経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「ポートランドの商人? ~タトゥーの著作権侵害で提訴~」(2005年2月17日)

●Tyler Cowen, “The Merchant of Portland?” (Marginal Revolution, February 17, 2005)


(オレゴン州にある)ポートランド在住のアーティストが(全米男子プロバスケットボールリーグである)NBAのデトロイト・ピストンズでフォワードを務めるラシード・ウォーレス(Rasheed Wallace)を相手に訴訟を起こした。提訴したのはウォーレスの右腕に「エジプト風のタトゥー」を彫った人物(提訴理由は著作権侵害)。NIKE(ナイキ)のバスケットシューズのCM(テレビコマーシャル)でウォーレスの右腕にある「作品」を映すのをやめてほしいとのこと。CMの放映中止と損害賠償の支払いを求めているが、(著作権を侵害したとの理由で)「肉1ポンド」(違約金)が支払われればそれで納得するとのことだ。

記事の全文はこちら1。ウォーレスの右腕に彫られたタトゥーの画像集はこちら

  1. 訳注;リンク切れ。代わりに例えばこちらの記事(英語)を参照されたい。 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください