経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「貨幣を介した間接交換と肥満気味の象」

●Tyler Cowen, “Elephants engage in Mengerian indirect exchange”(Marginal Revolution, December 18, 2012)


インドのポンディシェリにある寺院ではお金と交換に象があなたを祝福してくれる。お金をいくらか支払えばその見返りとして象が長い鼻であなた(寺院を訪れた参拝客)の頭をトンと軽く叩いてくれるのだ。

寺院で飼われているこの象は同時にメンガー(Carl Menger)の教えに忠実な象でもある。もちろん象にとってお金それ自体は無価値な代物である。しかしながら、象はわかっているのだ。お金というのは誰もが受け取ってくれる交換手段だ1ということを。あなた2から受け取ったお金を住職に手渡し、その見返りとして食事を用意してもらう。象はそのようにして食事にありついているのだ。

象は取引を行っているだけではない。貨幣を介した間接交換3に従事しているのであり、そういう意味で貨幣経済学(金融論)の検証に日々取り組んでもいるのだ。

以下の写真では貨幣を介した間接交換を禁止する張り紙が写っているが、どうやら象は張り紙の存在に気付いていないようである。

elephant-e1355717606536

この話にはまだ続きがある。タミル・ナードゥ州にある多くの寺院では象が健康上の問題に悩まされているという。寺院で暮らす象たちは貨幣を介した間接交換のおかげもあってかなり裕福な生活を謳歌しているだけではなく、野生の象に比べると体を動かす機会も少なくて運動不足になりがちだ4。その結果として寺院で暮らす象たちは栄養失調・・・ではなく肥満に悩まされているというのだ。

  1. 訳注;それゆえお金があれば(お金を支払うことと引き換えに)自分の欲しいものを容易に手に入れることができる []
  2. 訳注;象にその長い鼻で頭を軽く叩いてもらった参拝客 []
  3. 訳注;参拝客を祝福する(参拝客の頭を鼻で軽く叩く)見返りにお金を手に入れ、そのお金を住職に支払うことで食べ物を手に入れる。一方で物々交換(直接交換)の場合は住職の頭(おそらくは坊主頭)を鼻で軽く叩くことと引き換えに食料を手に入れるということになるが、この取引が成り立つためには住職が象に祝福してもらいたがっている(象による祝福を欲している)必要がある(いわゆる「欲望の二重の一致」が成立している必要がある)。 []
  4. 訳注;原文は”[temple elephants have] been able to consume so much leisure”(寺院で暮らす象たちは余暇にかなり多くの時間を割くことが可能となっている)となっているが、リンクが貼られている記事の内容に即して本文中のように訳した。 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください