経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「貿易、経済発展、遺伝的距離」(2013年10月7日)

●Alex Tabarrok, “Trade, Development and Genetic Distance”(Marginal Revolution, October 7, 2013)


貿易は経済発展を促す。・・・とは言っても、その主要な推進力となるのは、比較優位でもなければ、オーソドックスな「貿易の利益」でもないようだ。むしろ、アダム・スミスポール・ローマーが強調している要因、すなわち、「規模に関する収穫逓増」や「アイデアの伝播」が主要な推進力となっているようだ。貿易は、「規模に関する収穫逓増」を介してイノベーションや研究開発投資を刺激する一方で、海外の(国内では知られていない、新しい)アイデアに触れる機会を増やして新たなアイデアの受容を促す可能性があるのだ。

しかしながら、アイデアのやり取り(交換)は、財のやり取り(交換)と比べると、ずっと難しい。例えば、小麦の価格は、19世紀までに、世界中でかなりの収斂を見せているが、「手洗い」のようなシンプル極まりないアイデア(pdf)であっても、その伝播にはずっと長い時間がかかる。「女性の権利」、「法の支配」、「法人」といった複雑なアイデアの伝播に関しては、なおさらだ。アイデアの伝播を妨げている障害、それ即ち、経済発展に対する障害。そう言えるわけだ。

Enrico SpolaoreとRomain Wacziargの二人と言えば、経済発展を支える「根底的な」要因を解明する草分け的な研究に取り組んでいる経済学者タッグだ。そんな二人が着目しているのが、異国の人々の間の「遺伝的距離」(genetic distance)。アイデアの伝播がどれだけスムーズにいくかを測る指標として、異国の人々の間の「遺伝的距離」に目が付けられているのだ。Spolaore&Wacziargの二人がVOXに研究の概要をまとめた記事を寄稿しているので、 その一部を以下に引用しておこう。

遺伝的距離という指標1は、分子時計と似ている。というのも、異国の人々が離れ離れに暮らすようになってから、どれくらいの時間が経過しているかが測られているからである。遺伝的距離という指標は、異国の人々が過去の世代から受け継いだ――途中で突然変異を挟みながらも、旧い世代から新しい世代へと脈々と受け継がれた――(文化的な特徴も含んだ)あらゆる特徴の違いを測った要約統計量と見なすことができよう。

我々が立てた仮説は以下の通り。異国の人々が接触する機会を持とうとすると、離れ離れに暮らしていた間に生まれた特徴の違いが交換の妨げとなる。コミュニケーションの妨げとなる。模倣の妨げとなる。

・・・(省略)・・・我々のモデルによると、任意に選ばれた2国の間の経済発展の程度の違い2  は、両国民の間の遺伝的距離(絶対的な遺伝的距離)よりも技術面でフロンティアにある国民との相対的な遺伝的距離に一層大きく依存することが示唆されることになる。例えば、19世紀のヨーロッパにおける産業革命の伝播を問題とする場合、ギリシャとイタリアの経済発展の程度の違いを巡っては、ギリシャ人とイタリア人との遺伝的距離(絶対的な遺伝的距離)よりも、イタリア人とギリシャ人がそれぞれどれだけイギリス人に(遺伝的距離で測って)近いか(相対的な遺伝的距離)が問題となってくるわけである3 。実際にも、我々の論文での計量経済学的な分析結果によると、(任意に選ばれた2国の間の経済発展の程度の違いを説明する上で)技術面でフロンティアにある国民との相対的な遺伝的距離の効果は絶対的な遺伝的距離の効果のおよそ3倍の大きさとなっている。 また、どちらの指標もともに説明変数に含めた上で回帰分析を行った場合、相対的な遺伝的距離は依然として統計的に有意なままである一方で絶対的な遺伝的距離は統計的に有意ではなくなるとともに、相対的な遺伝的距離は量的に見てかなり大きな効果を示す結果となっている。具体的には、相対的な遺伝的距離が1標準偏差増加した場合、2国の間の1人当たり国民所得(対数値)の差の絶対値4 は1標準偏差のおよそ29%だけ増加するとの結果が得られている。

また、我々のモデルによると、遺伝的距離の効果5  は産業革命のような大規模なイノベーションの発生後にその顕著さを増すことになる一方で、イノベーションが技術のフロンティア(19世紀においてはイギリス)から他の国々に広まるにつれてその効果(遺伝的距離の効果)は徐々に小さくなることが予測されることになるが、歴史的な証拠はこの予測を支持している。以下に掲げた図は相対的な遺伝的距離の効果(サンプル期間(1820年-2005年)のすべての年で所得データが利用できる41カ国の相対的な遺伝的距離の効果)の推移を示したものだが、その動きは我々のモデルの予測と整合的な結果となっている。1820年の段階ではほどほどの大きさであった遺伝的距離の効果は1913年にピークに達し(1820年と比べるとその効果はおよそ75%ポイントも上昇している)、その後徐々に低下しているが、これは我々のモデルが予測する通りの動きである。

図1.  相対的な遺伝的距離の(標準化された)効果(1820年-2005年)

spolaore fig1 3 oct

  1. 訳注;具体的には、対立遺伝子頻度に基づく遺伝的分化尺度(Fst)。詳細は論説の基となる論文(pdf)のpp.2~3および2.1節(pp.6~8)を参照のこと。 []
  2. 訳注;具体的には、1人当たり国民所得の差。  []
  3. 訳注;ギリシャとイタリアの1人当たり国民所得の差は、【ギリシャ人とイタリア人との遺伝的距離】よりも、【イタリア人とイギリス人との遺伝的距離】と【ギリシャ人とイギリス人との遺伝的距離】との差の絶対値(|【イタリア人とイギリス人との遺伝的距離】-【ギリシャ人とイギリス人との遺伝的距離】|)に大きく依存する、ということ。  []
  4. 訳注;2国の間の経済発展の程度の違いを測る指標 []
  5. 訳注;遺伝的距離(特に相対的な遺伝的距離)が2国間の1人当たり国民所得の差をどの程度説明できるか []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください