経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「変わりゆく車道の慣習」

●Tyler Cowen, “Switching conventions”(Marginal Revolution, March 5, 2004)


有用な社会的慣習の話をする際に車道の例(「右側通行か? それとも左側通行か?」)を引くというのは経済学者のお決まりのやり口〔拙訳はこちら〕である。右側通行と左側通行のどちらが「均衡」として選ばれるかという問題は恣意的な面を備えている。というのは、みんなが同意しさえすれば右側でも左側でもどっちでも構わないからである。

ところで、つい最近知って驚いたのだが、車道に関する慣習が世界各地で次第に似通ってきているようだ1。以下に具体的な例を挙げよう。

1. 現在のところ左側通行の慣習に従っているのは面積で測ると世界全体の17%、人口で測ると世界全体の32%に過ぎない。具体的には、インド、インドネシア、パキスタン、日本、バングラデシュなどが左側通行の国である。

2. カナダは現在右側通行だが、元からそうだったのはケベック州とオンタリオ州だけである。ブリティッシュ・コロンビアをはじめとするその他の州は(旧宗主国であるイギリスに倣って)元々左側通行だったのである。カナダ国内で右側通行に変更する動きが盛んになり始めたのは1920年代に入ってからのことである。ニューファンドランド・ラブラドール州はその動きにだいぶ遅れをとり、カナダに併合される直前の1947年になってようやく右側通行に変更されたのであった。

3. 旅行ガイドブックであるベデカー(Baedeker Guide)の1903年版には次のような解説がある。「イタリアでは地域ごとに交通ルールが異なります。ローマ近辺における交通ルールはイングランドと同じです。前方から対向車が来た場合は左側に寄り、前の車を追い抜く場合は相手の車の右側を通るようにしましょう。しかしながら、ローマ以外の大半の地域ではこれとは逆になります。」

4. オーストリアでは1938年のアンシュルス(ナチス・ドイツによるオーストリア併合)を機にそれまでの左側通行から右側通行に変更になった。チェコスロバキアとハンガリーも元々は左側通行だったが、同じくヒトラーの手によって右側通行に変更されることになった。

5. フォークランド諸島は1982年にアルゼンチン(右側通行の国)によって占領された際に一時的に右側通行を採用した(現在は左側通行)。

6. ミャンマー(ビルマ)は旧宗主国であるイギリスに倣って左側通行を採用していたが、1970年に右側通行に変更した。その背後にはイギリスによる植民地時代の名残を払拭せんとする明確な意図があった。パナマでは1943年に右側通行に変更された。その主な理由はパン・アメリカン・ハイウェイ(南北アメリカ大陸を縦貫する高速道路)の開通にあった。

7. 比較的最近になって右側通行に変更された国を挙げると次のようになる(国名の後の数字は変更された年を表わしている)。中国、台湾、韓国(1946年)、ベリーズ(1961年)、エチオピア(1964年)、アイスランド(1968年)、ナイジェリア(1972年)、ガーナ(1974年)、南イエメン(1977年)。

8. 島国では右側通行に変更されるケースが少なく、仮に変更される場合もかなり遅れてそうなる傾向にある。

以上の例はクリス・マクマナス(Chris McManus)著 『Right Hand, Left Hand: The Origins of Asymmetry in Brains, Bodies, Atoms, and Cultures』(邦訳 『非対称の起源-偶然か、必然か』)に拠るものである。

どうやら慣習の変更は一般的に思われているよりも容易いものであり、よくあることのようだ。イングランドやニュージーランド、オーストラリア(といった左側通行の国々)を訪れるたびに体験するのだが、ロータリー(円形交差点)に進入した際に一体どの車に優先権があるのかわからずによくまごつくものだ。この件についてしっかりとした慣習が確立されるまでもうしばらく待つ必要があるようである2

  1. 訳注;右側通行に収斂する傾向にある []
  2. 訳注;これらの国々も早く右側通行に変更されないものか、という意味だと思われる。右側通行の国(アメリカ)での運転に慣れているコーエンにとっては左側通行に違和感を感じるのだろう。 []

Comments

  1. いつも翻訳楽しみにしてます。蛇足ながら、東アフリカ共同体(ケニア、ウガンダ、タンザニア、ルワンダ、ブルンジ)では旧英領があらゆる面で圧倒的に優勢なので、仮に域内で統一する場合には左側通行派の牙城となってくれそうです。

  2. 左側通行が続くかどうかが国内の権力バランスを測る指標になりそうですね。もしかしたら私もその中のいずれかの国を将来訪れる可能性もあるかもしれませんので、それまでは左側通行派に踏ん張って欲しいものです(そもそも日本国内でも車はあんまり運転しないんですけども)。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください