経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「フリードマンは大恐慌をどのように分析したか?」

●Tyler Cowen, “How would monetarism have fared against the Great Depression?”(Marginal Revolution, August 11, 2013)/(訳者による付記)アレックス・タバロック「バーナンキVSフリードマン」(227thday氏による訳)とあわせて参照あれ。


この話題についてはポール・クルーグマンが折に触れて取り上げているところだが(最新のエントリーはこちらを参照)、例えば彼は次のように書いている。

しかしながら、主要なポイントは次のところにある。すなわち、我々は古典的なマネタリズム(classic monetarism)からは大きく隔たった位置にいるということだ。古典的なマネタリズムによると、中央銀行は(例えばM2のような)貨幣集計量を自らの意のままにコントロールすることができ、そして経済の成り行きは貨幣集計量の動きによって決定付けられるということになるが、そのような(古典的なマネタリズムによる)主張は一旦経済がゼロ下限制約下に追いやられてしまった場合1には全く成り立たないのだ。フリードマンによる大恐慌(Great Depression)の分析が間違いである理由はこの点を認識していないところにある。

私はクルーグマンとは考えが違う。フリードマンが大恐慌をどう分析したかといった問題を論じる際にはフリードマン本人の発言(フリードマン自身がどう語っているか)に直接あたるようにした方が議論も実りあるものとなることだろう。この話題(フリードマンは大恐慌をどう分析したか?)を巡る私の考えについては過去のエントリーでまとめているので、以下にその一部を引用しておくことにしよう。

1929年~1931年の時期に関して言うと、Fedは a)債券の買い入れ額をもっと大幅に増やし、 b)破綻の危機にある民間の銀行に対して「最後の貸し手」として振る舞うべきであった、とフリードマンは考えていた。この2つは別々のものとして区別できるというのは確かだが、当時Fedはa) b)の両者の行動を採るべきであったというのがフリードマンの考えであることは間違いない。

『合衆国貨幣史』の中でフリードマンとシュワルツはウォルター・バジョット(Walter Bagehot)の著書の中から賛意を示すかたちで次の文章を引用(pdf)している。この文章では、銀行危機(銀行パニック)を食い止めるためであれば――それがいかに大胆で一か八かの窮余の策に見えようとも――何でもやってみる必要性が説かれている。

「1825年のパニックはイングランド銀行による積極的な資金貸付を通じて食い止められたわけだが、その手法についてはハーマン氏(イングランド銀行のシニアディレクターの一人)の次の発言が明白かつ生き生きとした調子で伝えている(その名調子のためにハーマン氏の発言はイングランド銀行の当時の行動を説明する古典の位置を占めるまでになっている)。イングランド銀行の立場を代表してハーマン氏は語る。『我々イングランド銀行はありとあらゆる手段を使って、それも未だかつてないやり方で貸付に臨んだのであります・・・』」

チャールズ・グッドハート(Charles Goodhart)もこの本の中で「Fedは破綻の危機にある民間銀行に対して『最後の貸し手』として振る舞うべきであった」と語るフリードマンの言葉を引用している。また、フリードマンとシュワルツの共著である『合衆国貨幣史』の269ページでは、1930年代初頭において民間銀行がFedから有利な金利で借り入れを行うことが極めて困難であった事情について説明がなされている。フリードマンに対するこちらのインタビューもあわせて参照されたい。

つまりはこういうことだ。当時のアメリカが仮にフリードマンのアドバイスに従っていたとすれば(とは言ってもフリードマンのアドバイスは時代が大分下ってからなされたものだが)、事態はずっと良い方向に向かっていたことだろう。フリードマンは単に「貨幣の増刷」を求めているだけではない。破綻の危機にある銀行を救うためにFedが「最後の貸し手」として振る舞うことも求めているのだ。さらには、これまでの話はアメリカ経済がゼロ下限制約下に追いやられる前の段階でどういった政策を採用すべきであったかという問題である(とは言え、ゼロ下限制約下においても「最後の貸し手」機能は依然としてその効果を失うことはないだろうが)。当時のFedがフリードマンのアドバイスに従っていたとすれば、マネーサプライが3分の1近くも縮小するような事態にはなってなかったことだろう。

2008年以降現在までの事態の推移を眺めた上で判断すると、フリードマンが1929年~1931年のアメリカの状況を念頭に置いて推奨した類の政策( a) と b))では景気後退を回避するには十分ではないという意見にはもっともなところがある。「フリードマンはそのこと2 を十分には理解していなかったのだ」「フリードマンは名目金利がゼロ%近くまで落ち込むような事態を想定していなかったのだ」という意見もあるかもしれないが、そのような意見については(フリードマンにそのような認識不足の面があったことを示すようなテキスト上での)ちゃんとした裏付けが得られるかはわからない。しかし、そのような意見が正しい可能性も十分あるだろう。

とは言え、「マネタリズムによる大恐慌の分析は効果の無い『貨幣の増刷3を通じたピグー効果』に依拠しているのだ」というクルーグマンのまとめ方は正確ではない。当時のFedがフリードマンのアドバイスに従っていたとすれば、事態はずっとずっと良い方向に向かっていたことだろう。それはアメリカ経済についてだけ言えるわけではない。世界経済全体についてはなおさらそう言えるのだ。「どうも信じられない」と疑い深い人は当時のスウェーデンに目を向けるといいだろう。1930年代のスウェーデンではフリードマンのアドバイスに最も近い政策が採用されていた。他の国に比べると金融政策はデフレ寄りではなく、おまけにいち早く金本位制から離脱して変動相場制に移行していた(pdf)のだ(ところで、バーナンキとジェームズ(Harold James)によるこの共著論文の脚注1では次のように述べられている。「『大恐慌は貨幣的な現象である』と診断したそもそもの功績はフリードマン&シュワルツ(1963)に帰せられることは言うまでもない。大恐慌に関する最近の研究では大恐慌の国際的な側面に焦点が合わせられる傾向にあるが、そういった最近の研究は本質的にはフリードマンとシュワルツの分析を補完するものだと言えるだろう。」)。そのおかげもあって当時のスウェーデンが直面することになった不況は西洋の大半の国々においてよりもずっと穏やかなもので済んだのだ。

言い換えるとこういうことだ。こと大恐慌に関する分析ということでいうと、マネタリズムはかなりいい線を行っていると言える。完璧とまでは言えないが、かなりいい線を行っていることは間違いない。

(追記)「金融政策にできること/できないこと」を論じたフリードマンの1968年の有名な論文(pdf)もあわせて参照されたい。「フリードマン対ケインズ」という話題については数多くの人々が問題にしているが、その一つ一つを細かく調べ上げるつもりは私にはない。それよりはむしろ数々のケインジアンと論争する中でフリードマン自身がこの話題について何を語っているかに目を向けた方がいいだろう。

  1. 訳注;中央銀行が操作対象とする政策短期金利がゼロ%に達してしまった場合 []
  2. 訳注;a) と b)だけでは景気後退を防ぐには十分ではない可能性 []
  3. 訳注;将来にわたって金融緩和を継続することへのコミットメントを欠いた現時点での貨幣の増刷 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください