経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「雨や雪が降るほど路上の安全性は高まる?」(2003年11月6日)

●Tyler Cowen, “Can more rain make the road safer?”(Marginal Revolution, November 6, 2003)


スクープが舞い込んできた。

全米48州で発生した100万件を超える交通死亡事故のデータを分析したところ、驚くべき事実が見出されたという。カリフォルニア大学バークレー校公衆衛生大学院研究科の博士研究員であるダニエル・アイゼンバーグ(Daniel Eisenberg)の調査結果によると、月ごとの降水量や降雪量が多いほど、その月の交通死亡事故の発生件数は少なくなる傾向にあることがわかったというのだ。具体的には、月ごとの降水量が10センチだけ増えると、交通死亡事故件数は3.7%だけ減少する傾向にあるというのだ。

アイゼンバーグは次のように語る。「データを詳しく分析する前は、降水量と交通死亡事故件数との間には正の相関が確認される1だろうと予想していたんですが、両者の間にはもっと複雑な関係が潜んでいることがわかったんです」。

アイゼンバーグの調査によると、降雨日当日に交通死亡事故が発生するリスクは、その日以前に雨が降らずにいる期間が長いほど、高くなるという結果も判明している。連日のように雨や雪が降っているようだと、降雨日当日に交通死亡事故が発生するリスクは低下するというのだ2

言い換えると、こういうことだ。(雨や雪が降ったために)危険な路上を運転せねばならない経験をしたばかりだと、人は(そうでない場合よりも)一層慎重に運転するようになる。しかし、人間というのは、弱くて愚かな存在だ。過去に味わった危険な体験など、あっという間に忘れ去ってしまうのだ3

雨が降らずにいる期間が長引くほど、降雨日当日に交通死亡事故が発生するリスクが高くなる理由について、アイゼンバーグは別の説明も与えている。

「雨が降らずにいると、路上にオイルが溜まったり、車の破片が飛び散ったままになります。そんな状況で久しぶりに雨が降ると、道路は滑りやすくなってしまうでしょう」。4

次のような興味深い結果も見出されている。

全般的な傾向として、降雨(や降雪)は、交通死亡事故よりも、それ以外の(死亡事故にはつながらない)交通事故に対して、一層大きなインパクトを持っているという。

アイゼンバーグは語る。「1日あたりの降水量が1センチだけ増えるのに伴って、その日に交通死亡事故が発生するリスクは平均して1%程度上昇することになりますが、それ以外の交通事故が発生するリスクは11%程度上昇することになります」。

つまりどういうことかというと、雨や雪が降った日には、死を伴う交通事故以上に、死には至らない人身事故だったり、軽度の衝突事故だったりが増えるということだ。

アイゼンバーグはこう語っている。「天候が悪いと、車のスピードが落とされるとは言え、減速が不十分で、あらゆる事故を回避するまでには至らない、ということなのかもしれません。しかし、平均的に見ると、ドライバーたちは、事故の深刻度を抑えようとしているとは少なくとも言えそうです」。

言い換えると、あなたの命を奪う恐れがあるのは、雨ではないということだ。お酒に、愚かさ、不運、そして、運転が下手なドライバーこそが、あなたの命を脅かしているのだ。

  1. 訳注;降水量が多いほど、交通死亡事故件数も多い []
  2. 訳注;記事では、この点についてもう少し詳しく説明されている。該当箇所を以下に訳しておこう。「アイゼンバーグは次のように語る。『降雨(や降雪)がその日の交通死亡事故発生リスクに及ぼす効果は、その日以前にどの程度雨や雪が降ったかに依存しています。例えば、今日、1センチだけ雨が降ったとしましょう。前日も雨だったとしたら、今日中に交通死亡事故が発生するリスクはどうなるかというと、高まることはありません。しかし、前回雨が降ったのが2日前だと、今日中に交通死亡事故が発生するリスクは3.7%だけ上昇することになります。前回雨が降ったのが21日前だと、今日中に交通死亡事故が発生するリスクは9.2%だけ上昇することになります。2日前に雨が降った場合よりも、リスクは2.5倍近くも高くなることになります』」。 []
  3. 訳注;雨が降らずにいる期間が長引くと、危険な体験(雨の中での運転)の記憶も薄れていき、それに応じて運転も慎重ではなくなる、という意味。 []
  4. 訳注;記事では、さらに次のようなコメントが続いている。「しかし、雨が2日続けて降ると、オイルにしても、車の破片にしても、路上から洗い流されることになります。その結果、路上の危険性は低下することになるでしょう」。 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください