経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン「どうして相対的に貧しい人たちほど再分配支持に傾いてるわけじゃないんだろう?」(2021年10月30日)

[Tyler Cowen, “Why Are Relatively Poor People Not More Supportive of Redistribution?” Marginal Revolution, October 30, 2021]

再分配の選好に関して広まっている諸説は,次の重要な想定に立っている.すなわち,相対的に貧しい人々こそ誰よりも再分配を支持するはずだと,想定されている.本研究は,この想定を検証する.10ヶ国で3万人以上の参与者で無作為化した調査実験を我々は実施した.参与者の半数には,国内の所得分布で本人がどの位置にあるかを伝えた.通説に反して,当人が思っているよりも相対的に貧しいと伝えられた人々は,格差を懸念する度合いがより低く,再分配をより強く支持することはなかった.この発見は,「人々はみずからの生活水準を『ベンチマーク』にして他人が享受するのを許容できるものを判断している」という知見と整合している.

上記は,Christopher Hoy & Franziska Mager が新たに出した論文からの抜粋.


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください