経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン「美徳ある犠牲者のシグナリングは《暗黒三幅対》性格の指標」(2020年7月6日)

[Tyler Cowen, “Signaling virtuous victimhood as indicators of Dark Triad personalities,” Marginal Revolution, July 6, 2020]

本稿では,犠牲者であることのシグナルと美徳シグナルを発する帰結と予測要因を検討する.最初に示す3つの研究では,美徳ある犠牲者だと伝えるシグナルは,そのシグナル発信者に他人から見返り不要のリソース移転が起こりやすくしうることを示す.次に,犠牲者シグナリング尺度を開発・検証し,美徳シグナリングを計測するのに確立されている方法とこの尺度を組み合わせて,美徳ある犠牲者という構成概念を操作概念にする.《暗黒三幅対(ダークトライアド)》――マキャベリズム・自己愛・サイコパシーの3つ――を備える個人の方が,美徳ある犠牲者のシグナルを発する頻度が大きいことを示す.これは,西洋社会で犠牲者になることに一般的に関連している人口統計的・社会経済的な各種変数で統制した上での相違だ.研究 5 では,マキャベリズムをはかる特定の尺度――没道徳的な対人操作――と,自らが向社会性に優れていると信じていることを反映する一種の自己愛によって,その人物がより頻繁に美徳ある犠牲者シグナリングをすることが予測されるのを示す.研究 3, 4, 6 では,美徳ある犠牲者シグナルを発する頻度から次のようなことが予測されるという仮説を検証する:ボーナスをえるために嘘をつくなどの倫理的に疑わしい行動をよしと考えてそう行動する意志,偽造商品を購入する意志,偽造者についての道徳的な判断,組織活動の文脈で危害を加えられたことについて誇張した主張をすること.

上記は,E. Ok, et al. による新論文からの抜粋(via 本ブログ愛読者).同論文の様々なバージョンはこちらから.


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください