経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ブラッド・デロング 「花の運び人」(2005年5月28日)

●Brad DeLong, “The Flower Carrier”(Grasping Reality with at Least Three Hands, May 28, 2005)


サンフランシスコ近代美術館(SFMOMA)にてディエゴ・リベラ(Diego Rivera)作の “The Flower Carrier”(『花の運び人』)を鑑賞。

ガイド役の職員(学芸員)曰く、「この作品を理解するためには共産主義者――あるいは少なくとも経済学者――のようなものの見方をする必要があります」とのこと。

仰せの通りだ。次の点をおさえておくべし。

  1. 花の運び人にとって一体何が重荷なのかというと、背中に担いでいる花がぎっしり詰まった大きなカゴ・・・ではない。現代資本主義体制下で非熟練労働者として生きること。そのことが骨が砕けんばかりの重荷となってずっしりとのしかかっているのだ。
  2. 花=心地よい贅沢の象徴という意味合いが込められているが、花の運び人は花には一切目もくれない。花には何の使用価値もなく交換価値しか備わっていない1。花の運び人にとっては花はそういう存在なのだ。

『花の運び人』はサンフランシスコ近代美術館に展示されている作品の中でも一番のお気に入りかもしれない。

いや、ウィリアム・ケントリッジ(William Kentridge)作の “Tide Table”(『潮見表』)も捨てがたい。すごくいい。すごくいいんだよ。

artblog: サンフランシスコ近代美術館の二階・・・(略)・・・に向かうために螺旋階段を上る。二階にたどり着くと永久コレクションの中にケントリッジ作の(アニメーション作品である)『潮見表』(2003年制作)を発見。・・・(略)・・・本作品では(ケントリッジの他の作品でも度々登場する)ソーホー・エクスタイン(Soho Eckstein)という名の白人の実業家――ケントリッジの分身――の暮らしと南アフリカに住む黒人の暮らしが交錯する。砂浜(ビーチ)で休暇を過ごすソーホー。すると突如として場面が転換。そこは病室だ。収容されているのはエイズで絶命寸前の大勢の患者。波が寄せては返す。満潮と干潮。満ち足りた人生と干からびた人生。・・・(略)・・・

  1. 訳注;眺めたり飾ったりして楽しむ対象ではなく生計の資を稼ぐための手段でしかない、という意味。 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください