経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ラルス・クリステンセン 「政策当局者を蝕む二つの害毒 ~『デフレマニア』と『清算主義フィーバー』~」

●Lars Christensen, “Our Monetary ills Laid to Puritanism”(The Market Monetarist, October 21, 2011)


ダグラス・アーウィン(Douglas Irwin)の心遣いにまたお世話になることになった。1931年11月1日付のニューヨーク・タイムズ紙に掲載されたとある記事を私の元へわざわざ送ってくれたのだ。この記事はスウェーデンの経済学者であり尊敬すべき貨幣理論の専門家であるグスタフ・カッセル(Gustav Cassel)の金融政策観が知れる大変興味深いものだが、それに加えて金融政策当局者の思考を蝕む大いなる害毒――カッセルはそれを「ピューリタニズム」と呼んでいる――についても話題となっている。「カルヴァン主義経済学」に関するエントリー〔拙訳はこちら〕を執筆していた際にはこの記事のことは当然知らなかったのだが、どうやら私はカッセルと随分似た考えに辿り着いていたようだ。

ちなみにこの記事はスウェーデンで発行されている保守系の日刊新聞スヴェンスカ・ダーグブラーデット紙(現在も刊行中)に掲載された記事に依拠して書かれているとのことだ。

1930年代初頭にアメリカで行き過ぎた金融引き締めが生じた理由としてカッセルは政策当局者の思考を蝕む2つの害毒の存在を挙げている。その2つの害毒とは「デフレマニア」(“deflation mania”)と「清算主義フィーバー」(“liquidation fever”)である。

記事ではカッセルの次のような言葉が引用されている。

「このような事態の成り行きの根底には心理学的な要因が控えているが、・・・そのような要因はアメリカ流のピューリタニズムと関わりがあることは疑いない。ピューリタニズムと関わりを持つそのような(心理学的な)要因は投機という悪魔的な所業に対して道徳的な懲罰を加えるためにありとあらゆる力を結集する働きをしている。『金融緩和は投機という悪魔的な所業に新たに息を吹き込む恐れがある』。デフレの危険性を警告する者たちはピューリタニズムの支援を受けたそのような恐れの前に立ち往生するしかなくなっているのだ。」

政策当局者がバブルやインフレを恐れる様は今でもよく見受けられるわけだが、それにしてもそのような政策当局者の姿がそっくりそのまま描き出されているようで何とも薄気味悪いではないか。もしもカッセルが現在も生きていたらECB(欧州中央銀行)に対してどのような言葉を投げ掛けただろうか?

おそらくこんなコメントをしたことだろう(再び記事より引用)。

「デフレは企業の相次ぐ倒産を引き起こし、多くの銀行を預金封鎖に追い込むことになるが、そのような事実は厳格なピューリタンにとっては大して気にするほどのことではない」。・・・「むしろその反対である。厳格なピューリタンにとってはそのような出来事1は投機に対する正当な罰を意味すると同時にいかがわしい企業(あるいは事業計画)の徹底的な清算(淘汰)を促すものであり、それゆえ肯定的に評価すべきことと見なされるのである。デフレを放っておくと次第にどの企業も資金を調達することが困難になっていき、健全な企業でさえも倒産に追い込まれてしまうことになるのだが、厳格なピューリタンはそのような事実に一瞥もくれないのだ。」

カッセルが現在も生きていて世のセントラルバンカーたちにアドバイスをしてくれたら何とありがたいことか。そしてカッセルのアドバイスを世のセントラルバンカーたちが素直に聞き入れてくれたら何とありがたいことか。しかしながら、世のセントラルバンカーがピューリタンであるようなら――私の表現を使うと、カルヴァン主義経済学の信奉者(「カルヴァン主義者」)であるようなら――、カッセルのアドバイスも右から左に聞き流されておしまいだろう。なぜならピューリタン(「カルヴァン主義者」)の望みは悪たる投機家たちを片っ端から罰するために破滅と痛みを用意することにあるのだから。

  1. 訳注;企業の相次ぐ倒産や銀行経営の不安定化 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください