経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン「いたるところに市場あり:日本のカーレンタル編」(2019年7月8日)

[Tyler Cowen, “Japanese car rental markets in everything,” Marginal Revolution, July 8, 2019]

車を借りるといっても,べつに運転するためじゃない場合もある:

同社の調査に回答した人のなかには,こんな人もいた.昼寝の場所にするために借りていったり,仕事場に使うために借りていく人たちがいましたよ.また,近くのコインロッカーが全て塞がっているときにカバンその他の手荷物を収納するために車を借りたという人もいる. 2011年の大震災と津波に見舞われたあと,レンタルカーは携帯電話の充電にも利用された. 「コンビニで買った弁当を食べるのに車を借りました.他に昼飯を食べられる場所が見つけられなかったもので.」 そう語るのは東京に近い埼玉県に住む会社従業員の31歳男性だ. 「いつもなら,うちのお客さんに会いに行くときに昼寝できる唯一の場所といったら駅前のネットカフェなんですが,車を借りて車内で寝てもほんの数百円で,ネカフェに行くのとほぼ同額ですみますね.」

アンドリュー・ホーキンスによる記事全文はこちら.via Samir Varma & Michael Rosenwald.


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください