経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ラジブ・カーン「家父長制の一万年」(2021年12月4日)

Ten Thousand Years Of Patriarchy
POSTED ON DECEMBER 4, 2021 BY RAZIB KHAN

アリス・エヴァンズは、家父長制の起源についての論考を「家父長制の一万年」という長い文章にまとめている。

家父長制は、少なくとも一万年前から存続している。穀物栽培、耕作、灌漑による農業生産量の増加は、ユーラシア大陸の大部分で、課税できるだけの生産余剰、国家形成、社会の階層化を可能とした。男性は土地と家畜を相続し、女性を囲うことで血統の純潔性を保つことになった。

その後、ユーラシア大陸は重要な分岐点を迎える。〔ユーラシア大陸の〕南アジアや中東では、宗教的権威主義が台頭し、同族結婚(カースト制やいとこ同士の結婚)が強化された。〔こうした社会では〕女性が可視化されればされるほど、疑心暗鬼が強まり、道徳が曖昧化するため、男性は〔女性による〕噂の蔓延を防ぎ、信仰・名誉・重要な親族間ネットワークへの内輪化を維持することになった。東アジアでは、異族結婚が進んだ。一方、ヨーロッパでは、核家族化が進み、民主化と科学が進歩した。しかしながら、〔どの地域でも〕女性は家族経営の農場で働いていため(女性は経済的自律性と独自の社会的組織化の双方を保有できず)、このような親族関係、制度、宗教における世界的な多様性は、女性に関しては大きな違いをもたらさなかったかもしれない。

私は、アリスとメールのやり取りをしていたメンバーの1人なので、論考の概要は知っていたが、これは非常に血湧き肉躍る研究であり、しかも現在進行中の研究だ。

関連記事
フェミニスト!=女性の生殖権を支持せよ
金曜日の乱気流 – 2010年9月17日
なぜ家父長制なのか?
農耕地の暖炉から出てみると
刀剣の時代
オープンスレッド 2018年11月26日


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください