな場面で姿を現す。例えば、資産価格が(ファンダメンタルズを反映した)適正な水準に向かうためには、資産価格を正すように行動すればそれに伴って儲けが得られるようになっていなければならない。そうでなければ、資産価格はいつまでも適正な水準に落ち着くことなく、それゆえ資産市場は効率的ではあり得なくなる。生産物市場が「均衡」に落ち着くためには時として超過利潤を手にする機会が存在していなければならない。そうでなければ、その市場へ新たに参入しようという気を持つ企業は現れず、そのために利潤がゼロにまで下がるということもなくなる。テクノロジーの進歩が果たされるためには「従来のやり方よりも優れたやり方がある」と誰かが新しいアイデアを提案するだけではなく、そのアイデアに「何々? 君を除く他の人間は愚か者ばかりでこれまでずっと馬鹿げたやり方に固執し続けてきたとでも言いたいのかね?」との反論に屈しないだけの魅力が備わっていなければならない。公共政策の転換を促すためには「あなたが語るその提案がそんなにうまくいくというのならもうとっくの昔に試されていてもいいはずだとは思いませんか?」との反論を乗り越えなければならない。 [Read more…]

マイルズ・キンボール 「『スライディング・ドア』 ~ヒラリー・クリントン vs. バラク・オバマ~」(2014年5月15日)

●Miles Kimball, “Sliding Doors: Hillary vs. Barack”(Confessions of a Supply-Side Liberal, May 15, 2014)


tumblr_inline_n5m5keB07U1r57lmx

『スライディング・ドア』のウィキペディアのページはこちら〔日本語版のウィキペディアのページはこちら〕:心の目を使って想像してもらいたい。ポスターの上半分にはバラク・オバマの姿が写されており、下半分にはヒラリー・クリントンの姿が写されている。上半分と下半分とで二通りの別々の歴史が描き出されている。上半分に描かれているのは「現実の歴史」であり、下半分に描かれているのは「2008年の民主党予備選挙でヒラリー・クリントンが勝利を収めたと仮定した場合のその後」である。

『スライディング・ドア』(“Sliding Doors”)は私も妻もお気に入りの映画の一つだ。地下鉄のドアが閉まる寸前に電車に無事乗り込めた場合と電車に乗り込む寸前にドアが閉まってしまった場合(電車に乗り込めなかった場合)とでその後の人生の成り行きにどういう違いが生まれるか? この作品ではそのような「代替的な(あり得た)歴史」(alternate histories)――「もしもあの時ああなっていたらその後の展開はどうなっていただろうか」(“what if”)という問いへの答えとして想像された「反実仮想」(“counterfactual”)の歴史――といういつでも古びることなく魅力的なテーマが追求されている。

2016年に行われる予定の大統領選挙戦についてそれなりに真面目な議論をはじめるには(2014年5月現在の段階では)まだ時期尚早だろうが、2008年に行われた民主党予備選挙――ヒラリー・クリントンとバラク・オバマとの間でたたかわれた熾烈な民主党候補者指名争い――について「反実仮想」的な問いを検証してみるには早過ぎるということにはならないだろう。仮にヒラリーが民主党側の大統領候補になっていたとしたら本選挙で(共和党側の大統領候補である)ジョン・マケインに(オバマがそうであったように)勝利していただろうというのが専門家の大方の意見のようだ。そうだとすると、歴史の分かれ目となったかもしれない「ドアがスライドする(閉まる)」瞬間と呼ぶにふさわしいのは本選挙よりも民主党予備選挙のほうだと言えるだろう。フォトショップをうまく使いこなせるようならエントリーの冒頭に掲げた『スライディング・ドア』の宣伝ポスターの画像を加工していたところだ。上半分には金髪のグウィネス・パルトロー(Gwyneth Paltrow)の代わりにバラク・オバマの画像を貼り付け、下半分には髪色がダークブラウン(焦げ茶色)のグウィネス・パルトローの代わりにヒラリー・クリントンの画像を貼り付けていたことだろう。 [Read more…]