経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「ドナルド・トランプとマイク・タイソン」(2016年3月3日)

●Tyler Cowen, “The Mike Tyson theory of Donald Trump”(Marginal Revolution, March 3, 2016)


プロボクシングの世界に足を踏み入れるや一挙にスター街道を駆け上がり、ヘビー級の世界チャンピオンにまで上り詰めたマイク・タイソン。一体いつ殴られたのかわからないままにマットに沈められていく対戦相手の数々。1990年に王座から陥落し、レイプ事件を引き起こして3年間の服役生活を送ることになるが、服役後の1996年に再び王座に返り咲く。しかし、その天下もそう長くは続かなかった。ウィキペディアにもあるように、「タイソンは1997年にホリフィールドと再戦することになったが、ホリフィールドの耳に噛み付いて失格負けを喫することになった」。

タイソンにとって一番手強い敵は自分自身だった。そう言えるのかもしれない。劇的な勝利を続けているうちに危ない橋を渡る誘惑にますます駆り立てられるようになったという面もあったのかもしれない。

2003年にタイソンは自己破産を宣告するに至るが、その後は様々な商品の宣伝役を務めたり、「俳優」としても活躍している。

タイソンは(ニューヨーク州)ブルックリン生まれでこれまでに3度の結婚を経験しているが、この度の大統領選ではドナルド・トランプを支持する意向を表明している。二人の間には生まれ(同じニューヨーク州生まれ)や私生活面(同じく3度の結婚を経験)での類似点にとどまらずもっと密接なつながりもあるようだ。

タイソンが戦ったビッグマッチのいくつかはトランプが経営するカジノホテルでとり行われている。トランプは1988年のマイク・タイソン×マイケル・スピンクス戦のために1100万ドルという当時としては最高額の会場誘致代を支払ってもいる。タイソンがレイプ事件を起こして6年の懲役刑が言い渡された際には、タイソンは(刑務所に入らずに)このままボクシングを続けるべきだと擁護している。試合で稼いだファイトマネーを被害女性への慰謝料にあてるべきだというわけだ。その当時、トランプは経営難に苦しめられており、仮に自らの経営するカジノでタイソンの試合が組まれたらトランプとしても大いに助かったことだろうが、政府側から不適切な発言をしないようにとの忠告が入ったのだった。

トランプが「政治家版マイク・タイソン」になる確率は26%くらいはあるかもしれない。(タイソンのように)周りの誰もがアッと驚くようなかたちで自滅の道を進む。そうなる可能性もあるかもしれない。ところで、タイソンはトランプについてどう語っているだろうか?

「俺達二人は似た者同士だ」。タイソンはそう語る。「『力』が欲しい。『力』だ。どんな分野であろうと『力』が必要なんだ。『力』こそが俺達のアイデンティティーを形作っているんだ」。

そしてタイソンはこちらを迷わせにかかる。「俺達はエネルギーの塊なんだよ。本当の俺というのは頭の中にある『俺はこういう人間だ』というイメージとは別物なんだ。俺達は火だ。糞だ。水に糞に塵にダイヤモンドにエメラルド。俺達はそういうものからできてるんだよ。信じられるかい?」

トランプ自身の話によると、タイソン×ホリフィールド戦ではホリフィールドが勝つ方に100万ドルを賭けた(そして賭けに勝って大儲けした)そうだ。

トランプは(比喩を使わせてもらうと)一体『誰の耳』に噛み付くことになるのだろうか? 一体どんな『商品』をお薦めすることになるのだろうか?

KKK絡みの騒動1はトランプにとっても何のプラスにもならないと思うが、この騒動は「トランプ=タイソン」説の妥当性を高める要因の一つとして働くのではないかというのが私の意見だ。

20140116-miketyson-x624-1389911068

ミーガン・マクアードル(Megan McArdle)も関連する指摘を行っているのであわせて参照されたい。今回のエントリーはダニエル・クライン(Daniel Klein)との会話を通じて思い付かれたものだ。クラインに感謝。

  1. 訳注;おそらくは次の出来事を指しているものと思われる。 ●“KKK元幹部が「支持」表明 トランプ氏の対応に非難集中”(CNN.co.jp, 2016年2月29日) []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください