経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「タイムマシンの開発に向けた研究には助成金を出すべき? それとも税金を課すべき?」(2011年1月9日)/マーク・ソーマ 「タイムマシンの経済学 ~未来へのタイムスリップは技術的には可能だ~」(2007年9月29日)

●Tyler Cowen, “Should we subsidize or tax research into time travel?”(Marginal Revolution, January 9, 2011)


(時間旅行を可能にする)タイムマシンの開発に向けた研究には助成金を出すべきだろうか? それとも税金を課すべきだろうか? ただし、助成金を出すにしろ税金を課すにしろ政府の予算には何の変化も生じないように埋め合わせがなされるとしよう1。つまりは、景気変動を安定化するための財政政策という側面は持たないと想定するわけだ。あるいはこう考えてもいい。あなたが全人類の安寧を願う慈悲深い慈善家だとしよう。あなたは(身銭を切るなどして)自分にできる範囲でタイムマシンの開発を支援すべきだろうか?(「タイムマシンは全人類に莫大な利益をもたらすフリーランチのようなものに違いない。私も何か力になれないものだろうか?」) それともどうにかして(タイムマシンの開発を)阻止しようとすべきだろうか?

時間旅行の根底にある科学的な原理は現状ではまだ大して理解されていないと思われるが、昔のSF映画の中で描かれているそのままに事が運ぶという可能性もなくはない。つまりは、あなたがタイムマシンに乗って時間旅行をすることで歴史の流れが変わってしまい、そのせいであなたがそれまで(生まれてからタイムマシンに乗り込むまでの間に)慣れ親しんで暮らしてきた世界がどこかに消え失せてしまうことになるかもしれない。歴史の流れがいい方向に変わる可能性もなくはない。しかしながら、元いた世界が失われてしまう可能性があるという点は時間旅行に備わるネガティブな面の一つにカウントしたいというのが私の考えだ。

時間旅行に備わるポジティブな面には何があるだろうか? 将来的にいつの日か人類が滅亡する時がやってくるかもしれないが、タイムマシンはそのような危機から逃れる安全な避難場所を用意してくれる可能性がある。小惑星が地球に衝突しそうになるたびにタイムマシンに乗って数日前あるいは数十年前にタイムスリップする。そうすれば地球に小惑星が衝突する瞬間に立ち会うことは永遠になくなるだろう。将来的に不死を可能にする(あるいはコンピューター上に脳の情報をアップロードする)テクノロジーも開発されたりしていたら、そして過去にタイムスリップする際にそのテクノロジーも一緒に持っていくことができるとしたら、なおさら魅力的な話だろう。

まとめるとこういうことだ。地球最後の瞬間に立ち会うはずだった人間の多くがタイムマシンのおかげで不死の命を手に入れる可能性(不死の人類が誕生する可能性)がまず一方であり(過去へのタイムスリップを繰り返しているうちに小惑星の軌道をずらして地球への衝突を回避する術が見つかる可能性もある)、時間旅行に伴って歴史の流れが変わってしまう可能性(元いた世界とは別の世界が生み出される可能性)がもう一方である。

それでは再び問うことにしよう。タイムマシンの開発に向けた研究には助成金を出すべきだろうか? それとも税金を課すべきだろうか?

——————————————————————————————————-

●Mark Thoma, “The Economics of Time Travel”(Economist’s View, September 29, 2007)


タイムマシンを作るには一体どれくらいの費用がかかるのだろう? そう疑問に思ったことはないだろうか? そういう経験がある御仁に耳寄りの情報だ。

Time machine possible says professor, Gold Coast News2:

未来へのタイムスリップを可能にするタイムマシンは最早SFの世界の中でだけ存在する空想の産物ではない。ただし、あなたが実際にタイムマシンを作ろうと思えば途方もないお金持ち(兆万長者のさらに上)でないといけない。

そう語るのはオーストラリア国立大学で相対性理論と量子力学を教えるクライグ・サベッジ(Craig Savage)博士だ。未来にタイムスリップすることは技術的には可能だが、そのためのタイムマシンを作ろうとすると莫大な費用がかかるというのだ。

サベッジ博士は語る。「光速の4分の3のスピードで移動する宇宙船を作ることができたとしましょう。その場合、その宇宙船に乗って移動している最中は常に1時間先の未来にタイムスリップしている計算になります」。

そういった宇宙船はこれまでにいくつも設計されているが、いざ実際に作ろうとすると想像もつかないほど莫大な費用がかかってしまうという。「障害になっているのは技術的な問題ではなく金銭的な問題なのです」。

サベッジ博士の推計によると、タイムマシンを動かすには電力費だけでも10兆ドル単位の費用がかかる計算になるという。

  1. 訳注;助成金を出す場合は何か他の政府支出が同じ額だけ減らされ、税金を課す場合は何か他の税金を減税して税収を一定に保つ。 []
  2. 訳注;リンク切れ。代わりに例えば次の記事を参照されたい。 ●“Time travel may be possible but won’t be economical”(Phys.org, October 8, 2007)/“Time Travel – Is It Possible?”(Catalyst, February 14, 2008) []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください