経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ジョセフ・ヒース 「『じぶん学』の問題」(2015年5月30日)

The problem of “me” studies

Posted by

大学での「ポリティカル・コレクトネス」の問題についていろいろ言うジャーナリストがたくさんいるのだが、言っていることはたいてい古臭いか、どこか的外れに思われるものばかりだ。私が自分が見るところ、ポリティカル・コレクトネスの盛り上がりは90年代初頭に最高水位に達したが、そのあとはずっと凋落傾向にある(少なくとも教員の間での話で学生については別の問題だ)。この認知相違の一因は、不正確な語法にありそうだ。大学外の人々はポリティカル・コレクトネスという言葉の下にたくさんの別のものをまとめてしまうのだが、大学ではそれぞれ別の言葉が使われている。今日ここで書きたいのは、しばしばポリティカル・コレクトネスとされてしまうが、正確には「“じぶん”学」の問題として知られている、ある困った状況、傾向についてだ。

まず、ポリティカル・コレクトネスが凋落傾向にあるとはどういうことなのかの説明が要るだろう。ジャーナリストがこれを口にするときにたいてい思い描いているのは、あの古臭い「言葉狩り」だ。もちろん、いまだに大学でこれが発生していることは認めざるを得ない。先日も大学のある人が、私が出した本のカバーに書かれた「この二十年で、西側諸国の政治システムはますます分断されつつある。右と左にではなく、気違いと非気違いに」という文に異議を挟んできた。「気違い」という言葉を使うことを非難するのだ。明らかにこれは「差別」だから。

つまり、そういうことは今もある。ただ、それはもはや深刻な問題とは受け取られていないのだ。この種の言葉狩りは大学ではバカバカしいネタで、誰もがそれをどうやればいいか知っていて、しかも、学部を終える頃までには卒業するものだ。いろいろな人がいる集団の中でこのような言葉を使えば周囲は呆れて目をパチクリさせる。そんなことをすれば「お仲間」以外の人たちからは話をまともに扱ってはもらえなくなる、ということに普通はなっている。

他方、もっと深い問題がしっかり残っている。「“じぶん”学」と呼ばれる現象だ。学生に対し私たちはしょっちゅうこう言う。「長い目で成功するためには、自分が深い興味を持つことができ真に情熱を持てるテーマを選ぶことだ。」当然ながら一番情熱と関心を持てるテーマとは・・・まさに自分自身、となる。この瞬間に地上で起こってい事柄の中で自分の生活こそが最も興味を惹かれるものだと考えるのは圧倒的で当たり前の傾向だ。人生は自分のためのものなのだから!

というわけで「自分の情熱に従いなさい」という助言に従い、本質的に自分自身についてのテーマからの招待に応じる人々がいる。一例として、モントリオールで人類学を学んでいた私の古い友人の修士論文なのだが、タイトルを正確には思い出せないが、確か「モントリオールのプラト―地区におけるケベック人-ユダヤ人カップルの違いの埋め方」というようなものだった。彼女は当時ユダヤ人若者と一緒に、ご想像通り、プラトー地区に住んでいた。そう、彼女の修士論文のテーマは自分の関係性に関する問題だった。この例は、クラシックな 「“じぶん”学」。

今の例は、害はないにせよ少し歪んだものではある。なぜなら、基本的に人文学の広い意味での目的を転倒させている。人文学の本来の目的は、歴史的また文化的にすさまじいまでに多様な形をとる人間経験というものについての理解を深めることだ。基本的に、異なる人々は異なるやり方で世界を理解し評価しているということを深く理解するためだ。それゆえ自分自身を研究することに時間をかけることは、ある意味専門知識としては良くないということになる。もちろん全ての人がよい専門知識を持たなければならないということでもない。

ただ「“じぶん”学」は、「自分自身そのもの」ではなく「自分が抑圧されているもの」を学ぼうとする場合に、問題をはらむものになりやすい。もちろん抑圧自体は完全に正当な探求テーマであるし、その形態も多様だ。実際、20世紀を通して私たちが消し去ろうとした様々な社会的不公平の問題は、努力もむなしく、非常に御しがたいものだとわかった程度に過ぎない。

なにしろ、不公平を無くすのが難しい理由を示すことだけでも驚異的にチャレンジングな冒険だ。(一例として、男女の給与格差を挙げる。この格差がどうして生まれるのかは全くわかっていないし、これまでに明らかになっている諸理論も問題全体の断片に過ぎないということは少し論文に当たるだけでわかるだろう。解決が待たれる社会科学上の重要問題が居座っている。)

それにしても、多様な形をとる抑圧というものを学ぶのに最もふさわしいのはどのような人だろうか。立ち止まって考えてみるとこの問題の扱いはむつかしい。いちばんふさわしい位置にいるのは、実際に抑圧されている人だろうか、それともそうでない人だろうか。どちらも理想的とは言えない。理論構築のどこかの水準で自己利益か自己弁護のどちらかのバイアスがかかるだろうからだ。

これに対しては、たくさんの人が同じ問題を研究しロバストなディベートを積み重ねればバイアスは修正されていくだろう、という議論がある。しかし残念ながら、実際にはなかなかそうはならないのだ。抑圧についての学問は、その抑圧に関連する苦しみを負った人ばかりを過剰なまでに惹きつけてしまう面がある。 そもそも「“じぶん”学」は個人的な野心や不満に訴えかけるものであるから、そういう人はそこに強い関心を持っている。このことは、この抑圧をべつだん受けていないような人たちを締め出す力学を生み出す。

学問の質という面で、これでは悲惨なことになる。「批判研究」といったものを専門にしている人が、批判的な思索からは驚くほど遠い人だったという経験をしたことがこれまで何回あったかわからない。彼らには、批判的な思索にとって最重要なスキルであるところの「自己批判」、自分の見方に疑問を持ったり自分のバイアスを修正したりする技術が欠落している。彼らがそうなるのは、自分の見方を深刻に揺るがす挑戦を受けた経験がないからだ。(最初から自己批判に長けた人はいない。上達のためのたった一つの方法とは、自分に賛成しない他人からの挑戦を受けることだ。)

ある研究対象が研究者自身のかかわる抑圧で、同時にその研究者が抑圧される側に属していることがはっきりわかっているようなとき、同情はするけれど意見には賛成しない人たちは挑戦してこない。そういう問題だ。挑戦することにより、同情していないかのように見えてしまうことを避けるからだ。そして特にあなたに同情しない多くの人々もまた、何も言わないだろう。彼らだって同情していないことをわざわざ示そうとは思わない。かくして、聞こえてくる意見は次の二種類の人々からだけということになっていく。一つはあなたに同情し、かつ、あなた以上にラジカルなスタンスな人たち。もう一つは非同情的で、同時に、どういうわけか他人にどう思われるかを気にしない人たちだ。

これについて私は下のようなイメージを持っている。まず、人をその抑圧を悪いと考える人とそうでない人のグループに分ける。不公平かもしれないが人間性というものに敬意を表して、前者の方が多いとしよう。さらに、同情的かどうかと、その抑圧に対してどのような態度を採るかの基準を考えよう。まず、ラジカルで極端な見方を持つ人がいるだろう(例えば、この問題を改善するために社会秩序のすべてをひっくり返せば良いと考える)。中庸の人もいて、保守的な人(改善策はほとんどないし、改善の試みがかえって状況を悪くしかねないと考える)もいるだろう。

無題J

あなたのポジションは「中庸」と「ラディカル」の間の位置だとして、自分の見解についてプレゼンするとする。挑戦してくるのは誰だろうか。それは基本的にあなたよりよりもラディカルな見方をする左側の人たちと、はるか遠くの右端にいる人たちだろう。前者は、発言があなたに同情的ではないと受け取られられてしまうという心配がないゆえに自説を主張する。後者は、まさに同情的ではないゆえに、また、周囲にそう受け取られることも気にしないがゆえに。

実際、プレゼンの質問時間が次のようになったのにを何回立ち会わされたからわからない。プレゼンで発表者が大多数の人々の考えは間違った方向を向いているという見方を示していた。次のようなことは誰も言おうと思わない。「その指摘に意味があるとは思えない」、「その主張の根拠を言っていないようだが」、「その政治的提言は利己的すぎる」、というような。他方、出てくる質問は次のような二種類の質問だけだ。「その分析はで、本当に社会的開放の実践に繋がっていくのかが心配だ」(つまり「あなたは左翼として甘い」)というタイプ。もう一つ、「あなたたちはいつだって自分の問題の不平をいう」(つまり「自分は無神経な “jerk” (訳注:嫌な奴)だ」)というタイプ。

そして、多くの人はプレゼンの後、会場の外で本当はどう考えるかを語る。さまざまな形の理性的な批評は全部ここでなされるだろう。もしプレゼン者が彼らと交流していたら真に有意義なものになったであろうような指摘がなされるだろう。というわけで、「“じぶん”学」の実践者は基本的に両極端の人々からだけしか真摯なフィードバックを得られないので、研究の質の向上という意味において、初めから巨大なハンディキャップを負っている。

さらに悪いことに、上のシナリオと同じ出来事が繰り返されることにより、議論はますますねじ曲がっていく。何故か。プレゼンターの右側に位置する全員のうち、大声で発言しようとするのは、言ってみれば、プレゼンターから見て道義的に間違っている見方をする人々のみだ。するとプレゼンターは「自分に賛成しない人たちは全員が道徳的に怪しい」と感じるようになりがちになる。つまり 「“じぶん”学」の実践者から見て、「自分に賛成しない人々」と「道徳的に非難されるべき見方をしている人たち」とが強く相関しているように感じられる。こうして、「理性的な不同意」というものもあるという可能性を簡単に見失ってしまう。ここで理性的な不同意とは、道徳的信念をおおむね共有しつつも、すべきことは何か、また改善のために必要な正義は何かという点では賛成でなかったり、その問題は道徳とは関係ないプラクティカルなものだと考えていたりすることだ。

以上のメカニズムは、なぜあれほど多くの「“じぶん”学」実践者たちが、リアクションに対しあれほどまでに応報的に対応するようになったかをかなり説明できているだろう。彼らは、自分の見解に対する「すべての」批評が、道徳的に疑問がある動機からなされていると考え始める。これはポリティカル・コレクトネスと呼ばれているところの、はっきり言えば、全ての反論を教化しようとする傾向となり、知的な批判にも知的には対応せず、ただ応戦するようになる。

こうして全ては悪循環になる。どんな批評に対しても激怒するものだから、同情的な批評はますます得られなくなってしまい、 コメントはとうとう”jerk” か極端な左翼からのものだけになる。こうして反論への応戦という対応を生み出した認知がさらに強化されるというわけだ。そうなると救いようがなくなる。

学問の世界にいて30年、この力学の具体例を数ダースは挙げることができる。問題に嵌ってしまった人たち。ちょくちょく話題になるようにはなったが、誰も大衆に問いかけようとは思わないような変な考え方。この特殊世界の人々は、私に対しても怒りを向けるようになる。これに対し私はいつも黙るだけだ。私が何を考えているかを知りたいならば質問すれば良い。彼らから質問されたことは一度もないけれども。


コメントを残す