経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「アーヴィング・フィッシャー ~過小評価の偉大なる経済学者~」

●Alex Tabarrok, “Irving Fisher: Underappreciated economist”(Marginal Revolution, November 30, 2009)


その成果に比べて過小評価されている経済学者は誰だろうか? コーエンはマルサスの名を挙げておりジョン・キャシディ(John Cassidy)はピグーだと答えている。私の頭に真っ先に浮かぶのは何と言ってもアーヴィング・フィッシャー(Irving Fisher)だ。フィッシャーを高く評価する意見はあちこちで見られるようだが(例えば、London BankerYves Smithによる評価を参照せよ)、その洞察の深さと思考の明晰さに比べるとフィッシャーの評価は依然としてあまりにも低いと言わざるを得ないだろう。

フィッシャーの洞察の深さを示す例として今や古典の一つとなっている彼の論文 “The Debt-Deflation Theory of Great Depressions(pdf)”(「大恐慌に関する債務デフレ(デット・デフレーション)理論」)の中から以下に少しだけ引用することにしよう。

以上に挙げた九つの要因は互いに絡み合うことで次のような連鎖反応を引き起こすことになるかもしれない。(1)多くの人々が債務の返済に向けてこぞって(商品や手持ち資産の)投げ売りに走り(「債務の圧縮」)、その結果として(2)銀行ローンの返済が進み、それにあわせて預金通貨残高が縮小する。また、投げ売りは貨幣の流通速度を低下させることにもなる。(投げ売りをきっかけとして生じた)「預金通貨の縮小」と「貨幣の流通速度の低下」を受けて、(3)物価水準が下落する――言い換えると、ドル(貨幣)の価値が高まる――(「デフレーション」)。このようにして生じた物価の下落がリフレーションをはじめとしたその他の手段や出来事によって打ち消されないようであれば、(4)各企業の純資産は物価下落のペースを凌駕する勢いで縮小し(「純資産の縮小」)、その結果として企業の間で破産が広がり始めるだけでなく、(5)企業の利潤も同様に(物価下落のペースを上回る勢いで)減少することになる(「利潤の低下」)。資本主義社会――言い換えると、営利企業が経済活動の主役を務める社会――においては、利潤がマイナスに転じた(赤字を出した)企業を中心として(6)生産や取引の縮小、雇用の削減に向けた動きが広がることになる(「生産や取引の縮小」)。このようにして生じた赤字や破産、失業の結果として、(7)人々の間で悲観的なムードが広がり、信頼感が大きく毀損されることで(「信頼感の毀損」)(8)貨幣を手元に退蔵する動きが広がり、その結果として貨幣の流通速度がさらに一層低下することになる。

そして以上の八つの変化の結果として(9)金利の複雑な変動が生じることになる。具体的には、名目金利――ドル単位で測った金利――は低下する一方で、実質金利――財単位で測った金利――は上昇することになるだろう。

このように「債務」と「デフレーション」という2つの要因には多岐にわたる現象を極めてシンプルかつロジカルなかたちで説明できるだけの大きな力が備わっているのだ。

名目金利だけではなく実質金利も低下するというように修正したら、今まさに我々が直面している状況を見事なまでに描写しているように見えないだろうか? さて、このような危機に対してフィッシャーはどのような解決策を講じているのだろうか? 引き続き引用することにしよう。

これまでの分析が正しければ、リフレーションを通じてこの種の不況を食い止めたり、防いだりすることはいつだって可能だということになろう。すなわち、貸し手と借り手の間で契約が結ばれた時点――既存の債権・債務関係が発生した時点――の平均的な水準にまで物価を引き上げ(リフレートさせ)、その後は物価をその水準に保てばよいのである。

物価水準を一定に保つというのではなくインフレ率を一定に保つというように修正したら、現代版の分析そのものだと言えないだろうか? この直後の文章では期待(予想)の重要性が匂わされており、「この文章はサムナーが書いたのではないか」と見紛うばかりである(いや、正しくはサムナーの分析の方こそがフィッシャーそっくりだと言うべきか)。

・・・適切な手段を用いることで、あるいは適切な手段が用いられそうだと見込まれるだけでも、それほど時間をかけることなく容易にデフレーションを反転させることができるということはルーズベルト大統領が実証しているところである。この点については図表のVIIとVIIIをご覧いただきたい。

最後になるが、次の引用文が示しているように、フィッシャーにとっては現在行動経済学の分野で語られているような話題も特段目新しくは感じられなかったことだろう。

金銭的な利得の獲得を目指して多くの人々が過剰なまでの債務を背負うに至る過程で観察される集団心理は次のようにいくつかの区別可能な局面を辿ることになる。 (a)株式を購入してからしばらく待っていれば巨額の配当が得られるに違いないという誘惑に満ちた最初の局面。 (b)配当の支払いを待たずとも近いうちに株価は上昇するに違いなく、そうなれば株を売ってキャピタルゲインを得られるはずだという希望に溢れる第二の局面。 (c)高められた期待に感覚が麻痺した庶民をカモにした怪しい金融商品の宣伝が流行する第三の局面。 (d)イケイケの雰囲気に飲まれてしまって疑うことを忘れた庶民に文字通りの詐欺が仕掛けられる第四の局面。

クラレンス・ヘイトリーやイーヴァル・クルーガー、サミュエル・インサルのような人物が引き起こしたスキャンダル事件に世間が気付いた頃にはもう手遅れである。言葉巧みな宣伝を通じた詐欺こそが危機の原因であることを示す本がこれまでに少なくとも一冊は書かれているが、大きな儲けを約束する(そして実際にも当初のうちは大きな儲けをもたらすことになる)事業機会がそもそも最初に存在しなければそういった詐欺行為がこれほどまでに大きな影響を及ぼすこともおそらくなかったことだろう。いつの時代であれ、「新時代」思考が蔓延る背後ではそれを裏付ける正当な理由があるものの、しばらくすると実態との乖離が生じ始め、終いにはまんまと騙された犠牲者たちを後に残して「新時代」思考はその姿をくらますという顛末になるのだろう。


Comments

  1. フィッシャーはカラフルでおもしろい人物だったし、盛り上げるネタはいろいろありそうですねー。

  2. コメントありがとうございます。
    こちらのサイトでどれだけ取り上げられるかはわかりませんが、ネタが豊富で飽きない人物ですね。徹底的な禁酒主義者という面も含めての健康オタクだったり、優生学の強い影響下にあったり、1929年の株価大暴落の前に予想を大きく外したり(フィッシャーの分析(=株価は割安)は実は正しかったんだという見解もあります(pdf)が)とネタまみれの多彩な人物です。クルーグマンとエガートソンのデレバレッジ論文(pdf)などもあって本領の貨幣経済学の分野でも再び注目されつつある・・・のかどうかは知りませんがw、「リフレ」という言葉の生みの親でもあることですし、ケインズやフリードマンなどと並んで言及されるようになったらいいなあと思う次第です(竹森先生の『経済論戦は甦る』なんかもありましたけれども)。

コメントを残す