経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「『あの国について知りたい』という時に重宝する本」(2018年1月8日)

●Tyler Cowen, “What is the best book about each country?”(Marginal Revolution, January 8, 2018)


確か王丹(Dan Wang)だったと思うが、ロバート・トゥームスの(イギリス史がテーマの)『The English and Their History』がお気に入りで他の国についてもこんな本があったらいいのにと語っていたように記憶している1。この国についてはこれ、あの国についてはこれといったようにそれぞれの国について知るための格好の本はないだろうかという相談は本ブログの読者からも持ちかけられたことがある。

候補となる本の条件としてはその国について幅広い観点から概観しようとしているか、あるいはその国の歴史を広くカバーしている必要があるだろう。それゆえ、フランス革命についての傑作だったり、アラン・ジャニク(Allan Janik)&スティーヴン・トゥールミン(Stephen Toulmin)の『Wittgenstein’s Vienna』(邦訳『ウィトゲンシュタインのウィーン』)のようなあっぱれな一冊なんかは候補から外さねばならないだろう。とりあえず以下に思い付くままに列挙するが、何かお薦めがあればコメント欄でお知らせ願いたい。コメント欄での指摘を反映した修正版をまた後日改めて投稿しようと思っている。

1. イングランド/ブリテン: ロバート・トゥームス(Robert Tombs)(著)『The English and Their History』;この本については本ブログでも過去にこちらのエントリーで話題にしている。

2. ドイツ: ピーター・ワトソン(Peter Watson)(著)『The German Genius: Europe’s Third Renaissance, the Second Scientific Revolution, and the Twentieth Century

3. イタリア: ルイジ・バルジーニ(Luigi Barzini)(著)『The Italians』/デヴィッド・ギルモア(David Gilmour)(著)『The Pursuit of Italy: A History of a Land, its Peoples, and their Regions

4. スペイン: ジョン・フーパー(John Hooper)(著)『The Spaniards

5. フランス: グラハム・ロッブ(Graham Robb)(著)『The Discovery of France: A Historical Geography

6. ポルトガル: バリー・ハットン(Barry Hatton)(著)『The Portuguese: A Modern History』;この本については本ブログでも過去にこちらのエントリーで話題にしている。

7. アイルランド: トーマス・バートレット(Thomas Bartlett)(著)『Ireland: A History

8. ロシア: ジェフリー・ホスキング(Geoffrey Hosking)(著)『Russia and the Russians』;本リストの中でもベストの一冊。

9. ウクライナ: セルヒ・プロフィー(Serhii Plokhy)(著)『The Gates of Europe: A History of Ukraine

10. 米国: ルイス・ハーツ(Louis Hartz)(著)『The Liberal Tradition in America』(邦訳『アメリカ自由主義の伝統』)/トクヴィル(の『アメリカのデモクラシー』)とかジョン・ガンサー(John Gunther)(著)『Inside U.S.A.』(邦訳『アメリカの内幕』)とかはどう?

11. カナダ: ????;タバロックよ、何か心当たりない?

12. メキシコ: アラン・ライディング(Alan Riding)(著)『Distant Neighbors: A Portrait of the Mexicans』;バルジーニのイタリア本と同じくいささか古いが、それでもやはり候補に挙げておきたい一冊だ。

13. カリブ諸国: ジョシュア・ジェリー=シャピロ(Joshua Jelly-Schapiro)(著)『Island People: The Caribbean and the World』;この本については本ブログでも過去にこちらのエントリーで話題にしている。

南アメリカにアフリカ、中東についてはもう少し考えさせてもらうとしよう。

14. カンボジア: セバスチャン・ストランジオ(Sebastian Strangio)(著)『Hun Sen’s Cambodia』;この本については本ブログでも過去にこちらのエントリーで話題にしている。

15. インド: エドワード・ルース(Edward Luce)(著)『In Spite of the Gods: The Rise of Modern India』(邦訳『インド 厄介な経済大国』)/マイケル・ウッド(Michael Wood)(著)『India

16. パキスタン: アナトール・リーヴェン(Anatol Lieven)(著)『Pakistan: A Hard Country』;この本については本ブログでも過去にこちらのエントリーで話題にしている。

17. 中国: ????;選定するのがなかなか難しくて決めかねている。

18. シンガポール+マレーシア: ジム・ベイカー(Jim Baker)(著)『Crossroads: A Popular History of Malaysia and Singapore

19. 日本: 一昔前であればカレル・ヴァン・ウォルフレン(の『日本 権力構造の謎』)を挙げていたかもしれないが、いかんせん古すぎる。何かお薦めある?

ジョー・スタッドウェル(Joe Studwell)の『How Asia Works: Success and Failure in the World’s Most Dynamic Region』(この本については本ブログでも過去にこちらのエントリーで話題にしている)もどこかしらに入ってくるだろう。

上のリストは後々修正される可能性があることに注意していただきたいと思う。

この国についてはこの本というお薦めがあれば是非ともコメント欄でお知らせ願いたい。対象となる国の数を増やした上でまた後日改めて修正版を投稿するつもりだ(地域ごとに小分けして投稿するかもしれない)。

こちらのページではアメリカに駐在している各国の大使(総勢22名)が「我が国に旅行で訪れる前に読んでおいた方がいい本」をお薦めしている。概ね可もなく不可もなくといった選定結果となっている。こちらのページではそれぞれの国を象徴する本の候補の一覧が掲げられている。私も同意見というわけではないのでその点誤解なきよう。

  1. 訳注;この点について詳しくはこちらを参照のこと。 []

コメントを残す