経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「あなたは2頭の雌牛を所有しています ~社会主義、共産主義、資本主義、そして・・・何主義?~」(2011年10月5日)

●Alex Tabarrok, “The You Have Two Cows Challenge”(Marginal Revolution, October 5, 2011)


Two-Cows-300x225

政治哲学を学ぶ上で格好の導入となる「2頭の雌牛」のジョーク(日本語版のwikipediaはこちら)については、とっくにご存知だろうと思う。こういうやつだ。

  • 社会主義(Socialism): あなたは2頭の雌牛を所有しています。すると、政府の役人があなたの家へやってきて、2頭のうち1頭だけを持ち去っていきました。そして、その1頭をあなたの隣人に譲り渡してしまいました。
  • 共産主義(Communism): あなたは2頭の雌牛を所有しています。その2頭を残らず引き渡すために役所を訪れると、引き換えにミルクを支給してもらえました。
  • 資本主義(Capitalism): あなたは2頭の雌牛を所有しています。2頭のうち1頭を売ってできたお金で、新たに雄牛を1頭買いました。

あなたが2頭の雌牛を所有していて、政府が「その牛のミルクを飲んではならない」と命じたとしよう。さて、これって何主義(何イズム)? 答えを導き出す参考になるかもしれないので伝えておくと、さっきの例は作り話じゃない。我々が過ごしているこの現実の社会での出来事なのだ。つい最近のことだが、ウィスコンシン州でちょっとした裁判が行われた。裁判所側が用意した裁判内容の要約(pdf)があるので、その中から少しだけ引用することにしよう。

原告側の主張は次の通り。我々は、財産を所有し、使用し、自らの好きなように扱う基本的な権利を有している。ということはつまり、雌牛を所有する基本的な権利を有しているだけではなく、他人に害を及ぼさない範囲で、所有する雌牛を自らの好きなように使用する基本的な権利も有していることになる。原告側がさらに付け加えた主張は次の通り。我々は、自分で選んだ食物(あるいは、自分の家族に選んでもらった食物)を他人から干渉されずに消費する基本的な権利を有している。ということはつまり、自らが所有する雌牛の搾りたてのミルクを消費する基本的な権利も有していることになる。

原告側の訴えに対して、パトリック・フィードラー(Patrick J. Fiedler)判事は次のように応じている。

それは間違いです。原告には、乳牛を所有する基本的な権利も、乳牛を使用する基本的な権利も、どちらも認められていません。

それは間違いです。原告には、所有する雌牛の搾りたてのミルクを消費する基本的な権利は認められていません。

それは間違いです。原告には、自分で選んだ食物を生産する基本的な権利も、自分で選んだ食物を消費する基本的な権利も、どちらも認められていません。

・・・・

さて、ここで再び質問。

あなたは2頭の雌牛を所有しています。すると、政府が「その牛のミルクを飲んではならない」と命じました。さて、これって何主義(何イズム)でしょうか?

「お前の答えは何だ?」という声が聞こえてきそうだが、パターナリズム(Paternalism)が妥当な答えだろう。動物農場主義(Animal Farmism)1というのも捨て難いところだけどね。

  1. 訳注;ジョージ・オーウェルの小説『動物農場』を意識しているものと思われる。「牛」という動物が絡んでいる点に加えて、搾りたてのミルクを自分の好きなように飲んでいいのかどうかという細かいところにまで政府が口出ししてくる様が、『動物農場』で描かれている全体主義っぽい雰囲気に似ていると考えて、「動物農場主義」と名付けているのだろう。 []

Comments

  1. 基本的権利(fundamental right)というのはUS憲法上特別な意味を持った概念なので、ミルクを飲むのを禁止するようなパターナリスティックな法律が実際に妥当かどうかは別として、基本的権利ではないだろうというのが裁判所の立場なんでしょうね。

    • 裁判の中身自体を追ってみるのも面白そうですね。経済学とはかなりかけ離れてしまいますがw

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください