経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「相手の名前をド忘れした時の対処法」

●Tyler Cowen, “When you forget someone’s name”(Marginal Revolution, June 17, 2007)


悲しいかな、以前会ったことのある相手の名前をド忘れしてしまうことが度々ある。昔はそうでもなかったし、レストランの場所なんかは決して忘れることはないのだが。というわけで、グレッチェン・ルービン(Gretchen Rubin)が紹介している「相手の名前をド忘れした時のごまかし方」に耳を傾けてみることにしよう。

ごまかし方その1. 「ファーストネームでお呼びしたいんですが、そういうわけにもいかないようですので」:「(ファーストネームで)「デイヴィッド」とお呼びしたいといつも思っているのですが、やはりそれは(馴れ馴れしくて)ふさわしくないのではないかという思いも一方ではありまして・・・。」

ごまかし方その2. 「お名前は勿論覚えていますが、あなたのことをもっと詳しく知りたいんです」: 「すいません。そういうわけで名刺を頂けないでしょうか?」

ごまかし方その3. 「喉まで出かかっているんですけど」:  「どうもどうも。えっと、以前お会いしましたよね。ええと、確か・・・。ちょっと待ってくださいね。覚えてます覚えてます。えっとですね、・・・すいません、お名前を急にド忘れしちゃったみたいで・・・。」

ごまかし方その4. 「すごい記憶力ですね!」: 「これはこれは並大抵ではない記憶力をお持ちで。以前お会いしたのは6ヶ月も前のことですよね? それなのに私の名前をご記憶だなんて。いやあ、信じられませんよ。私なんて昨日会った人の名前も思い出せないんですから。・・・というわけで、お名前をお聞きしてもよろしいでしょうか?」

ごまかし方その5. 「ヒントを頂けますか?」: 「ちょっとお待ちください。すぐに思い出しますから。ええっと、・・・ラストネーム1だけでもお教えいただけませんか?」 こう尋ねると相手は勢いでフルネームを口にする可能性が高い。「ドウ(Doe)です。ジョン・ドウ(John Doe)」

ごまかし方その6. 「紹介したい人がいるんですけど」: 「あら、お久しぶりです。」 名前を思い出せない相手(X氏)にそう声をかけるやいなや次のように続ける。「私の知人を紹介したいんですが、お会いしていただけますか?」 そしてX氏を(あなたが名前を覚えている)知人のところまで連れて行き、X氏に知人を紹介する。「こちらはパット・スミス氏です。」 するとほぼ例外なくX氏は自ら名前を口にしてくれることだろう。

私が個人的に試したことがある方法は名前のスペル(綴り)を尋ねる2というものだ(運悪く相手の名前がシンプルな場合にはこの方法は裏目に出る可能性があるのだが)。他にも、「フルネームは何でしたっけ? いや、論文を執筆する際に著者名はどうするのかと思いましてね。フルネームでいくのか、それともミドルネームは削るのかどうかと疑問に思いまして。」と尋ねてみたこともある。

他に何かいいアイデアはあるだろうか?

  1. 訳注;日本だと苗字 []
  2. 訳注;日本人同士の場合だと名前の漢字表記を尋ねる(「お名前はどのような漢字でしょうか?」) []

コメントを残す