経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン「美術書ってどれくらい売れてる?」(2004年4月15日)

Tyler Cowen, “How well do art books sell?“(Marginal Revolution, April 15, 2004)

答えはシンプルだ。美術書はあまり売れない。写真集やハウツーものを除いて、2003年[アメリカで]最も売れた美術書はロス・キング著「システィナ礼拝堂とミケランジェロMichelangelo and the Pope’s Ceiling)」で、5万5693部売れた。アメリカでは一万部以上売れた美術書は、写真集とハウツーものを除いて、他に4冊しかなかった。驚くべき事実は、私が見る限り、ボーダーズやバーンズ&ノーブルといった一般的な大型書店で我々がどれだけたくさんの美術書を見つけることができるかだ。もちろん、そのうちの多くは出版社に返却されてしまうのだが。これら美術書は読者を、ウォルマートではなく本屋で、小説「ダヴィンチコード」を買うように導いていく。

アメリカに比べて人口が少ないにもかかわらず、イギリスでは美術書はもっと人気がある。イギリスで最も売れた美術書は、ティツィアーノのカタログだが、6万部を売り上げた。

これはウェブでは読めないが、The Art Newspaperの2004年4月号の記事「Big Market but Few Books Bought」から。


コメントを残す