経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン「なんでみんなセックスしないの?」(2005年5月9日)

Tyler Cowen “Why don’t people have more sex?” Marginal Revolution, May 9, 2005


以下は当ブログの熱心な読者であるマイケル・ヴァッサーのコメント

どのような形態の帰結主義も,性的な行動の解釈に多大な困難を伴います。端的にいえば,説明できないセックスの不足があるのです。女性も男性もその他のほとんどの活動よりもセックスを楽しく思う(これは平均としての話で,私がそう感じるかは別の話です)ことを示す研究や,セックスが本質的に低コストであることを踏まえれば,おおざっぱな推定に推定したとしても,効用を最大化する人はほとんどの人よりもおそらく多くの時間をセックスすることに費やすように思えます。この点に関する経済学的な議論を何かご存知でしょうか。

僕らに必要なのは正当事由というよりも,取引を拒むことから利益が生じる理由だ。いくつか考えられるところを挙げてみよう。

1. 長期の「よりセックスに開放的」であるライフスタイル費用は,品位や抑制の損失を伴う。(とはいえ,僕は結婚した夫婦で,必ずしもお互いを嫌悪し合っているわけでもないのにあんまりセックスをしていないらしきカップルをたくさん知ってる)

2. セックスの平均効用は高いが,限界効用は激減する。単にこれ以上やりたくないってこと。でもどれくらい多くの人がそうした限界にあるだろうか。

3. フロイトが正しくて,僕らはみんな抑圧されている。意志は単一ではなくて,効用最大化をする部分が常に支配下にあるわけじゃない。

4. 市場の失敗があったけれどインターネットがそれを改善している。人々はよりセックスするようになってきていて,この上昇がそのまま続く。

5. 限界効用の幅を縮めようとしてセックスをすると,セックスは楽しくない。セックスには自発性や,古典的な消費者モデルや限界代替率の方程式とは整合的でない何かほかの質が必要。

6. セックスは研究が示すほどには楽しくない。みんなは自分のセックスの質について嘘をついているか,良かった経験しか覚えていない。

7. みんなは最高のセックスが欲しいのであって,人生の効用を最大化しようとしてるわけじゃない。トム・シェリングはかつて同じ理由でこれ以上バッハを聞かないと僕に語ったことがある1

8. セックスの市場清算価格はプラスで,みんなはそれをあまりにも明示的に払うことを恥ずかしく思っている2 。回答5も参照のこと。

9. 僕らは単にキスして仲直りという行動をとるよりも,意固地になるよう生物的にプログラムされている。詳細はここを読んでほしい。それかもしかしたらなぜ拷問を避けるのは難しいのかについての以前の僕の記事を奥さんは読んだのかもしれない3

10. みんなは別の方法でセックスしてる4 。たぶんそれもすごく良いのかもしれない。

11. ほかのみんなはいっつもセックスしてる。マイケル・ヴァッサーは単にそれについて知らない。

12. みんなブログを読むのに熱中してる。

僕の妻からの質問:この問題に関する専門家だと思われていることをあなたは光栄に思うべきなのかしら,それとも侮辱されているのかしら?

  1. 訳注;hicksian氏の訳の過去記事も参照 []
  2. 訳注;=買春 []
  3. 訳注;リンク先はそれぞれ,人間の行動がしっぺ返し戦略であることを述べた記事と自分が真実を言っていると拷問官に信じさせることの困難さを論じた記事。つまりここでは,セッ…ができない理由として夫婦喧嘩後の仲直りが難しいからということを言っている。 []
  4. 訳注;リンク先はインターネットと自慰に関する記事 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください