経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ピーター・ターチン「2020年11月のアメリカ:アルファ・ケンタウリからの構造人口動態による観察」(2020年11月1日)

America in November 2020: a Structural-Demographic View from Alpha Centauri
November 01, 2020
by Peter Turchin

このブログの読者ならご存知のように、構造人口動態の理論家達は、革命や内戦の原因を2つに区分している。構造的な動向は、ゆっくりと形成され、かなり予測可能なものとなっている。そして、トリガーとなるイベントは、はるかに予測困難、あるいはほとんど予測不可能である。この見解に従えば、革命は地震や山火事のようなものだ。毛沢東がかつて書いている。
「1つの火花が大草原の火事を引き起こすことがある。火事に必要なのは燃料だ――つまりは枯れ草であり、枯れた植物が倒れて徐々に燃料として蓄積されていく」。
ただ、火事を起こすのに最初に必要なのは火花である――誰かが不注意に捨てるマッチや、空からの落雷などだ。

アメリカにおいて、社会のレジリエンス(回復力)を蝕む構造的な動向は、何十年にもかけて蓄積されてきている。これは10年前に明らかになっており(2010年の私の予測を参照)、ここ数年で誰の目にも明らかになっている。こういった構造的な力は、「大衆の窮乏化(収入の減少、平均寿命の低下、社会的悲観論と絶望の増大)」、「エリートの過剰生産と内輪での諍い」、「国家の破綻(国家債務の増大と国家機関への信頼の崩壊)」である。COVID-19のパンデミックは、このアメリカのシステムにさらなる大きな負荷を掛け、特に窮乏化を悪化させている。

〔トリガーとなるイベントは普通は予測できないのだが〕今回少し特異になっている。2020年にトリガーイベントが起こるのが、かなり予測可能となっているのだ。アメリカでは、4年ごとに大統領を選んでいる。「正常な」状況下においてさえ、支配者の交代は制度にストレスを与えるが、社会の脆弱性が高い状況下で支配者の交代が起こると、システムに致死的な打撃を与える可能性がある。前回、これが起こったのは1860年だ。結果、アメリカ南北戦争が起こり、多くの歴史家が「第二次アメリカ革命」と呼ぶイベントとなった。なぜ「革命」なのか? それは、古い社会秩序が転覆したからである。奴隷を所有していた南部の農園主が支配していた古い社会秩序は覆り、新たな支配階級は、北部の製造業・鉄鋼業・鉄道業・農業ビジネスに従事するエリートに取って代わることになった。当時、最大の断層は、奴隷を所有する南部と、自由労働の北部の間に線引かれていた。

今日だと、断層は、「赤のアメリカ」と「青のアメリカ」と呼ばれるものの間に引かれている。青いアメリカ人は、トランプとトランプが象徴するもの全てを憎み、恐れている。赤いアメリカ人は、バイデンが象徴するものを憎み、恐れている。どちらの側も、自分たちの側の候補を特に気に入っているわけではない、対立政党が自候補を嫌っていることを主たる理由に団結しているのである。この対立には地理的な要素(沿岸部と内陸部の対立)もあるが、1860年のように明確にはなっていない。また、2016年だと、オバマを支持した有権者の多くがトランプに転向しているが、今回だと共和党の政治家の多くがバイデンを支持しており、「赤」と「青」は、共和党と民主党に完全に一致していない。分裂は見解の相違に由来している。

念の為に言っておくが、このブログ(他の場所でも)での、私の分析はいついかなる時も、党派的なものではない。私はできる限り公平な立場に立つようにしている。なので、アルファ・ケンタウリからの観察者となって、「赤」と「青」、それぞれが、どのように感じているかまとめてみよう。

青いアメリカ人は、あと4年もトランプが、世界の導き手となるアメリカの価値観を冒涜したり、弱い者いじめや嘘を付いたり、アメリカを機能させている規範な制度をないがしろにしたり、ヨーロッパの同盟国を侮辱したり、外国の独裁者にぺこぺこすることに、耐えられない。青いアメリカ人は、トランプが、「選挙には不正行為があった」との虚偽主張と、選挙後の社会不安を利用して、軍事クーデーターを画策し、独裁者としての地位を確立し、言論の自由とアメリカの民主主義を破壊するのを恐れている。

赤いアメリカ人は、バイデン政権が移民に国境を開放し、BLMやアンティファによる略奪や財産破壊を奨励し、銃を没収し、増税し、アメリカの石油・ガス産業を終わらせることを恐れている。赤いアメリカ人の多くが、バイデンを、言論の自由とアメリカの民主主義を破壊し、非選挙による「リベラルな独裁」を確立しようと目論んでいる、ウォール街、シリコンバレー、児童買春の搾取者(著名な民主党支持者、ハリウッドのエリート、ディープステート1 の陰謀集団)といったグローバルな陰謀集団の、耄碌した傀儡と見なしている。

どちら側も、世界をマニ教(二元論)的見地で把握しており、相手側が権力を握るのを阻止するには、暴力は必要な手段である、と支持する傾向を強めている。結果、我々は極端に脆弱な状態の只中にあり、これは専門用語では「革命的状況」と呼ばれている。

11月3日には何が起こるのだろう? 1つの可能性は「片方が地滑り的に勝利し、他方が受け入れる」といったものだ。軍の指導者たちは、これを熱望している。こうなれば、少なくとも一時的に内戦は避けられるだろう、と。問題は、赤と青、どちらの側も、現在の「革命的状況」をもたらした構造的な問題を解決しようとする意欲や、問題の理解を示していないことだ。また、たとえ必要な改革が実施されたとしても、構造人口動態の負の動向を反転させるには、何年もかかる。なので、〔もし今回危機が回避されたとして〕問題は2024年に先送りされるだけだ。

しかも、どちらかの側が完勝する可能性は非常に低いようだ。現実を直視しよう。我々は「ポスト・トゥルース」の世界に住んでいる。赤の党と、青の党の違いは、「アメリカはどこに向かうべきか」というビジョンだけではない。「何が真実か? 何か偽りか?」との点でも完全に意見が食い違っているのだ。双方ともに、相手は嘘つきで、情報を抑圧してきたと信じ込んでいる。主流メディアは、世論調査に基づいて、バイデンが10%以上の差を付けて、トランプをリードしていると報じている。青の党は、自分たちが勝っていると確信している。ところが、赤の党に加担しているメディアやソーシャルメディアを読めば、彼らは「俺達が勝っている」と相手と同じように確信しているのだ。選挙日とそれに続く数日間、双方の弁護士チームが、州ごとに投票数を数え、結果に異議を唱えあうような面倒なプロセスが起これば、どちらの党も選挙の敗北をどのように受け入れるようになるのか、私には想像もできない。

11月に引き続いての数カ月間には何か起こるのだろう? 動的システムの表現によるなら、我々は、高い正のリアプノフ指数の頂点に立っている。これを日常用語に言い換えるなら、「クリーンな勝利がない限り、我々は、〔歴史の新たなる〕可能性軌道が劇的に分岐するであろう状況にいる」ということだ。あらゆる種類の結果が可能となっており、第二次南北戦争のような、現時点では突飛に思える結果もありえる。

内戦や革命を研究している社会科学者の多くは、内戦が起こるなどと想像もしていない。彼らは、現在の暴力の波状を観察して、これが内戦までエスカレートするとは想定していないようだ――「アメリカには、強力で十分に武装された警察部隊があり、民衆の反乱を簡単に鎮圧できる」と。しかし、この見解は、重要なポイントを見過ごしている。〔歴史を還って見れば〕大衆の反乱から、革命が成功することはめったにない。反体制派のエリートが大衆を動員し、自らの政治的アジェンダを促進させる支配層の分裂が、最も重要な要素となっている。

未来予想を示すために、過去の事例を参考してみると、11月3日以降に起こりうるいくつかのイフの軌道を考えることができる。どれも、非常な憶測に基づいており、中には突飛なに見えるものもあるかもしれない、選挙後に戦争が起こるシナリオもあるが、これらは戦争ゲームのように見えるだろう

1つ目のシナリオだが「トランプに反対するデモが暴力的になり、トランプは軍を使ってデモを鎮圧する。そして、トランプは独裁者の地位に上り詰める」(青い党が恐れているシナリオだ)。別のシナリオだと、「トランプはFBIに逮捕され、裁判にかけられる」あるいは「バイデンは汚職で裁判にかけられ、有罪判決を受ける」といった可能性だ。

他のシナリオの可能性では、地域的な反乱である。例えば、西海岸が独立を宣言し、州知事が州兵を使ってワシントンのトランプ政権への反対表明を明確化する可能性が挙げられるだろう。あるいは、保守的な南部の州が、ワシントンのバイデン政権に対して独立を宣言するかもしれない。

軍将校の集団が、権力を掌握し、軍事政権を樹立する可能性もある(「軍は政治に干渉しない」との社会規範は、まだ崩壊していない数少ない1つの社会規範なので、これは最も可能性が低いだろう)

我々は、ディストピア小説のような世界に住んでいるので、トランプが単独犯に暗殺され、その暗殺者も殺され、暗殺者を殺害した人物が、自分の頭を4度撃ち抜いて自殺し、20階の窓から飛び降りる軌道も想像可能だ。

路上での暴動が、革命に直接エスカレートする可能性があるとすれば、革命的な群衆がホワイトハウスに乱入してトランプを退陣させた場合だけだ。しかし、この軌道に乗るには、支配者層との共同作業が必要となっている(警察と軍隊は、暴徒の乱入を傍観していたとか)。

他にも、可能性ある軌道は考えられるだろう。重要なのは、新しい時代の幕開けの創設が叩かれて押し出されれば、その先には、以前には想像できないような軌道が、扇状に広がることだ。

最後に考えられるのは、このような想定される新しい軌道への転換タイミングはまったく予測できないことにある。社会の崩壊は数日で起こりうるが、歴史を振り返って比較すると、〔転換まで〕通常は何ヶ月もかかることが示唆されている。例えば、リンカーンが当選したのは1860年11月6日だが、南北戦争で最初の本格的な戦争が開始されたのは1861年の7月である。

以上で、”アルファ・ケンタウリからの分析”を終えるとしよう。

 

  1. 訳注:「影の政府」などとも呼ばれ、アメリカでは、インターネットを中心に唱えられている陰謀論。この陰謀論では「ディープ・ステイト」とされる縁故主義のエリート集団がアメリカを影から操っているとされており、トランプはこの陰謀集団と戦っている、とされている。 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください