経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「紙幣の中から橋を出してみせよう」(2014年12月18日)/ アレックス・タバロック 「紙幣の中から姿を消した『彼』」(2008年7月7日)

●Tyler Cowen, “The culture that is Dutch”(Marginal Revolution, December 18, 2014)


笑いすぎてお腹が痛いとはこのことだ。

全部で7種類あるユーロ紙幣にはそれぞれに異なる建築様式――ルネサンス様式やバロック様式といったヨーロッパを代表する建築様式――の橋が描かれているが、いずれも抽象例であり架空の橋だ。実在する橋ではなく架空の橋が描かれている理由はEUに加盟するいずれかの国に存在する橋を描いてしまうと他の加盟国からやっかみの声があがる可能性があったためである。「欧州中央銀行は実在する橋を紙幣の図柄に使いたくなかったようですが、紙幣の中から橋を引っ張り出してきて実在の橋にしちゃえば(実際に作ってしまえば)どうだろう? 面白いんじゃなかろうか? そう思ったんです」。(橋の設計を請け負った)ロビン・スタム(Robin Stam)氏は本紙の取材に対してそのように答えた。

記事の全文はこちら。ちなみに、見出しは「ユーロ紙幣に描かれている架空の橋がオランダにて建設される運びに」となっている。ユーロ圏を立ち行かせるための大まかでいわく言い難いメタファーにでもなるんじゃないかね。

情報を寄せてくれたJoel Cazaresに感謝。

——————————————————————————————————-

● Alex Tabarrok, “Evidence of Absence”(Marginal Revolution, July 7, 2008)


この度中国で(北京オリンピックの開催を記念して)額面が10元の記念紙幣が発行されることになった(Metafilter経由で知った情報)。何かが足りないのだがおわかりになるだろうか?1 裏返してもやはり「彼」はいない(描かれていない)らしいよ。

  1. 訳注:答えは毛沢東の肖像画。中国の紙幣は1元札、5元札、10元札、20元札、50元札、100元札の計6種類あるが、すべてに毛沢東の肖像が描かれている。 []

コメントを残す