経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「道路上における自生的秩序」

●Alex Tabarrok, “Spontaneous order on the road”(Marginal Revolution, August 11, 2010)1


まずはこちらの映像をご覧いただきたい。この映像はイギリスのとある小さな町で行われた実験の様子を収めたものだが、この実験では道路上にあるすべての信号機の電源が切られたのであった。その結果、道路上には混乱がもたらされた・・・わけではなく、秩序が保たれたのであった。

この実験は物珍しいものではない。数年前のことになるが、トム・ヴァンダービルト(Tom Vanderbilt)がウィルソン・クォータリー誌に交通技術者であるハンス・モンダーマン(Hans Monderman)の画期的な試みについて大変素晴らしい記事を寄稿している2。モンダーマンは都市中心部にある道路の設計に数々の革新をもたらした人物として広く知られている存在である(モンダーマンによる画期的な試みについてはこちらのニューヨーク・タイムズ紙の記事もあわせて参照されたい)。

ドラフテン(オランダにある村)の中心部にはラワイ広場と呼ばれる十字路があり、自動車や自転車、歩行者の往来が激しい交差点だった。このラワイ広場の新たな設計を任されたモンダーマンは信号だけではなく道路上にあるありとあらゆる施設を撤去するという大胆な決断を行った。ラバーポールや信号、「交通島」、標識、路面表示で埋め尽くされていた空間を物珍しいロータリー(円形交差点 roundabout)に作り替えたのだ(彼自身は「広場型交差点」(“squareabout”)と呼んでいる。よくある円形交差点よりは広場(town square)に似ているからだ)。ロータリーの中心にはちっぽけな円形の緑地が設けられ、道路の脇にはいくつか噴水が据え付けられている。そして道路上には――法律上やむを得ず――進行方向を示す矢印がひっそりとした目立たないかたちで描かれているだけだ。

自動車やバイクが速度を落としてロータリーの中心に向けて続々と進入する際に演じられる一種の社会的なバレエ劇に見入っていると(歩行者はその輪の中にはいない。横断歩道は交差点の少し手前に設けられているからだ)、私の隣にいたモンダーマンが得意の「マジック」を披露してみせた。ロータリーの中心に向けて歩き出したのである。それも目をつぶって後ろ歩きで。車はそんな彼の脇を徐行して通り過ぎる。クラクションを鳴らす者は誰一人としていない。彼は轢かれることもなく平穏無事だ。人と車が輪を描いて行き交うラワイ広場は信号機が指示する「進め!」/「止まれ!」といった二者択一的で機械的なプロセスとは違って人間的で有機的な臭いを放っていた。

この「過激な大改造」から1年が経過した頃、その劇的な効果が続々と明らかになってきた。交差点内での渋滞が大きく解消されただけでなく――例えば、バスが交差点を通過するために要する時間は短くなった――、交差点内での交通事故の発生件数が半減したのである。それもこの1年間で交通量は3分の1だけ増えたにもかかわらずである3

この種の実験はそれ自体でも十分興味深いものだが、「自生的秩序」(spontaneous order)の格好の例――命令(指図)(orders)なしにいかにして秩序(order)が保たれ得るのか――ともなっておりその意味でも大変興味深い。

この話題に気付くきっかけをくれたダニエル・クライン(Daniel Klein)に感謝する。

 before

↓↓


after

  1. 訳注;最後の画像は次のブログエントリーから転載したものであることを断わっておく。 ●Aaron Naparstek, “Hans Monderman, Engineer of Livable Streets, 1947-2008”(Streetsblog, January 8, 2008) []
  2. 訳注;モンダーマンによる画期的な試みについては次の本の中でも詳しく紹介されている(具体的には、第7章のpp.296~pp.331あたり)。 ●トム・ヴァンダービルト(著)/酒井泰介(訳) 『となりの車線はなぜスイスイ進むのか?』 []
  3. 訳注;訳注2で紹介した本の中では次のように書かれている。「ハンス・モンダーマンがドラフテンの交差点で人々により不安に感じさせてより慎重な行動を促したのも、この心理を利用したものだった。住民は彼に「これでは不安だ」と訴えた。彼は私に、「それは素晴らしいことだ」と言った。「彼らがそう言わなければ、すぐに設計変更しただろう」。・・・(略)・・・おもしろいのは、ドラフテンで交差点を広場の中のロータリーに作り替えると、接触事故の回数が減ったことだ(地元の理工大学の初期調査による)。2005年には、一度も事故が起きなかった。ロータリー内の制限速度が低いためもあるだろう。しかし、他にもいくつか、おもしろい事実がある。ロータリーを設置して以来、この交差点の通過時間は、通行量が増えたにもかかわらず、40%も減った。バスが交差点を通過する時間は半減した。同大学の調査によると、あらゆる乗り物は一定の流れを保っているようで、ラッシュ時でさえ、速度は落ちるが、流れ続けていた。・・・(略)・・・報告書には、他にもおもしろい指摘がある。ロータリーの中で、ハンドサインを用いる自転車通行者が増えたということだ。これはオランダでは珍しいことだ。ドライバーもウインカーを多用するようになった。交差点を無事に通り過ぎる責任はいまや人々に委ねられるようになり、その結果彼らは、より緊密にコミュニケーションするようになったのである。その結果、地元での調査では利用者は交差点がより危険になったと感じていたにもかかわらず、この地点は実際にはより安全になったのだ。」(pp.314~315) []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください