経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「今年度(2018年度)のノーベル経済学賞を手にしたのはウィリアム・ノードハウスとポール・ローマーの二人」(2018年10月8日)

●Alex Tabarrok, “The Nobel Prize in Economics Goes to William Nordhaus and Paul Romer!”(Marginal Revolution, October 8, 2018)


申し分ないチョイスだ! ノードハウスは環境経済学の発展に貢献した功績を讃えて、そしてローマーは経済成長論の発展に貢献した功績を讃えての受賞となった。ローマーの業績についてはMRUniversityの教材用ビデオで解説済みだ。(内生的成長理論をはじめとした)経済成長の話題やチャーター都市構想1についてだけではなく、経済学の教育ツールの開発を手掛けた「起業家」としてのローマーの一面についても解説している。ビデオが制作されたのはMRUniversityが船出したばかりの頃で随分前のことになる。そのため、(ビデオを制作して以降にローマーの周辺で巻き起こった)あれやこれやの小ネタには触れられていない。とは言え、ローマー本人から「あのビデオは気に入っているよ」とのお言葉を頂戴している。というわけで、今年はノーベル経済学賞の解説エントリーを書く必要はなさそうだ。

だがしかし、コーエンは別だ(例年通り腕を振るってノーベル経済学賞の解説エントリーを書き上げている)。コーエンによるノードハウスの業績解説はこちら〔227thday氏による訳はこちら〕、ローマーの業績解説はこちら〔拙訳はこちら〕をご覧あれ。

  1. 訳注;ローマー本人がチャーター都市構想をテーマに語っているTEDトーク(日本語字幕付き)はこちら。 []

コメントを残す