経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「最も影響力のある経済学者は誰?」

●Tyler Cowen, “Who are the most influential economists?”(Marginal Revolution, December 31, 2014)


エコノミスト誌が掲げる「影響力のある経済学者ランキング」に対してあちこち怒りの声が上がっている。このランキングの妥当性についてああだこうだと口出しするつもりはないが、ここで一点だけ指摘させてもらいたいことがある。「この種のランキングを作成したければ誰某に意見を求めればいい」「一番信頼できるデータはこれだ」「推定を行う際には一般化モーメント法(Generalized Method of Moments)を使うべきだ」云々とありがたい忠告が方々から寄せられているわけだが、「タイラー・コーエンに尋ねよ」という単純極まりないアルゴリズムが最も優れた答えを弾き出してくれる場合が少なくないともっぱらの噂だ。というわけで、私が考える「ここ最近において最も影響力のある経済学者」をリストアップすると以下のようになるだろう(順不同)。

1. トマ・ピケティ(Thomas Piketty)

2. ポール・クルーグマン(Paul Krugman)

3. ジョセフ・スティグリッツ(Joseph Stiglitz)

4. ジェフリー・サックス(Jeffrey Sachs)

5. アマルティア・セン(Amartya Sen)

こんなところだろう。イエレン(FRB議長)やドラギ(ECB総裁)はセントラルバンカーとしてかなりの影響力を持っている――ポール・ボルカー(元FRB議長)がかつてそうだったように――ことは疑いないが、彼らを含めるとすれば(「経済学者」という括りではない)別カテゴリーの(おそらくはより重要な)ランキングを作成する必要があるだろう。

コメントをいくつか付け加えておこう。

a. 今年(2014年)だけを取り出してみた場合、ピケティのインパクトは絶大極まりないものであったと言えよう。しかしながら、もっと長いタイムスパンでみた場合には(今後も彼の研究に注目が寄せられ続けたとしても)ピケティのインパクトはもう少し控え目なものとなることだろう。

b. アメリカ国内で一番影響力のある経済学者はクルーグマンということになるだろう。

c. スティグリッツやサックス、センはアメリカにおいてよりもその他の国や地域においてのほうが影響力があると言えるだろう。

d. 経済学者やインテリ層に対して強い影響を持つ人物としてローレンス・サマーズ(Lawrence Summers)の名前を挙げることができるが、彼を(上記のリストに)6人目として加えてもいいかもしれない。その他にダニ・ロドリック(Dani Rodrik)も追加できるかもしれない――あるいは「スクーク」(skuk)に詳しいイスラム教圏出身の主導的な理論家として位置付けるという手もある――。しかしながら、サマーズは世間一般の人々に対してはそれほど影響力はなく、そういう意味では(世間一般の人々に対して強い影響を持つ)スティグリッツと対極に位置していると言えるだろう。

e. 上記のリストの中で右派ないしは中道右派の立場に立つ経済学者は一人もいない。この点についてはエコン・ジャーナル・ウォッチが昨年開催したシンポジウム(「今の時代に『第2のミルトン・フリードマン』(フリードマンの再来)が生まれそうにないのはどうしてか?」)での議論が関わってくることだろう。上記のリストで掲げられている5人の中で最も保守的なのは(政治的なイデオロギーの面で一番右に位置するのは)おそらくクルーグマンということになるだろう。

f. 行動経済学は分野全体としてみた場合にはかなり強い影響を持っているが、「この分野で一番影響力のある人物はこの人」と言えるような人物は残念ながら見当たらない。行動経済学の研究者の中で世界全体に対して強い影響を持つ人物を探すと、現状ではその筆頭は(厳密には経済学者とは言えないが)キャス・サンスティーン(Cass Sunstein)とリチャード・セイラー(Richard Thaler)ということになるだろうか。そしてその後にダニエル・カーネマン(Daniel Kahneman)が続くといったところだろうか。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください