経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

パートナー紹介

経済学101が提携し、翻訳権を取得している方をご紹介します。

Paul Krugman (New York Times News Service and Syndicate)(*現在は新規配信を停止しています)

言わずと知れたポール・クルーグマン。ノーベル経済学賞受賞のリベラル経済学者。国際貿易、空間経済学、通貨危機の理論などが専門だが、流動性の罠をはじめ、マクロ経済政策に関して数多くの発信をしている。1998年の「日本がはまった罠」以来、15年以上にわたっての日本経済ウォッチャー。

Lars Christensen (The Market Monetarist)

ダンスク銀行(デンマーク最大手銀行)の主席アナリストでエマージング市場分析とクロスアセットアロケーションの責任者。2001年までデンマーク政府の経済政策分析官として勤務。Milton Friedman – en pragmatisk revolutionær の著者。コペンハーゲン大学より修士号(経済学)取得。

Menzie Chinn (Econbrowser)

ウィスコンシン大学経済学教授。国際金融論を中心にグローバル金融危機、通貨制度論、マクロ経済とファイナンスなどを専門としている。カリフォルニア大学バークレー校よりPh. D.(経済学)取得。

Tyler Cowen (Marginal Revolution)

ジョージ・メイソン大学経済学教授。貨幣経済学、ミクロ経済学、政治哲学、社会哲学を専門とする。The Great Stagnation(邦訳『大停滞』)の著者ハーバード大学よりPh. D. (経済学)取得。

Tim Duy (Tim Duy’s Fed Watch)

オレゴン大学経済学教授。米財務省の国際関係部門にてエコノミストとして、G7グループでは金融機関の政治的経済的コンサルタントして勤務。連邦準備と外国為替市場のモニタリングを任務とした。オレゴン大学よりPh. D. (経済学)取得。

James Hamilton (Econbrowser)

カリフォルニア大学サンディエゴ校経済学教授。大恐慌研究、金融政策、計量経済学、石油の価格変動がマクロ経済に与える影響などについての研究を専門としている。Time Series Analysis (邦訳『時系列解析』)の著者。カリフォルニア大学バークレー校にてPh. D. (経済学)取得。

Nick Rowe (Worthwhile Canadian Initiative)

カールトン大学(カナダ)経済学准教授。CD Howe研究所金融政策委員会および貨幣金融経済センターのメンバー。マクロ経済学および金融経済学、特に外国為替制度レジームと中央銀行のインフレターゲティングを専門としている。ウェスタンオンタリオ大学よりPh. D. (経済学)取得。

Scott Sumner (The Money Illution)

ベントレー大学経済学教授。マクロ経済学、経済思想史、貨幣経済学とくに大恐慌において金本位制度が果たした役割を専門とする。シカゴ大学よりPh. D. (経済学)取得。

Alex Tabarrok (Marginal Revolution)

ジョージ・メイソン大学経済学教授。投票行動、政治経済、法と経済学(ローエコ)の実証的研究を専門とする。ジョージ・メイソン大学よりPh. D. (経済学)取得。

Mark Thoma (Economist’s View)

オレゴン大学経済学教授。金融政策、政治的景気循環論、交通経済学などを専門とする。ワシントン州立大学よりPh. D.(経済学)取得。

John Cochrane (The Grumpy Economist)

シカゴ大学ブースビジネススクール ファイナンス教授。株式市場、債券市場、外国為替市場など金融市場における価格形成、ボラティリティ、VCの利回り、流動性プレミアムの研究や株価と景気循環の関係など金融論および貨幣経済学を主な専門とする。カリフォルニア大学バークレー校よりPh. D. (経済学)取得。

Michael Smitka (Japan and Economics)

ワシントン&リー大学ウィリアムス校経済学教授。日銀、一橋大学、立教大学、千葉大学、日本財団など多くの日本の大学・研究機関の客員教授、研究員を努めるなど日本との関わりが深く、日本語も堪能。主に自動車産業と日本経済について研究している。イェール大学よりPh. D. (経済学)を取得。

Noah Smith (Noaphinion)

SUNY ストーニー・ブルック大学ファイナンス準教授。スタンフォード大学で物理学を専攻した後、日本で3年間勤務。その後、金融市場における期待(予想)形成についての論文でPh. D.(経済学)をミシガン大学より取得。

Peterson Institute for International Economics

国際的な経済政策について研究するワシントンD.C. に拠点を置く、民間の非営利研究所。党派性を持たない方針が特徴で、現在の中心的なテーマはグローバルな経済・金融危機であり、特にヨーロッパに重点を置いている。イングランド銀行のMPC委員も務めたアダム・ポーゼンが理事長を務めている。また、研究員にはポーゼンの他、ジョセフ・ギャニオンなどがいる。

VoxEU.org

 経済政策研究センター(the Centre for Economic Policy Research)によって設立された政策ポータルで、一流の研究者による研究をベースとした政策分析や論説を提供することを目的としている。主要な読者ターゲットは政府機関、国際機関、アカデミア、民間企業に所属する研究者や経済を専門とするジャーナリストである。

Miles Kimball (Confessions of a Supply-Side Liberal)

ミシガン大学経済学教授。言語学の修士という異色の経歴を持つ。不確実性のある世界における消費(あるいは貯蓄)行動についての研究、とくに予備的動機による貯蓄の研究が有名である。時間選好率や危険回避度、幸福度に関する実態調査を目的とした大阪大学経済学研究科行動経済学のCOEプログラム(2003〜2007)にも参加している。*清水 誠氏のサイト(サプライサイド・リベラルの告白)で精力的に翻訳されていますが、経済学101でも翻訳許可を頂きました。