経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン「エコノミスト 売春宿へ行く」

Tyler Cowen “An Economist Walks into a Brothel” Marginal Revolution, April 20, 2019

というのがアリソン・シュレーガーの新著のタイトル。副題は「そしてその他のリスクを理解するための予期せぬ場所」,以下はその本からの抜粋。

多くの点で,その売春宿はほかのどんな職場とも似ていた。しばしば週ごとのスタッフミーティング(多くの企業と異なるのは,女性たちがしばしば奇抜な帽子を被ったりお茶を飲んでいたりするところだ),金融アドバイザー,歩合ボーナス,そして社宅すらあった…

しかし,ホフ(オーナー店長)が価値を提供したところといえば,買い手と売り手双方のリスクを低減したことによる。

その売春宿で一番稼ぐ女性は年間で60万ドルの売り上げを誇り,その約半分がホフの懐に入る。そしてその売春宿のオーディションのため,女性たちは事前の費用(旅費,服装)としておよそ1,500ドルの投資を行うが,最終的に仕事を得られるかの保証はない。

米公共ラジオ局によるアリソンのインタビューはこちら


コメントを残す