経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ラルス・クリステンセン 「『君はデブだ!』 ~「マーケット」の冷酷な宣告~」

●Lars Christensen, “The Crowd: “Lars, you are fat!””(The Market Monetarist, November 18, 2013)


去る金曜日のことだ。ダンスケバンクグループで投資アドバイザーを務める40~50人くらいの同僚を前にして私は今まさにプレゼンテーション(テーマはグローバル経済。その中でもメインの話題は世界各国の金融政策)を行おうとしていた。

そろそろ始めようかなと思っていると誰かがこう口にした。「おやおや。今日は皆さんお静かなようで」。これは私に対する挑戦だと感じて即座に目の前にあるテーブルに飛び乗った。効果あり。一同の目はすっかり覚めたようだった。

そこですかさず目の前のみんなにこう問い掛けた。「僕の体重を予想してくれたまえ」。一同は渡された紙に銘々私の予想体重を書き込む。私のプレゼン中に手の空いている同僚に紙をすべて回収してもらい、みんなが予想した体重をすべて足し合わせてその総和を人数で割ってもらった。つまりは予想体重の平均値――「コンセンサス予想」――を求めてもらったわけだ。

どうして私の予測など当てにならないのか? プレゼンが始まるやそう切り出した。少なくとも私(というか個人)がマーケットに打ち勝つ(beat the market)ことができるなどと考えるべきではないのだ。先程のデモンストレーションの狙いもそのことを実証してみせることにあったのだ。群衆の叡智(wisdom of the crowds)――効率的市場仮説の姉妹版――を知らしめてやろうと思ったのだ。

定期的に体重を測っているわけではないので自分の体重がどのくらいか正確にはわからない。そこであれこれと推量を重ねて自分でも体重を予想してみた。そしてその結果を一同に伝えた。「僕の体重は服込みで81kgだと思う」。正確な体重はわからないものの、おそらく自分の体重は80kgあるか無いかのはずだ。今は服をたっぷりと着込んでいるからその分を加味する必要がある。加えて、つい最近妻に「ちょっと太ったんじゃない?」と揶揄されたばかりでもある。となると、そんなこんなで81kgくらいだろう。

「サーベイ」の結果はほぼ「正しい」数値を言い当てるものだと常日頃より信じて疑っていないわけだが、私の体重に関する「コンセンサス予想」の結果を一目見て正直言って少しばかり驚いた。「コンセンサス予想」によると私の体重は84.6kgだというのだ。

「マーケット」――群衆(「みんな」)――は「予測」が得意だ。それは確かだ。しかし、しかしだ。この「宣告」は・・・きっと間違いだ。84.6kg。85kg目前と言えばデブだ。僕はデブじゃない・・・はずだ。

仕事が終わって家に戻るとすぐさま体重計に乗ってみた。今回ばかりはさすがの効率的市場仮説もヘマをやったに違いないと信じて。しかし、体重計が告げた宣告は冷酷なものだった。84kg!

というわけで、「コンセンサス予想」(84.6kg)はわずか0.5キロ差での間違いであったに過ぎず、私が自ら予想した81kgという数字よりもずっと正確に私の体重を言い当てていたわけだ。僕はデブなだけじゃなく、僕自身の体重を予想する争いで「マーケット」に敗れもしたのだ。

ケーキが欲しくてたまらない

(追記)私の身長は183センチ(体重84kg)なのでBMI(ボディマス指数、肥満度)は25.08ということになる。数値的には(あくまでもほんのちょっぴり)肥満だ(BMIが25以上だと肥満)。

(追々記)過去にも似たような実験を行ったことがある。詳しくはこちらを参照あれ。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください