経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ノア・スミス 「『国家としての一体感』って必要?」(2014年7月24日)

●Noah Smith, “National unity sure is helpful”(Noahpinion, July 24, 2014)


immigration

(今回のエントリーはBloomberg Viewに寄稿した記事を転載したものである)

パット・ブキャナン(Pat Buchanan)が口を開くたびに鼻であしらわれるのがお決まりのようになっている昨今だが、彼がWorldNetDailyに寄稿しているコラムでは侮りがたい重要なポイントが突かれている。簡単に言うと、アメリカは少々のナショナリズムを必要としているというのだ。「ナショナリズム」といっても排他的な愛国心や好戦的な軍国主義を意味したいわけじゃない。国家としての一体感(national unity)が必要だという意味である。たまたま同じ地理的な空間の中で生活しているだけで互いに何の関わりもない他人が集まっているに過ぎない。そう考えるんじゃなくて、一つのまとまった国民として自分たちのことを考えるべきだというわけだ。ブキャナン自身の言葉を以下に引用しておこう。

アメリカは今後も一つの国家のままであり続けられるのだろうか? それともバルカン化の途上にあって民族ごとに別々の飛び地に住まう内部分裂の状態に向かいつつあるのだろうか?

・・・(中略)・・・

1789年当時のアメリカは移民国家ではなかった。移民がこの地にやってきたのはその後の話だ。アイルランド人が飢饉の苦しみから逃れるためにこの地にやってきたのは1845年から1849年にかけてのことであり、ドイツ人がこの地に足を踏み入れたのは1890年から1920年にかけてのことだ。それに続けてやってきたのがイタリア人やポーランド人、ユダヤ人、そしてその他の東欧諸国の人々だ。・・・(略)・・・1925年から1965年までの間に移民の子供や孫たちはこの国に同化されアメリカ化されていった。移民の子供や孫たちは厳格な公立学校でこの国の言語やこの国を代表する文学、この国が辿ってきた歴史を教えられ、他の生徒とともにこの国の休日やこの国の英雄を祝福したのであった。大恐慌をともに耐え抜き、第二次世界大戦と冷戦を自らの命を賭けてともに戦い抜いたのであった。

我々は1960年までの間に一つの国家であり一つの国民であると言えるところまで辿り着いた。それは疑いがない。しかし、我々は最早「固い絆で結ばれた兄弟」(“band of brethren”)1などではない。今や我々は「同じ祖先の血筋を受け継ぎ、同じ言語を話し、同じ宗教を信仰する」2一つのまとまった国民ではないのだ。

我々の出自はありとあらゆる大陸、ありとあらゆる国に及んでいる。アメリカ国民10人のうち大体4人はそのルーツを遡るとアジアやアフリカ、ラテンアメリカに行き着く。世界では無数の国家が民族や宗教、出自の違いを原因として四分五裂を繰り返している最中だ。そんな中、我々は多民族社会であり多言語社会であり多文化社会でありという状態を続けているのだ。

我々は最早同じ言語を話さないし、同じ神を崇拝してもいない。尊敬する英雄も違えば休日も違う。クリスマスやイースターも「民営化」されてしまい、国を挙げての一大行事とは言えなくなった。コロンブスは悪罵を投げつけられる対象となり、ストーンウォール・ジャクソン将軍ロバート・リー将軍はパンテオンの外に追い出される3始末。その代わりにパンテオン入りしたのがセザール・チャベスときている。

・・・(中略)・・・

国家とは明確に線引きされた守りの堅い国境に囲まれた土地からなっており、祖先や歴史、言語、信仰、文化、伝統を同じくする人々がその内側でともに生活する場所だと定義するとすれば、現在の我々は一体どういう意味で一つの国家であり一つの国民であると言えるのだろうか?

アメリカ人の間で国家(あるいは国民)としての一体感が失われつつあるのではないかというブキャナンの懸念それ自体はもっともなものだと言えるだろう。ウィリアム・イースタリー(William Easterly)&レザ・バキアー(Reza Baqir)&アルベルト・アレシナ(Alberto Alesina)が1999年に著した有名な共著論文(pdf)によると、多様な民族を抱えていて民族間の分裂が大きい(アメリカ内部の)地域ほどその地の当局による公共財の供給――インフラ整備や公衆衛生といった公共機関が最も得意とするはずの分野の公共財の供給――の実態は思わしくない(公共財の供給に費やされる金額が支出全体に占める割合が少ない)との結果が見出されている。この結果はその後の数多くの研究(pdf)でも裏付けられている。どうしてそういう結果になるのかについては学者の間で依然として意見が分かれているものの、同じ国に住む人々が自分たちのことを「一つの国民」と見なさないような場合にはその国の政府の機能は低下することになるという点は確かなようだ。

アメリカはその問題に苦しめられている真っ最中なのかもしれない。1970年代以降から現在に至るまで共和党の一派は民族間の対立を梃子として政府支出の削減に対する支持を取り付けようとあれこれ手を尽くしてきている。特に民族間の緊張の度合いが高い南部が標的となっている。政府支出の恩恵は黒人やヒスパニック系だけにしか行き渡っていないという共和党一派の(眉唾物の)説得に中流層以下の多くの白人たちはコロッと騙されてしまったようだ。どうして「騙された」と言えるかというと、政府支出が削減される場合はメディケアのような移転支出が削られることは滅多になく、(インフラ整備科学研究の助成といった)その恩恵が数多くの国民に薄く広く及ぶ分野の予算が削られる場合がほとんどだからだ。

移民の流入は問題の悪化に手を貸してきただろうか? それはありうる話だ。しかしながら、ブキャナンは話をかなり誇張しているように思える。ヒスパニック系移民の流入が続いたために南西部がスペイン語圏に様変わりするようなことがあれば――アメリカ版ケベック州の誕生という話になるようであれば――、警戒する必要もあるいはあるかもしれない。しかし、今のところそんなことにはなっていない。それにヒスパニック系の移民たちはブキャナンが触れているかつての移民たちよりもずっと速いペースで英語をマスターしてさえいるのだ。それだけではない。ヒスパニック系の移民の学業成績は著しい向上を続けており、異なる民族グループとの日常的な付き合いも急速な勢いで増えている。ヒスパニック系とその他の民族の男女間での(民族(人種)の枠を超えた)結婚がアメリカ全体の新婚世帯に占める割合はかなり高くなってもいる。最近になってアメリカへの移民の数はヒスパニック系を抜いてアジア系が最多に躍り出ることになったが、ヒスパニック系移民についてこれまでに指摘してきた話はいずれもアジア系移民にももっと顕著なかたちで当てはまるのだ。

というわけで、言語や教育、結婚といった方面については何の心配もいらないと言えるだろう。文化や歴史(歴史教育)といった方面についてはどうだろうか? 政治的な右派の間では今でも反移民感情が根強く残っているが、この話題になると1800年代にドイツ系移民とアイルランド系移民の排斥を訴えた「ノウ・ナッシング」運動〔ウィキペディア日本語版のページはこちら〕のことを思い出さずにはいられない。保守派にシンパシーを抱く下流層は新来の移民を同胞として受け入れるのを拒み続けるつもりなのだろうか?

大挙してやってきた移民たちの同化が可能となったのは公立学校での画一的な(あるいは内容が統一された)歴史教育と並んで大恐慌や世界大戦のおかげだとブキャナンは示唆している。う~んと、どうしよう。(うまくいけばと言うべきか)あと少しで大恐慌が再来しかけたのだが、それに似た事態からそろそろ抜け出しつつあるようだ。次に歴史教育の話。カリキュラムの内容は昔に比べると変わったが、州ごとのカリキュラムの違いは昔に比べて大きくなっているようには見えない――APテストに代表される全米統一試験の影響で(州ごとのカリキュラムの違いは昔に比べて)むしろ小さくなっているかもしれない――。ついでにストーンウォール・ジャクソン将軍やロバート・リー将軍の代わりにといってはなんだが、たぶん彼らはこの国の「パンテオン」から追い出されようとしていると聞いても特に気にしないだろう。だって彼らはこの国からの分離独立を勝ち取るために一生懸命戦ったんだから。

そうそう、世界大戦についても触れねばならない。う~んと、どうしようか。国家としての一体感を高める上で戦争なんて必要ない。そうなってくれることをただただ祈ることにしよう。

まとめることにしよう。移民たちはアメリカにうまく溶け込んでいるように見える。ブキャナンが心に抱く「国家としての一体感を高めねばならない」という理想に対する主たる脅威となっているのは政治的な右派の中にいる排外主義者たちのようだ。ヒスパニック系移民を自分と同じアメリカ国民として受け入れたがらない彼ら排外主義者の頑なな態度こそがブキャナンの理想に対する脅威となっているのだ。保守派陣営の中の(ロナルド・レーガンやジョージ・W・ブッシュ、マルコ・ルビオに代表される)移民推進派が仲間の説得に成功することをただただ祈ることにしよう。

  1. 訳注;『ザ・フェデラリスト』の第2編(No. 2)でジョン・ジェイ(John Jay)が用いている表現 []
  2. 訳注;訳注1と同じく『ザ・フェデラリスト』の第2編(No. 2)でジョン・ジェイが用いている表現 []
  3. 訳注;パンテオンで祀られる(パンテオン入りする)=国の英雄として讃えられる、という意味だと思われる。そうだとすると、「パンテオンの外に追い出される」=国の英雄と見なされなくなる、という意味になるだろう。 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください