経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン「ベンガル大飢饉の原因」

Tyler Cowen”The causes of the Bengal famine” (Marginal Revolution, February 17, 2015)

1943年のベンガル大飢饉は、アマルティア・センをはじめとする人々によって市場の失敗の典型例1 として引用されてきた。でもその新たな(そして素晴らしい)著書「死者を食べるというのは誤り‐飢饉の過去と未来に関する小論集(Eating Dead People is Wrong, and Other Essays on Famine, Its Past, and Its Future ※未邦訳)」において、コルマック・オグラダはこのベンガル大飢饉にまるまる一章を割き、そのような見方とは違った印象を与えてくれる。その要旨を示す箇所を引用しよう。

欲望とパニックによって生まれた投機が、主食である米の「人工的な」不足を作り出したという「エンタイトルメント飢饉2 」として、1943~44年の飢饉はパラダイムとなった。この章において私は、前述した意味における投機ではなく、戦争への注力を食料へと向けるための政治的意思の欠如が飢饉の主な原因であったことを述べてきた。

私としては、飢饉が進行した際に価格統制が導入されたこと、貯蔵業者に対するネガティブキャンペーンが行われたことも付け加えたい。

この本の中では、かなり多くの人肉食が起きたとされる1946~47年のモルドバでの飢饉に関する議論もものすごく面白かった。

  1. 訳注:大規模な飢饉に至るほどではない食料生産の落ち込みがあった際、食料不足や食料価格の高騰を見込んだ買占めが発生することによって、結果として飢饉が発生してしまうという意。 []
  2. 訳注:アマルティア・センは著書「貧困と飢饉」の中で、得るはずのものを得るための力(エンタイトルメント)のどこかに欠陥が生じることで飢饉が生じるとしている。 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください