経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「アジアにおける『消えた女性』の謎」(2005年2月19日)/「『真実の探究者』 エミリー・オスターに敬礼!」(2008年5月12日)

●Tyler Cowen, “Where are Asia’s “Missing Women”?”(Marginal Revolution, February 19, 2005)


ロバート・バロー(Robert Barro)がビジネスウィーク誌で興味深い研究結果を伝えている。

1990年にハーバード大学での同僚でもある経済学者のアマルティア・セン(Amartya Sen)がとある主張を行ってちょっとした騒ぎを引き起こした。中国やインドといったアジアの国々では女性の死亡率が他の地域よりも高く、その結果として女性の数が本来あるべき状態よりも1億人も少なくなっているというのがそれである。そして女性の死亡率が高い理由は男性や政府による女性差別に原因があると解釈された。・・・このショッキングなほど大きな数字は途上国において過酷な女性差別が存在することを示す一種のシンボルとなった。こんなにも多くの女性が「消えて」しまった理由は、お腹の中の赤ん坊が女の子であることが判明するや中絶手術が施されたり、生まれてきたばかりの女児が間引かれたりしているためだという説が広く支持を得ているようだ。しかしながら、それとは別の理由を明らかにしている研究結果が存在する。ハーバード大学で経済学を学ぶ1エミリー・オスター(Emily Oster)が「B型肝炎と『消えた女性』の問題」(“Hepatitis B and the Case of the Missing Women”)と題された博士論文の中で「消えた女性」(Missing Women)の謎の多くは生物学的な要因によって説明できる可能性を示唆しているのである。

・・・(略)・・・

「消えた女性」の謎を巡るこれまでの研究は重要な事実を見逃しているとオスターは主張する。アジアでは中絶手術が広まる前から出生児の男女比(出生性比)が他の地域と比べて飛びぬけて高かったという事実がそれである2。・・・アジアではB型肝炎ウイルスの感染者が多いが、それこそが「消えた女性」の原因となっているのではないかとオスターは狙いを定めた。B型肝炎ウイルスに感染した両親からは男児が生まれやすいことを示す研究結果が数多くあるのだ。

両親がB型肝炎ウイルスを持つキャリアである場合、出生性比は1.55という高い数値を記録する場合もあると言われている。オスターの計算によると、中国に関しては「消えた女性」の75%がこの生物学的な要因(両親がB型肝炎のキャリアであるという事実)によって説明可能3だということだ。その一方で、インドに関してはこの生物学的な要因で説明できるのは「消えた女性」のうちわずか17%であり、アジア全体では「消えた女性」のうちの46%がこの生物学的な要因によって説明できるということだ。

オスターのホームページはこちらである。そしてバローが取り上げているオスターの論文はこちら(pdf)だ。
——————————————————————

●Tyler Cowen, “Hail Emily Oster!”(Marginal Revolution, May 12, 2008)


今回取り上げる論文にはエミリー・オスターも著者の一人に名を連ねているが、そのタイトルは「中国における男女比(性比)のアンバランスはB型肝炎によっては説明できない」(“Hepatitis B Does Not Explain Male-Biased Sex Ratios in China”)と題されている。論文のアブストラクト(要約)を引用しておこう。

本論文の著者の一人がかつて手掛けた研究(Oster, 2005)では医学分野の先行研究やクロスカントリー・データを用いた実証分析、そしてワクチン接種プログラムに関する先行研究に依拠した上で次のような主張が展開されている。両親がB型肝炎ウイルスを持つキャリアだとそうではない場合と比べて出生児の男女比(出生性比)が高くなる(男児が生まれやすい)傾向にある。アジア各国――特に中国――ではB型肝炎ウイルスの感染者が多いことを考え合わせると、アジアにおける「消えた女性」のかなりの割合――およそ50%――はB型肝炎によって説明可能であると考えられる、と。その後、この結論に疑問を投げ掛ける研究がいくつか現れた。その中でもLin&Luoh(2008)は台湾における出生児のデータを広範にわたって分析した上で、母親がB型肝炎のキャリアであっても出生性比にはこれといって大きな影響は見られないとの結論を得ている。この研究はこと母親の影響ということに関してはかなり決定的なものだと言えるが、父親がB型肝炎のキャリアだと出生性比が高くなる傾向にあるという可能性はまだ残されている。今回我々は中国人を対象とした肝癌の発症リスクを探るための前向きコーホート研究のデータを利用してその可能性を検証した。この前向きコーホート研究の対象となっている中国人のうちおよそ6万7000人(そのうちのおよそ15%がB型肝炎のキャリア)が子供を持っているが、その子供の性別に関するデータを収集した上で分析を行った結果、母親だけではなく父親がB型肝炎のキャリアであっても出生性比にはこれといった影響は見られないとの結論が得られた。両親がB型肝炎のキャリアであってもそうでない場合と比べて男児が生まれやすいとは言えないのである。今回我々が得た発見に照らすと、B型肝炎は中国における性比のアンバランスを説明できないとの結論が導かれることになる。

エミリー・オスターは「真実の探究者」であり、そのロールモデル(お手本)と言うべき存在であることが今回の件ではっきりした。アブストラクトだけでは事情がよく掴めないという読者のために簡単に説明しておくと、彼女が学者としての名声を勝ち得たそもそものきっかけは「中国における男女比(性比)のアンバランスはB型肝炎によって説明可能だ」との研究結果を世に問うたことにあったのである。そして今回の論文でその結果を自ら否定しているというわけだ(今回の論文に限らずエミリー・オスターの研究についてはこのブログでもこれまでに何度か取り上げている。詳しくはこちらを参照されたい)。

真実に辿り着くことがいかに困難で大変かということが今回の件から引き出せる一般的な教訓と言えるだろう。今回のケースはデータもきちんと整備されており、(多かれ少なかれ)明確な答えを出せるような状況にあった。しかしながら、政策問題を対象とする研究では大抵の場合においてそこまで好ましい条件が揃っているわけではないのだ。

  1. 訳注;2014年現在はシカゴ大学ブースビジネススクールの准教授の地位にある []
  2. 訳注;ヨーロッパやアメリカ等の出生性比は1.05と言われている。出生性比が1.05ということは女児100人に対して男児105人が生まれる計算になる。 []
  3. 訳注;人口に占める男性の割合(性比)が他の地域に比べて高い理由の多くは女性の死亡率が高いからではなくB型肝炎の影響によって男児が生まれやすい状況にあるためということ。 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください