経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「主権(あるいは国家)という不合理な――しかし必要な――観念の共有」(2011年1月26日)

●Tyler Cowen, “Why do we care so much about sovereignty?”(Marginal Revolution, January 26, 2011)1


本ブログの熱心な読者の一人であるIVVから次のような質問を頂戴した。

ソブリン債やデフォルト、EUが抱える様々な問題、リバタリアンの口から発せられる不平不満の数々、加速するグローバリゼーション等々についての議論を目にするたびにどうしても知りたくてたまらないことがあります。

どうして私たちは主権というものにこんなにもひたすら頓着しているのでしょうか?

土地に線を引いてこっち側とあっち側を区別するのにこんなにも懸命になっているのはなぜでしょうか? 線のこっち側に住む人間と線のあっち側に住む人間とで属する管轄権を区別しようとするのはなぜでしょうか? いずれかの管轄権に属して生活するというのは一体どういう意味なのでしょうか? こういった一連の決定から市井の一般人を締め出しておかねばならない理由は何なのでしょうか? こういったことに一体どれだけの経済的な価値があるのでしょうか?

我々には公共財の供給を請け負う政治単位が必要であり、そのために大勢の人々に自分がどれだけ所得を稼いでいるかを報告してもらった上で税金の支払いに応じてもらう必要がある。そして時にはその政治単位のために戦い、自らの命を捨てても構わないと思ってもらう必要がある。そのためには主権だとか国家だかという観念をいささか不合理的ではあっても大勢の人々に共同で信じ込んでもらう必要があるわけだ(この点についてはベネディクト・アンダーソン(Benedict Anderson)の『Imagined Communities』(邦訳『想像の共同体』)を一読されたい)。現状の国境の線引きはおそらく理想的とは言えないだろうが(個人的には現状よりも政治単位(国家)の規模を縮小した方が好ましいのではないかと考えている)、OECD(経済協力開発機構)加盟国に話を限ると現状の国家の枠内でかなりうまくやっていると言えるだろう。現状よりも望ましい枠組みに移行するためにはどうしたらいいかとなると個人的にはいい案は何も持ち合わせていないが、EUのような包括的な枠内であればもしかしたら何か打つ手はあるかもしれない。

おそらくすべては進化的なプログラミング(進化の過程で我々人間の内部に埋め込まれたプログラム)によって支えられているのだろう。我々の遠い祖先は生き残りを図るために小さな集団を形作って協力する必要があったが、その名残か我々は現在でも小さな集団に愛着を持ち続けている。政治の世界で活躍する政治起業家たち(political entrepreneurs)は小さな集団に対する我々の愛着を踏み台にして狩猟採集民が形作る小さな集団よりもずっと規模の大きな政治単位に対する幻想的な愛着を育もうとあれこれと手を尽くしている。ラジオやテレビ、政治団体の地方組織といった手段を介して大きなものを小さく見せる(身近なものに感じさせる)というのはその一例だ。

国民国家という上部構造自体は揺るがさずに主権という枠をほんの少しだけ「スルリとすり抜ける」ような政策はいいアイデアである場合が多い。移民の受け入れはその一例だし、メディケアに投じている予算を100万ドルだけ削ってその100万ドルをハイチに対する援助にまわすというのもいい考えだろう――金額がもっと大きくなると政治的な実現可能性は遠のくことになるだろうが――。つまりは、莫大な見返りが期待できる至極単純なレシピが存在するわけだ。主権というものに対する人々の共同の信念を揺るがすことなく主権をほんのちょっぴり揺さぶればいいのだ。

さて、ブライアン・カプラン(Bryan Caplan)が「知らない人」(”the stranger”)と題されたエントリーの中で次のように語っている。

あなたはこれまでに「同胞」(”fellow citizens”)のうちで一体どれだけの割合の人々に実際に会ったことがあるだろうか? おそらくゼロ%に限りなく近いことだろう。同胞と呼ばれる人々の大多数は実のところあなたにとっては赤の他人に過ぎないのだ。自分の子供に「知らない人についていっちゃダメよ(知らない人の車に乗ってはダメよ)」と言い聞かせることがあるだろうが、「知らない人」の中にはたまたま同じ市民権を持つ人間も当然含まれていることだろう。現代の政府――そして政治哲学の大半――は多大の労力を費やしてそうではないふりを演じているに過ぎないのだ。

確かにカプランの言う通りではあるのだが、人々の間である程度の幻想が共有される必要があるという事実から彼は目を逸らしている――そのことにうっすらと気付いている素振りは感じられるが――。仮に国民の一人ひとりがこの国は「知らない人」の集まりに過ぎないと見なすようになったとしたら(一人ひとりを結び付ける)「社会の紐帯」(”the cement of society”)は一体どうなってしまうだろうか? 価格システムだけですべてがうまくいくわけではない。いや、価格システムそれ自体も円滑に機能するためには法的・文化的な基礎に支えられる必要がある。そしてそのような法的・文化的な基礎は人々がともに何かを信じ合うことではじめて形作られ維持されることだろう2。その「何か」に対する共同の信念の中にはその役割を着実に果たす政治単位への忠誠(あるいは愛着)――正真正銘のコスモポリタニズムの観点からするといささか不合理なまでの忠誠――も含まれるに違いない。

  1. 訳注;以下の内容に興味がある向きはアーノルド・クリングによる次の記事もあわせて参照されたい。 ●Arnold Kling, “Libertarians and Group Norms”(Library of Economics and Liberty, September 19, 2012) []
  2. 訳注;この後に”, and it can’t be just anything they believe in.”という文章が続くが意味がよくわからなかった。「人々がともに信じ合いさえすれば何を信じようと構わないというわけではない」という意味か? []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください