経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「花の数は愛の深さを示す尺度?」(2015年2月13日)/ アレックス・タバロック 「一経済学者が愛する妻に贈ったバレンタインデーのプレゼント」(2008年2月14日)

●Tyler Cowen, “How much should you spend on Valentine’s Day flowers?”(Marginal Revolution, February 13, 2015)


すべては相手を思いやっていることを目に見えるかたちで伝えるため。

「毎年のように、記録が塗り替えられるんです」。そう語るのは、(ニューヨーク市の)フラットアイアン地区で、フラワーショップの「ベル・フルール」を経営するメレディス・ワガ・ペレス氏。バレンタインデーに花を買い求めにくるお客の中には、5000ドル(およそ53万円)もの大枚をはたくのも厭わない強者もいるという。

昨年のことだ。アレクス・デグチャレフ氏は、付き合って3年と少しになる彼女(ルル)に結婚のプロポーズをするために、フラットアイアン地区にある「オーデ・ア・ラ・ローズ」にバラの配送を注文した。デグチャレフがそのために支払った金額は、6000ドル(およそ64万円)。

「1114本のバラを手に入れたかったんです」とデグチャレフ氏。(ニューヨーク市の)ベイ・リッジ暮らしの33歳。「僕たちが付き合ってからの日数と同じ数なんです」。

友人にも手伝ってもらって、モンタークの岬一面に1000本を超えるバラをばら撒き、その場で彼女にプロポーズしたという。

リンク先では他にも、バレンタインデー絡みの逸話が色々と紹介されているが、全体的な印象としては逆効果になりかねないんじゃないかと思われるところだが、どうだろうか? カウンター・シグナリングの支持者1じゃなくても、あるいは革命的非モテ同盟の一員じゃなくても、私と同意見なんじゃなかろうか。

情報を寄せてくれたDに感謝。

——————————————————————————————————-

●Alex Tabarrok, “What an Economist gets his Wife for Valentines”(Marginal Revolution, February 14, 2008)


「こんな品2をプレゼントしても平気でいられるのは、君のことを心の底から本当に愛している人間だけなんだよ」。いくらそう説明しても、妻はこちらが期待したほどには心を動かされてはいないように見受けられたものだ。

私に倣いたいようなら(それだけの覚悟をお持ちのようなら)、こちら3で適当な品物を見繕うことができる。

  1. 訳注;「カウンター・シグナリング」については本サイトで訳出されている次の記事を参照されたい。 ●タイラー・コーエン 「パジャマを着て交渉、スーツ姿でブログ書き」/「カウンター・シグナリング」(2017年12月9日) []
  2. 訳注;「あでやかなダイヤモンドのネックレス」(stunning diamond necklace)というタグが付いているだけのネックレス []
  3. 訳注;リンク切れ。代わりに、例えばこちらを参照されたい。 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください