経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン「実用がはじまりつつある自動運転車」

[Tyler Cowen, “Driverless vehicles, on their way,” Marginal Revolution, August 21, 2016]

ピッツバーグで Uber を利用する乗客は,あと数週間後にはスマートフォンのボタンを押すだけで自動運転車を配車できるようになる.また,Uber の発表によれば,Otto という自動運転車のスタートアップ企業を買収する計画だという.同社は,イスラエル人 Lior Ron によって共同創設された会社で,巨大トレーラーの自動運転技術を開発している.

via Mark Thorson.リンク先にもっと書かれている.また,フィンランドでは――

フィンランドのヘルシンキに住む人たちにとって,運転手のいないバスが何台も都市の道路を行き交う光景はそのうち見慣れたものになるだろう.世界初の自動運転プログラムの1つがヘルネサーリ地区ですで開始されており,9月中旬まで行われる.

フィンランドの法律では,道路を通行する車両には運転手が乗車することが求められていない.このため,自動運転ミニバスの Easymile EZ-10 をテストする許可をえるのにこの国は最良の場所となっているのだ.

つまり,フィンランドはこの分野の市場リーダーになりうるわけだ.


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください