経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「日本のテレビ番組に見る『ただ乗り問題』 ~三銃士vs.50人の素人集団~」

●Tyler Cowen, “The free rider problem as illustrated by a Japanese fencing video”(Marginal Revolution, May 7, 2014)


ジェイソン・コッキー(Jason Kottke)が自らのブログで次のような話題を取り上げている。

日本のテレビ番組で少々風変わりなフェンシングの試合の模様が放送された。3名のプロ選手(「三銃士」)が50人の素人集団を相手に試合を行ったのである1

正直なところ、あれほど面白い展開になろうとは予想していなかった。素人集団が束になってかかり三銃士があっという間にやられてしまうか、試合が30秒では終わらずに長期戦になる場合には三銃士が素人を手際よく次々と始末していくかのどちらかになるだろうと決めてかかっていたのである。しかしながら、実際の試合展開は何とも興味深いものだった。

試合開始直後に50人の素人集団はやるべきことをやらなかった。自らの身は顧みずに一気に束になって三銃士に襲いかかり、即座に決着をつけてしまうべきところだったにもかかわらず、素人たちはそのような行動には打って出なかったのである。その代わり、どの素人もプロ選手と一対一で戦っているかのように振る舞ったのである。そのような中で三銃士は素人を一人一人着実に仕留めていくことになったわけだが、残された素人の数が少なくなるにつれて倒すのがますます容易になる・・・どころかその反対に三銃士は素人を退治するのにますます手を焼くようになっていく。集団の規模が小さくなる(残された人数が少なくなる)につれて素人たちは結束を強めるようになるとともに、「適者生存」の法則が働くことになったのである2。素人集団を相手に試合を続ける中で三銃士の動きは次第に鈍り、疲労の色は徐々に濃くなっていく。三銃士の中にはちょっとした過信もあったのかもしれない。そして試合は何ともショッキングな結末を迎えることになったのであった3

  1. 訳注;その動画はこちら []
  2. 訳注;「適者生存」の法則が働く=素人の中でも実力のある人物が残ることになった、ということ []
  3. 訳注;コーエンがブログのタイトルに「ただ乗り問題」という表現を用いている理由は次のところにあるものと思われる。50人の素人集団にとっての目的は三銃士を倒すことにあるわけだが、集団のメンバー一人一人には集団としての目的を達成する上で他のメンバーの努力に「ただ乗り」しようとするインセンティブがある。自分はできるだけ努力せずに(三銃士から討ち取られる危険は冒さずに)他のメンバーの努力にただ乗りして成果(三銃士を倒す)だけを手に入れたいと望む傾向があると考えられるわけである。そして他人の努力にただ乗りしようとするインセンティブは集団の規模(集団を構成するメンバーの数)が大きくなるほど強くなると予想されるわけだが、「三銃士vs.50人の素人集団」の試合もその予想通りの展開を見せているようである。ただ乗りのインセンティブと集団の規模との関係をはじめとして「ただ乗り問題」について詳しくは次の本を参照されたい。 ●マンサー・オルソン(著)/依田博(訳) 『集合行為論』 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください