経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ピーター・ターチン「アフガニスタンの国家崩壊と、ガニ大統領の『国造りの書』」(2021年8月15日)

State Collapse and Nation Building in Afghanistan
August 15, 2021 by Peter Turchin

 本日、アフガニスタン・イスラム共和国が崩壊した。アシュラフ・ガニ大統領以下、政権幹部は逃亡した。軍の一部は消え去り、一部はタリバンに鞍替えした。警官が持ち場から脱走したため、カブールでは略奪が行われているとの報がある。これは古典的な国家崩壊だが、空白がタリバンによってすぐ十分に埋められるのは明らかだ。報道によると、彼らは数日内にカブールの大統領宮殿で自分たちの国家を宣言する予定だという。

大統領宮殿、カブール 引用元:Wikimedia

 この事態にはいくつもの皮肉が含まれているが、私個人にとっては主にアシュラフ・ガニが国家崩壊と国造りを研究する学者としてキャリアを始めた点がそれに相当する。2008年、私はネイチャー誌で、ガニとクレア・ロックハートが書いた本『失敗国家の直し方』の書評を書いた。内容は決して優しいものではない。私のコメントの1つでは、著者たちについて以下のように記していた。

4つの事例――[第二次]大戦後の欧州、シンガポール、合衆国南部、アイルランド――は、荒廃と混沌、そして凝り固まった貧困に直面した国々でも、グローバルなコミュニティーの成功し安定したメンバーに変化できると証明している、というのが彼らの見解だ。だがシンガポールを除くと、これらは国家崩壊の事例ではない。1945年の欧州が荒廃していたのは国家間戦争によるものだ。アイルランドは経済的な奇跡を達成する前は貧しかったが、崩壊した国ではなかった。そして合衆国が弱いと考えたものは少数しかいなかっただろう。

 また彼らが国家崩壊に関する最新文献を知らない点も叩いた。特に彼らが(他の重要な理論的発展の中でも)構造‐人口動態理論について、明らかに全く聞いたことがなかった点を批判した。彼らはイブン・ハルドゥーンを読み、それに注意を払うべきだったのだ(この点は後に再度述べる)。

 そして彼らの具体的な提案なるものが、実は具体性を欠いていることも分かった。

ガニとロックハートは国造りの工程表を提案しているが、彼らの薄弱な分析は提案の信頼性を掘り崩している。彼らは、まず戦略を考案し、それから目的とゲームのルールを定め、リソースを動員し、重要な任務を割り振り、そして最後に戦略遂行の監視を含んだ「主権戦略」を提案している。この包括的なアプローチは具体的な政策を提案したものではない。例えばこの本はインドのアンドラ・プラデシュ州で戦略を策定するに際しては「汚職、国家資源の非効率な利用、短期的な計画と貧弱なインフラといった条件を冷静に読み取らざるを得なかった」と記している。「このように文脈を読んだ結果、参加者は変化を受け入れ、リーダーたちは明確な方向性を定められた」わけだ。しかしこのように安易に同意を求められると、なぜこの手法がもっと多くの場面で可能にならなかったのかと首をかしげたくなる。例えばレバノンのマロナイト派キリスト教徒、シーア派及びスンニ派イスラム教徒たちは、なぜ変化を受け入れる多くの与えられた機会に、和平を実現できなかったのだろうか。

 『失敗国家の直し方』は学術的な本としては失敗している、というのが私の書評の結論だ。そして今ガニは国家の元首として、彼が先頭に立っていた国家とともに、失敗に追い込まれた。

 公平のために言うと、ガニは極めて困難な、実のところ不可能な任務に挑んでいた。国造りについて私が知る全ての物事が、そのように示唆している。

 では国造りというものは実現不可能なのか? もちろん違う。さもなくば国などは存在しないだろう。だが国造りの成功例を見ると、それは常に国民及びエリートたち自身による自助の結果である(もしブログの読者が反対事例を提示するのであれば、聞いてみたい)。

 私だったらどうやってアフガニスタンで成功裏に国家を打ち立てられるだろうか? (この汚く危険な仕事を請け負うつもりではない。私には実務経験がないのだから)。書評の中で私はこの点について少しばかり述べた。例えばそこで言及した重要な要素の1つが、中国の例だ。

社会に与えられる外部からの圧力が、内部の団結と協力を高める。歴史はそう示唆している。例えば中国では、最初は19世紀に欧州列強から、そして第二次大戦中の日本による占領から受けた国民的屈辱が、戦後の再統一に際し重要な役割を演じた。

そうした歴史的な結果が政策に対して持つ意味合いは疑わしい。意図的に社会に過酷なストレスを与えるのは、とても無理だろう。

 ところがアフガニスタンはそうした外部からの、それも他ならぬ世界の覇権国からのストレスに晒されてきた。条件の1つは満たされているのだ。

 もう1つ、解く必要がある潜在的な問題は、エリート過剰生産だ。これまたタリバンは対応を進めている。報道によると、旧体制支持者のうち少数が処刑された。大半は逃げ出した。残りは降格され、タリバン幹部と交代させられるだろう。

 つまり合衆国は、20年近くにわたって取り組んだアフガニスタンの国造りを、およそ意図しないやり方で達成してしまったことになる。新たな[タリバン]政府のエリートたち、特にパキスタンから指示を受けるよりも戦場で戦ってきた若いエリートたちは、多くのアサビーヤ(グループの結束を示すイブン・ハルドゥーンの用語)を共有している。彼らはまた宗教(これもまた、イブン・ハルドゥーンと現代の社会科学によれば、もう1つの重要な要素だ)によって、絆を強めている。カルザイとガニが率いた旧体制は、腐敗と機能不全のため全く信用されていない。最後に、戦争疲れの要素を忘れてはならない。20年にわたる社会的政治的不安定性を経た後で、人々の圧倒的多数はただそれを終わらせることのみを望んでいる。たとえタリバンが課すであろう厳しいイスラム統治であってもだ。タリバンによる政権奪取がこれほど素早く大規模で、抵抗があまりに少なかったのも、その点から明確に説明できる。要するに私は、タリバンがアフガニスタンでの新たな国家建設に成功すると、全面的に予測しているのだ。望ましい国家ではないが、我々はそれと共存していくことになるだろう。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください