経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「これがハイパーインフレだ ~ベネズエラでトマトやトイレットペーパーを買うにはどれだけの札束が必要?~」(2018年8月20日)

●Alex Tabarrok, “Pictures of Hyperinflation”(Marginal Revolution, August 20, 2018)


ベネズエラでは今年(2018年)の7月にインフレ率が8万2700%に達したわけだが、ハイパーインフレの真っ只中にあるベネズエラでの商品のお値段が可視化されたお見事な写真をロイターが掲載している1

次は「代用」という言葉が頭をよぎる写真だ2

  1. 訳注;一枚目の写真に写っているのはトマト(1キログラム)と紙幣(ボリバル札)。トマトのお値段は1キログラムあたり500万ボリバルとのこと。 []
  2. 訳注;二枚目の写真に写っているのはトイレットペーパーと紙幣(ボリバル札)。トイレットペーパーのお値段は1ロールあたり260万ボリバルとのこと。トイレットペーパーの代わりにお札でお尻を拭けばいいんじゃないかという意味で「代用」という発言が出てきているものと思われる。 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください