経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ステファン・クラセン 「『消えた女性』の謎を巡る一大論争 ~B型肝炎vs.性差別~」

●Stephan Klasen, “Missing women in South Asia and China: Biology or discrimination?”(VOX, August 28, 2008)/【訳者による付記】本サイトで先日訳出したばかりのコーエンのエントリーもあわせて参照されたい。


発展途上の国々では1億人を超える女性が「消えて」しまっている。ここのところ大きな注目を集めている論文ではその原因をB型肝炎に求めている。発展途上の国々――とりわけ中国――で出生性比が高い(男児が相対的に多く生まれている)原因はB型肝炎にある(両親がB型肝炎のキャリアだからだ)というのだ。本論説ではそのような主張に対して寄せられた数多くの反論を要約する。B型肝炎ではなく性差別こそが「消えた女性」の原因なのだ。

20年ほど近く前のことになるが、アマルティア・セン(Amartya Sen)が「消えた女性」の問題を提起して広く話題を呼ぶことになった。南アジアや東アジア、中東、北アフリカといった地域では男性と比べて女性の死亡率が相対的に高く、そのために1億人を超える女性が「消えて」しまっているというのがセンの主張である1。その後に続いた研究の過程で「消えた女性」の具体的な数字の大きさについては修正が加えられたものの、センの主張の妥当性自体は高く支持される格好となった(詳しくはCoale(1991)やKlasen(1994)を参照されたい)。これらの地域で女性が「消えて」しまった原因は、医療サービスや食事へのアクセスの面で女性が差別されていることに加えて、男女の産み分けを可能とする中絶手術が普及したこと2に求められるというのが通説となっている。

「消えた女性」の原因はB型肝炎にあり?

2005年に『ジャーナル・オブ・ポリティカル・エコノミー』誌に掲載された論文でエミリー・オスター(Emily Oster)が通説とは大きく異なる主張を展開した。数多くの女性が「消えた」とされている地域ではB型肝炎ウイルスの感染者が多く、両親がB型肝炎ウイルスを持つキャリアだと出生児の男女比(出生性比3)が高くなる(男児が生まれやすくなる)傾向にある事実を踏まえると、「消えた」とされている女性のうち47%~70%はそもそもこの世に生まれていなかった可能性があるというのである。つまりは、南アジアや東アジアで女性が「消えて」しまった原因の多くは「性差別」ではなく「生物学的な要因」(=B型肝炎)に求められるというわけだ。とりわけ中国はB型肝炎ウイルスの感染率が高く、それゆえ女性が「消えた」原因の大幅な見直しを迫られることになった。中国における「消えた女性」のうち75%~86%がB型肝炎によるものだとされたのである。

オスターの主張が正しいと仮定すると、性差別がこれまで思われていたほど酷いものではなかったことが示唆されることになり、そういう意味で良い報せと見なすことができるが、しかしながらそれと同時に(オスター自身は言及していない)悪い報せも待ち構えている。中国やインド、台湾といった女性が「消えた」地域では1980年代から1990年代にかけてB型肝炎の予防接種が開始されることになったが、オスターの主張が正しければこの間に(B型肝炎のキャリアの減少に伴って)出生性比(ひいては人口性比(人口全体の男女比)4)は急激に低下し、それに伴って「消えた女性」の数も大きく減少することになったはずである。実際のところはどうだったかというと、南アジアのいくつかの国では確かにそのような傾向が見られた(出生性比は低下した)が、しかしながら出生性比の低下幅はオスターの主張から予測されるよりもずっと穏やかなものだったのである。つまりは、オスターの主張が正しいと仮定すると、これらの地域ではこの間に性差別がさらに酷くなり(その結果として男性に比べて女性の死亡率が相対的にさらに高まることになり)、そのためB型肝炎のキャリアの減少に伴う効果が部分的に打ち消されたという可能性が示唆される5ことになるのである。

オスターの論文が発表されてからというもの、彼女の主張を高く評価する声と彼女の主張に異議を唱える声とが入り乱れるかたちで激しい論争が繰り広げられることになった6。また、オスター自身も継続してこの問題に取り組み、他の研究者による強力な反論に加えて自らの継続調査の結果として最終的には持説を撤回するに至ったのであった。つまりは、B型肝炎は中国(ひいては南アジア)における人口性比のアンバランス7と「消えた女性」の謎をひも解く鍵ではないとの結論に彼女自身至ったのである。

オスター論文への反論;B型肝炎は「消えた女性」の謎をひも解く鍵ではない

「消えた女性」の謎をひも解く鍵をB型肝炎に求めたオスターはどのような証拠に基づいてそう主張したのだろうか? 一方で、オスターの主張に異議を唱えた論者はどのような反証を挙げたのだろうか? そして双方の証拠をどのように解釈したらいいのだろうか?

オスターは「消えた女性」の謎をひも解く鍵をB型肝炎に求めるにあたって主に4つの証拠をその論拠としている。まず1つ目の証拠は、男女の産み分けを可能とする中絶手術が普及する前の段階からずっと一貫して中国における出生性比ならびにアメリカに移住した中国人の出生性比が標準的な水準と比べて飛びぬけて高いという事実が観察されたというものである。2つ目の証拠は(中国と南アジアの国々を除いた)世界各地のマイクロデータの分析を通じて得られたもので、その分析結果によると両親がB型肝炎のキャリアだとそうでない場合と比べて出生性比が高くなる(男児が生まれやすくなる)傾向にあることが見出されたという。そして3つ目の証拠はアラスカの原住民と台湾人に対して施されたB型肝炎の予防接種の効果を追跡した時系列データの分析を通じて得られたものである。その分析結果によると、B型肝炎の予防接種の実施後に出生性比が低下傾向にあることが見出されたという。最後の4つ目の証拠はクロスカントリーデータの分析を通じて得られたもので、B型肝炎ウイルスの感染率が高い地域ほど出生性比が高いとの関係が見出されたという。というわけで、一見するとオスターの主張は幅広い種類にわたる多くの証拠によって支えられているように見える。

しかしながら、その後の論争の過程でオスターの主張を支える証拠は重大な問題を抱えている可能性が指摘されるとともに、オスターの主張を覆すような証拠も徐々に明らかになってきた(論争の詳しい経緯についてはKlasen(2008)を参照されたい)。クロスカントリーデータを用いた分析結果(4つ目の証拠)に関して言うと、データの信頼性に若干問題があり、分析結果が南アジアや東アジアといった特定の国々――女児が生まれた場合に役所にその旨が届け出られなかったり、生まれたばかりの女児が間引れたり、女児のネグレクト(育児放棄)が広く見られたり、女児が中絶されているために出生性比が高くなっている可能性がある国々――のデータからかなり強い影響を受けている可能性が指摘されている。マイクロデータを用いた分析結果(2つ目の証拠)に関してはある程度妥当性が認められているものの、サンプルサイズが小さいことに加えて、南アジアや東アジアの国々のデータが含まれておらず、さらには各地域で広まっているB型肝炎ウイルスの種類が地域ごとにまちまちであることが指摘されている。中国における出生性比が飛びぬけて高いという観察結果(1つ目の証拠)に関して言うと、(少なくとも男女の産み分けを可能とする中絶手術が普及する1990年代までの期間においては)中国国内の地域によってはこと第1子に関しては出生性比は標準的な水準と比べても特に高いということはないことが判明している。また、Abrevaya(2008)によると、アメリカに移住した中国人の出生性比が高い理由は両親がB型肝炎のキャリアであるためではなく女児の中絶によるものである可能性が高いということである。時系列データを用いた分析結果(3つ目の証拠)に関してはある程度妥当性が認められているが、統計分析上の若干の問題を抱えており決定的なものとまでは言えないと判断せざるを得ない。

おそらく最ものっぴきならない(致命的とも言える)反論が林明仁(Ming-Jen Lin)と駱明慶(Ming-Ching Luoh)の2人によってつい最近提出されることになった(Lin&Luoh, 2008)。彼らは台湾における300万件にも上る出生児のデータを分析し、母親がB型肝炎のキャリアであっても出生性比にはこれといって大した影響は生じないとの結論を得たのである。彼らの推計によると、中国における「消えた女性」のうちB型肝炎によって説明できるのは2%にも満たないということであり、そうなると残りの98%は性差別によるものではないかとの可能性が示唆されることになる。確かに彼らの分析にも問題は無くはない。彼らの分析で用いられているのは中国ではなく台湾のデータであり、それに加えて母親がB型肝炎のキャリアであるケースだけしか考慮されていない。ここで再び登場するのがオスターである(Oster&Chen&Yu&Lin, 2008)。彼女は共同研究者とともに中国における(母親だけではなく父親の側がB型肝炎のキャリアであるケースも含めた)B型肝炎のキャリアに関する大規模なサンプルデータを収集した上でそれに詳細な分析を加え、母親だけではなく父親がB型肝炎のキャリアであっても出生性比にはこれといって大した影響は生じないとの結論を得たのであった。こうして中国(そしておそらくは南アジア)における人口性比のアンバランスと「消えた女性」の謎をひも解く鍵を(B型肝炎という)生物学的な要因に求めることは最早できなくなり、性差別こそがその大きな原因である可能性が再び持ち上がる格好となったのである。

悪い報せと良い報せ

オスター論文をきっかけとして巻き起こった論争から一体我々は何を学び取ることができるだろうか? まずは悪い報せから指摘しておこう。中国や南アジアにおける「消えた女性」の47%~70%を説明し得るような生物学的な要因はどうやら存在しないようである。ということは翻って、Sen(1989, 1990)やCoale(1991)、Klasen&Wink(2002, 2003)による推計が依然として妥当し、女児の中絶やネグレクトのために女性の死亡率は男性と比べて依然として相対的に高いままという可能性があることになる。しかしながら、そのような悪い報せの中にもいくつか良い報せはある。B型肝炎の予防接種が始まった1980年代から1990年代にかけて南アジアのいくつかの国では出生性比が若干ながら低下する傾向が見られたわけだが、オスターの主張が正しいと仮定した場合はこの間に性差別がさらに酷くなった(その結果として女性の死亡率が相対的にさらに高まることになった)との解釈が成り立つことは先に見た通りである。しかしながら、オスターの当初の主張に疑義が生じた今となってはKlasen&Wink(2002, 2003)による解釈が妥当するように思われる。すなわち、「消えた女性」の問題を抱える大半の地域では1980年代から1990年代にかけて性差別の問題が若干ながら改善の方向に向かった可能性があるのだ。とは言え、中国は例外である。一人っ子政策〔拙訳はこちら〕に加えて男女の産み分けを可能とする中絶手術の普及という要因が重なった結果として、中国においてはこの間に性差別の問題は悪化の一途を辿る(そのため男性と比べて女性の死亡率が相対的にさらに高まる)格好となったのである。


<参考文献>

●Abrevaya, J. 2009. “Are there missing girls in the United States?”, American Economic Review: Applied Economics 1(2): 1-34.
●Blumberg, B. and E. Oster. 2007. “Hepatitis B and sex ratios at birth: Fathers or Mothers?(pdf)”, Mimeograph, University of Chicago.
●Chahnazarian, A. 1986. “Determinants of the sex ratio at birth”, Ph.D. dissertation, Princeton University.
●Chahnazarian, A. B. Blumberg, and W. Th. London. 1988. “Hepatitis B and the sex ratio at birth: A comparative study of four populations”, Journal of Biosocial Sciences 20: 357-370.
●Coale, A. 1991. “Excess female mortality and the balance of the sexes: An estimate of the number of missing females”, Population and Development Review 17: 517-523.
●Das Gupta, M. 2005. “Explaining Asia’s Missing Women: A new look at the data”, Population and Development Review 31(3): 539-535.
●Das Gupta, M. 2006. “Cultural versus biological factors in explaining Asia’s Missing Women: Response to Oster”, Population and Development Review 32: 328-332.
●Ebenstein, Avraham. 2007. “Fertility choices and sex selection in Asia: Analysis and Policy”, Mimeograph, University of Berkeley.
●Klasen, S. 1994. “Missing Women Reconsidered”, World Development 22: 1061-71.
●Klasen, S. 2008. “Missing Women: Some Recent Controversies on Levels and Trends in Gender Bias in Mortality(pdf)”, Ibero America Institute Discussion Paper No. 168. In Basu, K. and R. Kanbur (eds.) Arguments for a better world: Essays in honour of Amartya Sen. Oxford: Oxford University Press, 280-299.
●Klasen, S. and C. Wink. 2002. “A turning point in gender bias in mortality: An update on the number of missing women”, Population and Development Review 28(2): 285-312.
●Klasen, S. and C. Wink. 2003. “Missing Women: Revisiting the Debate”, Feminist Economics 9: 263-299.
●Klasen, S. 2003. “Sex Selection”, In P. Demeny, and G. McNicoll (eds.) Encyclopaedia of Population. New York: Macmillan, 878-881.
●Lin, M-J. and M-C. Luoh. 2008. “Can Hepatitis B mothers account for the number of missing women? Evidence from 3 million newborns in Taiwan”, American Economic Review 98(5): 2259-73.
●Oster, E. (2006). “Hepatitis B and the Case of Missing Women(pdf)”, Journal of Political Economy 113(6): 1163-1216.
●Oster, E. G. Chen, X. Yu and W. Lin. 2008. “Hepatitis B does not explain male-biased sex ratio in China(pdf)”, Mimeographed, University of Chicago.
●Sen, A. 1989. “Women’s Survival as a Development Problem”, Bulletin of the American Academy of Arts and Sciences 43(2): 14-29.
●Sen, A. 1990. “More than 100 million women are missing”, New York Review of Books, 20 December.

  1. 原注;Sen(1989, 1990) []
  2. 訳注;妊婦のお腹の中にいる赤ちゃんが女の子だとわかると中絶するということ []
  3. 訳注;出生性比というのは新生女児100人あたりの新生男児数のことであり、例えば出生性比が1.05の場合は新生女児100人に対して新生男児が105人いるということになる。出生性比の値が高くなるほど新生児全体に占める男児の割合が増えることになる。 []
  4. 訳注;人口性比というのは女性100人あたりの男性数のことであり、例えば人口性比が1.05の場合は女性100人に対して男性が105人いるということになる。人口性比の値が高くなるほど人口全体に占める男性の割合が増えることになる。 []
  5. 訳注;オスターの主張が仮に正しければ、B型肝炎の予防接種の実施に伴ってB型肝炎のキャリアが減少し、その結果として出生性比が大幅に低下するはずだったものの、実際にはそれほど大きくは低下しなかった。その理由は、女児の中絶やネグレクト、間引きなどが増えた(女性に対する性差別が酷くなった)ことでB型肝炎のキャリアの減少に伴う出生性比の抑制効果が部分的に相殺されたからではないか?との解釈が成り立つということ []
  6. 原注;Das Gupta(2005, 2006), Ebenstein(2008), Lin and Luoh(2008), Abrevaya(2005), Klasen(2008) []
  7. 訳注;人口全体に占める男性の割合が高くなっている事実 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください