経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「保守とリベラルの政府に対する見方の違い ~『厳格な父親』と『慈しみのある母親』~」

●Tyler Cowen, “Why are people conservatives or liberals?”(Marginal Revolution, June 8, 2004)


常々思っていることなのだが、個々人の間での政治的な見解の違いは比較的少数の次元ないしは(比較的少数の)コアとなる価値判断の違いに還元できるのではないだろうか? そして個々人の価値判断は基本的なパーソナリティーに根差している場合が多いのではないだろうか?

このような私の直観に対していくらか肉付けをしてくれているのがジョージ・レイコフ(George Lakoff)だ。彼の主張を簡単にまとめると、保守派は「厳格な父親」(“Strict Father”)モデルの側に立ち、リベラル派は「慈しみのある母親」(“Nurturant Mother”)モデルの側に立つということになる。

レイコフは次のように指摘している。

私がこれまでに手掛けてきた研究を通じて明らかになってきたことは、「家族」と「モラル」こそが人々の世界に対する見方(世界観)の中核を成しているということだ。このことは保守とリベラルのどちらの側に関しても同様に言えることだ。・・・家族に根差したモラルには2種類の異なるタイプがあるが、そのような(家族に根差した)モラルを政治と結び付ける役割を果たしているのが国家を家族の比喩で捉える広く見られる発想であり、そこでは政府は親の比喩で理解されることになる。具体的に言うと、政府の果たすべき仕事は助けを必要としている人々に手を差し伸べることにあり、それゆえ政府の役割は社会福祉プログラムを推進することだと〔「政府」=「慈しみのある母親」と捉える〕リベラル派は考える一方で、政府の果たすべき仕事は国民一人一人が自制心を備えた自立した存在になれるように促すことにあると〔「政府」=「厳格な父親」と捉える〕保守派は考えることになる。

詳しくはこちらを参照してもらいたいが、もっと細かいところまで知りたい場合は彼の大変優れた著作である『Moral Politics』(邦訳 『比喩によるモラルと政治-米国における保守とリベラル』)を手にとってみればいいだろう。ところで、レイコフ自身はリベラルの側に肩入れしていることは一目瞭然だが、どうもリベラル派の人々は育児(しつけ)には適切なアプローチであってもそれが当てはまらないような(もう少し厳格でもう少し非人格的な(impersonal)アプローチで臨むのが適当な)規模の大きな(政治・経済の)分野にまで誤ってそのアプローチを持ち込んでしまいがちなのではないかというのが私の意見だ。

雑感:ある程度物事をわきまえた人ならレイコフの主張に対して少なくとも5つはまっとうな反論を思い付くことだろう。とは言え、このような困難な問題に対する理解を推し進める上でレイコフ以上に重要な貢献をした人物を私は知らない。雑感ついでに触れておくと、レイコフの主張に依拠することでリバタリアンがリベラル(左派)よりも保守(右派)に近い立場をとりがちな理由も説明できるのではないだろうか? 大半のリバタリアンにとっては「自己責任」(“Individual responsibility”)というアイデアが道徳上のコアとなる直観の位置を占めているが、まさにそれゆえにこそリバタリアンは〔「政府」=「厳格な父親」モデルの側に立つ〕保守派に近い立場をとりがちだ――両者の間には大きな違いがあることは確かだとしても――と言えるのではないだろうか?

ところで、一人一人が抱いている政治的な見解はその人のコアとなるパーソナリティーに根差しているということが仮に正しいとしよう。さらに、一人一人のパーソナリティーの大なる部分はその人が自ら選んだわけではないということが仮に正しいとしよう。つまりは、あなたのパーソナリティーは持って生まれたものか、幼少期における家庭でのしつけ(育児)を通じて形作られたものだとしよう。さて、以上のことをすべて受け入れた場合、あなたは現在肩入れしている政治的な見解に対してどれだけ自信を持てるだろうか? それほど自信を持てなくなるのではないだろうか? というのも、あなたが(保守であれリベラルであれ)いずれの政治的な見解を正しいと思うかは単なる遺伝上の偶然なのかもしれないのだから。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください