経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン「IT系企業でエコノミスト需要が伸びている」

[Tyler Cowen, “The growing tech company demand for economists,” Marginal Revolution, September 3, 2016]

『ニューヨークタイムズ』のスティーブ・ロア記者による長文記事からちょっと引用:

現時点で,Amazonがいちばん積極的にエコノミストを雇用しているように思える.それどころか,履歴書を集めるための Amazon Economists というウェブサイトすら用意している.同サイトの動画では Amazonのチーフエコノミストをつめとる Patrick Bajari が登場して,エコノミスト・チームが同社で「数百万ドル規模の影響」をもつ意志決定に繰り返し貢献してきたと語っている.別のAmazon求人サイトでは,エコノミストの募集リストを公開している.金曜日現在で,34件の募集がある.

こうした雇用市場の拡大をみて,アメリカ企業経済学会 (National Association for Business Economics) はこの4月にサンフランシスコでIT系企業のエコノミストたちと顔を合わせる初めての会合を開いた.次回はシリコンバレーで10月の開催を予定している.

この記事には,他にも面白い話がいくつも盛り込まれている.


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください